庭瀬城(にわせじょう)

庭瀬城の基本情報

通称・別名

芝場城、(庭瀬陣屋)

所在地

岡山県岡山市北区庭瀬

旧国名

備中国

分類・構造

平城

天守構造

なし

築城主

三村元親

築城年

戦国時代

主な改修者

戸川達安

主な城主

三村氏、井上氏、戸川氏、板倉氏

廃城年

明治2年(1869)

遺構

曲輪、石垣、堀

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

撫川城(岡山県岡山市)[0.2km]
賀陽氏館(岡山県岡山市)[2.3km]
早島陣屋(岡山県都窪郡)[4.7km]
富山城(岡山県岡山市)[4.7km]
辛川城(岡山県岡山市)[4.9km]

庭瀬城の解説文

庭瀬城(にわせじょう)は、岡山県岡山市北区にある城である。

歴史
戦国時代
備中国の三村元親が、備前国の宇喜多氏の侵攻に備える為に築かせたと伝えられている。

天正10年(1582年) 羽柴秀吉の備中高松城水攻めの際に、毛利方の国境防備の城「境目七城」の一つとなり、城主の井上有景が800余人を率い守備する。この際、位置的に孤立した場所にあったため、吉川元春、小早川隆景に早々に撤退するように下命されていたが、有景はその命令に背き、羽柴軍との間で激戦が交わされました。その際に、井上有景の軍勢は羽柴軍に敗れ かの地は宇喜多氏の領有となり しばらくの間、当城は廃城となる。

当時の庭瀬城の縄割りは現在の撫川城まで有ったと伝えられており、かなりの規模であった事が想像できる。

慶長6年 宇喜多氏の重臣であった戸川達安が入部し、城を拡充し城下町を整備する。

江戸時代
延宝7年 庭瀬藩4代藩主 戸川安風が僅か9歳で早世し、嗣子が無かった為 庭瀬藩は断絶する。その後20年間は倉敷代官所と藩主が支配するようになる。

元禄12年 板倉重高が2万石で入封し、明治維新までの約170年間を支配した。

寛永5年 板倉勝喜は、城内に板倉氏中興の祖重昌、重矩父子を祭る清山神社を建て、社内に歴代の遺品を収蔵した。

近隣施設
撫川城...

庭瀬城の口コミ情報

若狭守次郎吉1022可児様[2017年07月17日]
水堀と僅かに石垣が残っているだけです。
石碑と説明板はありました。
すぐ近くにある撫川城跡には立派な野面積石垣や土塁、水堀が残っています。庭瀬城跡は撫川城跡のついでに訪れる程度でしょう。

ながしの権兵衛様[2010年08月30日]
城址の東側に公園来客用の駐車場(5〜6台分くらい)スペースあり。
また吉備まちづくり研究会発行の「吉備・陵南歴史と文化の散歩道(周辺散策用の無料マップ)」を設置。写真入りで簡単な説明がなされており、ありがたいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore