冠山城(かんむりやまじょう)

冠山城の基本情報

通称・別名

所在地

岡山県岡山市北区下足守

旧国名

備中国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

河津氏明?、守福寺某?

築城年

不明

主な改修者

主な城主

林重真

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

鍛冶山城(岡山県岡山市)[2.0km]
備中高松城(岡山県岡山市)[3.3km]
鬼ノ城(岡山県総社市)[3.8km]
亀山城(岡山県総社市)[5.1km]
辛川城(岡山県岡山市)[5.9km]

冠山城の解説文

冠山城は、岡山県岡山市下足守にあった日本の城である。

足守川東岸にある標高40mほどの独立丘陵上に位置し、丘陵全てを城郭に利用していたと考えられる。

現在、最上段に本丸跡があり、城地の名残をよくとどめている。二の丸・三の丸跡は畑地となっている。

天正10年、羽柴秀吉の高松城攻めの前哨戦で攻められ、4月25日、宇喜多勢の攻撃により、守将林重真が自害して陥落した。

冠山城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。