広島城(ひろしまじょう)

広島城の基本情報

通称・別名

鯉城、当麻城、在間城

所在地

広島県広島市中区基町

旧国名

安芸国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

複合連結式望楼型[5重5階/1599年築/焼失(空襲)]、複合連結式望楼型[5重5階/1958年再/SRC造外観復元]

築城主

毛利輝元

築城年

天正17年(1589)

主な改修者

福島正則

主な城主

毛利氏、浅野氏、福島氏

廃城年

明治7年(1874)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

国史跡(広島城跡)

再建造物

大天守、平櫓、多聞櫓、太鼓櫓、表御門、石碑、説明板

周辺の城

己斐城(広島県広島市)[3.2km]
己斐古城(広島県広島市)[3.7km]
府中出張城(広島県安芸郡)[4.8km]
仁保城(広島県広島市)[4.9km]
永町山城(広島県広島市)[5.3km]

広島城の解説文

広島城(ひろしまじょう)は、現在の広島県広島市中区基町に築かれた安土桃山時代から江戸時代の日本の城。国の史跡に指定されている。毛利輝元が太田川河口のデルタ地帯に築いた平城で、1945年(昭和20年)まで天守を始めとする城郭建築が現存し点在していたが、太平洋戦争末期にアメリカ軍の原子爆弾投下によって倒壊し、現在見られる城内の天守以下城郭建築はすべて1958年以降に再建されたものである。

概要
江戸時代初頭に入城した福島正則の増築以降に、城域となった外堀までの約90万平方メートルの範囲のうち、現在の史跡としての広島城は広島市中央公園内の内堀を含む本丸跡と二の丸跡の範囲で、広さ約12万m2と三の丸跡の一部が残る。大坂城岡山城らと共に初期近世城郭の代表的なもので、また名古屋城岡山城と共に日本三大平城に数えられる。日本100名城の一つに選定されている。

江戸時代では西日本有数の所領となった広島藩42万6000石の太守浅野家12代の居城となり、江戸時代中期に書かれた『広島藩御覚書帖』で知るところでは、5重と3重の大小天守群以下、櫓88基が建てられていた。1598年に毛利輝元によって創建された大天守は、1945年に倒壊するまで現存天守の中では岡山城天守に次ぐ古式を伝えるもので、外壁仕上げの下見板張りや最上階に高欄を持つ外観仕様は国宝保存法下の国宝指定(1931年)の理由の一つとなった。近代は日清戦争時に、本丸に大本営が置かれるなど軍都広島の中心施設であった。アメリカ軍による広島市への原子爆弾投下の際には破壊目標地点となり、現存していた天守や櫓、城門が倒壊した。近年の研究で天守は原爆による爆風で吹き飛ばされたのではなく建物の自重により自壊したことが判明している。現在の天守は鉄筋コンクリート構造による外観復元天守である。

外観復元された大天守は歴史博物館「広島城」として利用されている。公園全体は公益財団法人広島市みどり生きもの協会が、博物館(天守閣)は公益財団法人広島市文化財団が指定管理者として、広島護国神社は同神社、堀は広島市がそれぞれ管理している。

本丸跡、二の丸跡以外は都市開発により城跡の面影はなく、城址公園域以外で確認できる遺構は、広島高等裁判所敷地内にある中堀土塁跡と、空鞘橋東詰南側の櫓台石垣程度である。

別称
別称は「鯉城(りじょう)」。広島城があった一帯は昔「己斐浦(こいのうら)」と呼ばれ、広島市西区己斐の地名は延喜式で嘉字地名とされる前は「鯉」であったと言われていることから、この名がついた。一説には堀にたくさんの鯉がいたからとも、天守が黒いからとも言われる。その他、「在間城(ざいまじょう)」、「当麻城(たいまじょう)」の別称がある。

現存する資料の中で鯉城の名前が使われた最も古い資料は、江戸時代後期に藩儒頼聿庵が読んだ漢詩『遊東郊』の一節

紅塵背指鯉魚城(紅塵背指すれば鯉魚の城)— 頼聿庵『遊東郊』

である。由来については江戸時代に書かれた資料はなく、現在一般的に知られる由来は明治時代以降の資料からである。よって一部では鯉城の由来は明治期に考えられたと唱えるものもいる。

2003年、中区八丁堀の国土交通省中国地方整備局太田川河川事務所での発掘作業で、「鯉の金箔瓦」が1点出土している。金箔が施されていることから毛利氏時代のもの(下記金鯱瓦の項もあわせて参照)と推定されているが、天守と関係あるものかは不明。...

広島城の口コミ情報

青き巨星弾正忠かみさん様[2017年07月27日]
お城メダルは天守閣の最上階に置かれている自動販売機で売っています。1枚400円です。
天守閣の模様と原爆ドームの模様があります。
自動販売機には100円で50円1枚と10円5枚が入っている透明なケースも売って?(両替?)います。
このケースも2枚買いました。

東照大権現内記カズピー様[2017年05月20日]
駐車場は市内のど真ん中なのでいろいろあると思います。トイレも綺麗です。
平城なので登ることもなく体力的にも余裕だと思います。ぜひ楽しんで下さい

織田左兵衛督晃司様[2017年02月10日]
広島城天守の上層3階は正方形だが、下層2階は長方形のため正面から見るとどっしりとした構え。側面は不安定な佇まいになっている。
広島城に行った際にチェックしてみては…

永眠武蔵守釋 葱進様[2015年11月08日]
100名城スタンプはさきの口コミにあるように現在は2階売店にあり、係の方に声をかけて出してもらう形となっています。
但しその売店は閉館15分前に営業終了となるので、ギリギリに入館された方は先に売店に立ち寄ったほうかよいでしょう。

甲斐パネルラ様[2015年07月10日]
広島城の駐車場はありませんが、市民病院前の広島市中央駐車場に入れると、180円の割引を天守二階の売店で受けられます。百名城のスタンプもそこです。

青き巨星弾正忠かみさん様[2014年09月11日]
広島城へはバス、路面電車と公共機関で行けますが、あえてJR広島駅から徒歩で行きました。
駅南側を西方へ歩き、栄橋を渡り道なりに歩くと本丸の裏御門跡に着きます。
徒歩約25分で行けます。
天守閣入館料370円を払い、中には広島城の歴史、昔の家屋、商家を再現したもの、武具、刀剣類が展示されており、2階では鎧兜、当時の衣装の試着が出来ます。

尾張守ひろっちぃ様[2013年12月14日]
H25年12月14日〜H26年2月2日まで企画展 長州戦争と広島 開催中

太閤勘解由長官傾奇紋次郎様[2013年03月24日]
名城スタンプは天守2Fの売店でした。

刑部少輔アリサ様[2010年08月14日]
我が家から広島城まで車で5分くらい^^ 毛利輝元は私のお気に入り
アストラム白島駅付近で城攻め♪
広島城には駐車場がないので有料駐車場を探すのが少し面倒かな。
「護国神社にお参りに来ました」って言えば無料で広島城敷地内に駐車できると聞いた事がある(笑)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore