賀陽氏館(かやしやかた)

賀陽氏館の基本情報

通称・別名

所在地

岡山県岡山市北区川入

旧国名

備前国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

鎌倉時代?

主な改修者

主な城主

賀陽氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀跡

指定文化財

県史跡(伝賀陽氏館跡)

再建造物

周辺の城

撫川城(岡山県岡山市)[2.3km]
庭瀬城(岡山県岡山市)[2.3km]
辛川城(岡山県岡山市)[2.8km]
備中高松城(岡山県岡山市)[3.9km]
富山城(岡山県岡山市)[4.0km]
亀山城(岡山県総社市)[5.6km]
早島陣屋(岡山県都窪郡)[6.7km]
冠山城(岡山県岡山市)[7.2km]
福山城(岡山県総社市)[8.0km]
岡山城(岡山県岡山市)[8.3km]

賀陽氏館の解説文

賀陽氏館(かやしやかた)は、岡山県岡山市北区川入にある城館。

歴史
吉備津神社に近接していることや城館の規模や形式から、吉備津神社と深い関係があった在地豪族・賀陽氏の館跡と伝わる。

賀陽一族は9世紀末には郡内の行政や神祇の要職、国内あるいは中央の武官の地位を占めていたとみられる。中でも備中唯一の明神大社である吉備津神社との関わりは深く、平安時代には神務を世襲した豪族の中でも中心的な家筋だったらしい。吉備津神社は全国的にも厚い尊崇を受けており、賀陽氏の備中での存在の大きさがうかがえる。なお、開祖し建仁寺を開山した栄西は、賀陽氏の出身である。

遺構
備前と備中の国境、吉備中山の西裾付近に位置する。所在地の小字は「城」で、付近一帯は「城廻り」と呼ばれる。館を含む中山西麓には東山遺跡があり、発掘調査で中世集落の跡が確認されている。

現在は宅地化され上面はかなり削られているが、南北61m×東西76mの長方形の館があり、周囲には幅26~31mの堀がめぐっていたと考えられる。かつては館の西側を足守川が流れていたともいわれ、堀は足守川とつながっていた可能性もある。

南端中央付近に高さ1m、幅1m、長さ1m程度の土塁と見られる高まりが残るのみだが、かつては土塁が全周していたと考えられる。

交通
JR吉備線吉備津駅から車で約8分

参考文献
『岡山県中世城館跡総合調査報告書 第2冊-備中編-』、岡山県教育委員会、2020年。

文:萩原さちこ

賀陽氏館の口コミ情報

2021年04月29日 ドクターイエロー
日幡城[賀陽氏館  周辺城郭]



足守川西岸にある備中国境目七城のひとつです。天正10年(1582)高松の役の際には毛利氏に与した城主の日幡六郎兵衛が立て籠り、秀吉軍と対峙しました。一旦は秀吉軍に内紛に乗じて城を奪われてしまいますが、その後見事に奪還に成功し、毛利軍の意地を示したとされています。

堤防沿いの道には石碑が立てられています。すぐ横にある石材店?の敷地内とその奥の小高い藪が城跡です。私有地につき立ち入りは遠慮しておきましょう(一部フェンスが張られています)。また駐車スペースも付近には見当たらないようです。

城跡の北約500mの山頂には楯築遺跡という弥生時代後期の日本最大級の墳丘墓(国史跡)があります。NHKブラタモリでも紹介された古代吉備王国を彷彿させるパワースポットにも是非お立ち寄りください。こちらは駐車場&トイレが用意されています。R3.4.29訪城

2021年04月29日 ドクターイエロー
加茂城[賀陽氏館  周辺城郭]



いわゆる備中国境目七城のひとつで、中国地方の雄・毛利氏が天正10年(1582)高松の役の際には織田軍との戦いに備えて備前国との国境に整備した防衛ラインの一翼を担っていました。桂広繁・上山元忠・生石治家が立て籠るも秀吉軍の攻撃の最中に内紛が勃発し落城しました。毛利と羽柴が和睦した後は破却されたもようです。

現在周囲は田畑と住宅地になっていますが、往時は湿地帯が取り囲んでいる沼城でした。細い道沿いにある民家に囲まれた路地を抜けると少し高くなった土塁らしき遺構が説明板と共に残されています。ここが二の丸跡で西に本丸、東に三の丸を配した連郭式縄張りだったそうです。他に遺構は失われているもようです。なお駐車場はなく、少しだけ広い場所にちょこっとだけ停めさせていただきました。R3.4.29訪城

2021年02月18日 水野織部正祐利【7】
賀陽氏館



ほぼ畑ばかりの中、背の高い草が生い茂っているあたりがそうです。軽自動車でギリギリのかなり細い道が頼りなく続いた先ですが、どうも現地に住宅があるようで注意が必要です。
遠巻きに見るとちょっと土塁らしきものが見られます。
讃岐香西氏が攻めたと伝わりますが、あまりに内陸のため記述と合わず、攻めたのはここではなく水島の本太城だったようです。

2021年02月04日 ドクターイエロー
賀陽氏館



県道245号線で川入交差点より板倉方向に北進して、道幅狭くてすれ違い不可能区間を過ぎたところで「真如院➡️」の看板に沿って斜め右の御崎神社の方向に細い道を100mほど進むと、駐車スペースが水門の横にわずかながらあります。

更に徒歩にて直進すると周囲に堀を伴った館跡はもう目の前です。一部で土塁も残っているようです。館跡の一部は現在民家になっています。訪城時、お留守だったので残念ながら今回は中に立ち入ることはできませんでした。見学の際には十分に気をつけてください。

なお、お帰りの際には賀陽氏と深い関係のあった近くの備中國一宮・吉備津神社に是非ご参拝ください(館跡からも見えます!)。立派な本殿は見ごたえ十分です。R3.2.4訪城

2011年09月01日 正和
賀陽氏館

地元の人に訪ねて行きました。沼「お堀か…」に囲まれ、草木の繁る高台との事…。賀陽氏は吉備津神社神官五家の一家との事…。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore