沼城(ぬまじょう)

沼城の基本情報

通称・別名

亀山城

所在地

岡山県岡山市東区沼

旧国名

備前国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

中山信正

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

中山氏、宇喜多氏、浮田氏

廃城年

慶長6年(1601)

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

石碑(亀山城跡)、説明板

周辺の城

大廻小廻山城(岡山県岡山市)[2.1km]
福岡城(岡山県瀬戸内市)[4.8km]
砥石城(岡山県瀬戸内市)[8.0km]
明禅寺城(岡山県岡山市)[8.4km]
乙子城(岡山県岡山市)[8.5km]

沼城の解説文

亀山城(かめやまじょう)は岡山県に存在した平山城

概要
現在の岡山市東区沼の浮田小学校の東隣に位置し、天文年間に浦上宗景配下の中山信正が築城した。永禄2年(1559年)、主命により宇喜多直家は義父の信正を謀殺して城主となった。岡山城に移るまで以後15年間は当城を拠点とし、竜の口城の攻略や三村氏との戦いを進めた。慶長6年(1602年)、岡山に移封された小早川秀秋によって廃されている。

本丸跡にはソテツが植えられている。当城で生まれた宇喜多秀家(直家の子)は関ヶ原の戦いに敗れた結果、八丈島に流罪となった。子孫が赦免されたのは明治維新後であったが、その時八丈島でソテツの花が咲いた(赦免花)という言い伝えから、植えられた物である。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(33.岡山県)』、角川書店、1989年

沼城の口コミ情報

石工はGOGO可児〜様[2017年02月25日]
沼城は、別名亀山城ともいう、沼に浮かぶような小高い丘今は水田と住宅に囲まれたに築かれた沼城は、なるほど亀の姿そのもの亀の甲羅の部分に本丸を置き、頭の部分が二の丸、そして浮田小学校裏山が出丸の西の丸、本丸には、弁財天を祀る神社が建てられていて、この部分が一段高くなっている。 かつては、ここに沼城天守が建てられ、沼城天守は、岡山城の築城の際に本丸大納戸櫓として移築された、残念なことに戦災により焼失してしまいました、駐車スペースは浮田小学校前に2台程停めれます

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore