岡山城(おかやまじょう)

岡山城の基本情報

通称・別名

烏城、金烏城

所在地

岡山県岡山市北区丸の内

旧国名

備前国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

複合式望楼型[4重6階/1597年築/焼失(空襲)]、複合式望楼型[4重6階/1966年築/RC造外観復元]

築城主

上神高直?

築城年

正平年間(1346〜1370)

主な改修者

宇喜多秀家、小早川秀秋、池田忠雄

主な城主

上神氏?、宇喜多氏、小早川氏、池田氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、横堀(空堀)、櫓、石垣、虎口

指定文化財

国重要文化財(月見櫓、西の丸西手櫓)、国史跡(岡山城跡)

再建造物

天守、門、塀、石碑、説明板

周辺の城

明禅寺城(岡山県岡山市)[2.2km]
富山城(岡山県岡山市)[4.6km]
辛川城(岡山県岡山市)[7.7km]
庭瀬城(岡山県岡山市)[8.3km]
賀陽氏館(岡山県岡山市)[8.3km]

岡山城の解説文

岡山城(おかやまじょう)は日本の城。別名・烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)。国指定の史跡。

概要
戦国時代に、備前西部から美作、備中に勢力を伸ばした宇喜多氏が本拠としたことで近世城郭の基礎が生まれ、その後小早川氏、両池田氏により整備、拡張が行われた。

岡山城は標高が十数メートルの丘が連なる小高い土地に建設された。

当時、旭川河口部は複数の派川に分岐しており、その中の大洲原と呼ばれる広大なデルタ地帯中央に「岡山」(柴岡山とも)、その西隣に「石山」、さらにその北西には「天神山」(天満山とも)の3つの丘が連なり、各時代ごとに要害として使用されたとされる。その中の石山にあった石山城(いしやまじょう)に宇喜多直家が入城・改築し、後に子の宇喜多秀家が隣接する岡山に新たに本丸を設け、石山城を取り込む形で城郭が建造された。これが岡山城である。

城の縄張は基本的には梯郭式となっており、三段の城郭配置が西側の一方だけに広がる平山城となっている。言いかえると本丸の北から東には郭の無い、非常に防備が薄い縄張である。そのため旭川の流路を変更し、天然の堀として東側の備えに利用したとされる。さらには郭の代りとして、「後園(後楽園)」が築かれたともされる。 天守は4重6階の複合式望楼型で、特に初重平面形状が歪んだ多角形をしているため、同じく歪んだ多角形平面の天守台を持つ安土城天主を模したものではないかと言われているが、羽柴秀吉による大坂城天守を模しているという説もある。その外観は黒漆塗の下見板が特徴的で、この印象から「烏城(うじょう)」とも呼ばれ、隣県の「白鷺城(はくろじょう)」とも呼ばれる姫路城と対比されることもある。元禄時代の古地図からは、五重の濠に囲まれた城郭と、南北3.5km、東西1.3kmにおよぶ城下町の姿が伺える。

明治時代に御殿・櫓・門の大半が取り壊された。堀は内堀の一部を除いてほとんど埋められたが、街路は江戸時代の位置をほぼ踏襲している個所が多い。さらに第二次大戦中、空襲のため天守・石山門を焼失した。現在までに2つの櫓、本丸付近の石垣、内堀が残り、戦後に天守・不明門・廊下門・六十一雁木上門・塀の一部が再建された。現存する月見櫓・西之丸西手櫓は国の重要文化財に指定され、「岡山城跡」として史跡にも指定されている。その他、京橋御門が岡山市南区小串に移築され現存している。城跡は「烏城公園」として整備される一方、二之丸跡に山陽放送、林原美術館、岡山市民会館が、三之丸跡に岡山県庁、岡山県立図書館などの公共機関がある。近年本丸御殿の再建が検討されたが、2008年度時点でもその目処は立っていない。

また隣接する大名庭園・後楽園は、水戸・偕楽園、金沢・兼六園とともに、日本三名園として並び称される。

歴史・沿革
南北朝時代 - 安土桃山時代
南北朝時代の正平年間(1346年 - 1369年)に、名和氏の一族上神高直が石山台(岡山)に城を築いたと、「備前軍記」に書かれているのが最初と伝えられている。その後およそ 150年間の城主は明らかではない。なおこの付近には摂関家領・鹿田荘の中心部があったとされ、旭川(鹿田川)河口の港町としても栄えていたとされる。戦国時代の大永年間(1521年 - 1528年)には、金光氏が居城とし金川城主の松田氏に仕えていた。

元亀元年(1570年)、宇喜多直家が金光宗高を謀殺しこの地を支配した。直家は備前守護代浦上氏の一族浦上宗景の被官であったが、備前西部を中心に勢力を急速に伸張していた。天正元年(1573年)、直家はそれまでの居城である亀山城沼城)から石山城に入城し、城の改築と城下町の形成を行った。この頃の石山城(岡山城)は、縄張が東西に走る連郭式であったと推定されている。直家は北方の山裾にあった西国街道を、城の南に沿うように付け替えて城下に導いた。そして備前福岡、西大寺などから商人を呼び寄せ、いわゆる城下町の整備を行うなど積極的に流通主導による経済振興とも言うべき政策をとった。信長が安土城を築城する3年前のことである。これは直家が幼少の頃に、備前福岡の商人に庇護を受けたと言われていることも無縁ではないとみられている。
...

岡山城の口コミ情報

摂津守@躯メンテナンス中様[2017年07月17日]
以下は産経新聞より抜粋。

魅力倍増に向けた実証実験が今夏から順次スタート。昨年の再建50周年を機に進めていた「岡山城天守閣等のあり方検討調査」に基づき、アミューズメント性を意識した新企画を展開。

ペーパークラフト教室、自撮りアプリ…企画続々

市は「(天守閣は建物として)文化財ではない。だからこそ大胆な発想も打ち出せる」として、新たな活用法を調査。

8月の夏休み中の子供向けに甲冑や同城をペーパークラフトで作るワークショップを開催。スマートフォンで限定画像を呼び出し、自撮りを楽しむアプリも企画。

10月からは築城主の宇喜多秀家にスポットを当てた特別展示を企画。秀家の生涯についての語り部を常駐させ、秀家に加え、後の城主となる小早川秀秋や池田輝政のイラスト制作や甲冑の復元などで展示内容を充実予定。

さらに隣接する大名庭園・岡山後楽園との一体感を強め、城内でも後楽園関係の展示を季節の写真や屏風などで行う。

どうなるか楽しみにしときます。

こーじ様[2017年04月01日]
外観がお遊びになっていて残念。
でも女子供や外人には受けるかも

織田修理大夫晃司様[2017年01月28日]
岡山城天守は見る角度によって様々な姿を見せてくれます
威風堂々の天守正面
不等辺五角形の裏面(後楽園側)
細面の出で立ちの側面

文化の日の月見櫓の一般公開の時がお得かも

久原守様[2016年11月05日]
宇喜田時代の石垣が見られる。

青き巨星弾正忠かみさん様[2016年08月30日]
個人的な趣味ですが、城でよく売ってあるお城のメダルを集めております。
大体は天守閣の最上階とか受付あたりにあるのですが、岡山城は隣の後楽園の正門側にありました。
同じように集めている方は参考にして下さい。

青き巨星弾正忠かみさん様[2016年08月30日]
烏城の中の段にある鉄門跡、この南側に6段ほど上がる石段があり、石段の傍の石垣に扇型の石があります。
この石は蓮華石と呼ばれ、雨に濡れれば蓮華模様が浮かぶと言われています。
更にこの石は触ると歯が痛いのが治るという言い伝えがあります。

宇喜多主税允秀政様[2016年04月27日]
岡山城 月見櫓特別公開
岡山城本丸跡に現存する唯一の櫓です。通常は非公開ですが特別に一般公開されます。

【日にち】5月3日(火・祝)〜5日(木・祝)

【時 間】9:30〜16:30

作州牛勘解由次官しんちゃん様[2015年09月03日]
岡山城秋期特別展・「戦のいでたち~有名武将の復元甲冑一堂に」

会期 10/3~11/15 (9:00~17:30)
入場料 大人800円、小・中学生400円

岡山城天守閣にて開催されます。

まるき〜遠江守様[2015年06月04日]
岡山城の見学はエレベーターで上まで行き、
下に降りながら各階を回る様な形になるかと思います。
中の展示物、ガラスケース内は撮影禁止になってます。
二階で籠に乗って写真を撮ったり
陣羽織を着て軍配や鉄砲を構えたり…
希望があれば殿様、姫様のコスプレもさせてもらえます。
岡山城の思い出に是非!(=゚ω゚)ノ100%テンションあがりますよ〜

みずたま左近衛少将ゆう様[2015年01月11日]
西の丸西手櫓そばの建物が無くなり、電車通りから見られるようになっていますよ。

日本兵様[2014年12月29日]
城内で販売してる宇喜多秀家のキューピー人形がなかなかかわいいですよ

ちび様[2014年06月01日]
岡山駅より1日200円でレンタル自転車がありますので岡山城まで約10分少々です。

はせちゃん弾正忠様[2013年01月29日]
岡山城三之外曲輪跡にて、2/2 発掘調査現地説明会が実施されるとのことです

大宰少弐ためぞう様[2012年11月30日]
本丸の表書院の部屋位置を地面に埋め込んで表示してくれているのが嬉しい。曲輪がただの広い空き地ではないという様子がわかる。説明も丁寧にしてあるので、楽しくまわれた。

ばくりんこ右京大夫様[2012年09月05日]
自然の川とその沿岸の台地を活用、平地部分(田町や現在の岡山駅方面)に拡がりをもった個性的な縄張りは、往年へとロマンと想像を掻き立てます。

伏龍鳳雛SAS様[2012年05月02日]
2012/05/02現在
05/06まではイベント中なので、登城値段が\800円になってます
普段は\300円だそうです

左近衛大将M三郎様[2011年07月17日]
岡山城は、東を巡る旭川を背に西側へ城域を拡げる平山城です。東端に建つ天守は、外観復元ですが壁面は漆黒で金の鯱や軒瓦を配した豊臣系城郭の様式をよく表しています。また、横に付櫓を配したこともあり、下層はかなり横長で大きいのが特徴であり、にもかかわらず、四層に留めているのは、微妙な当時の政治バランスを反映しているのかも…。主郭部の石垣は、大きめの転石で豪快に積まれ、処所に巨石が使われるなど、石垣技術が発展途上でこの当時流行った様式を伝えています。城域の大きさ、天守、石垣…威風堂々とした城です

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年10月31日]
旭川に映えるライトアップされた天守の写真をアップしました

私は豚さん様[2010年08月26日]
通称 烏城って言われてます。
うちの、地元です。近くに、後楽園あります
是非、お近くにお越しの際は、寄って下さいね

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore