府中出張城(ふちゅうではりじょう)

府中出張城の基本情報

通称・別名

府城、国府城、芸府城、出張城

所在地

広島県安芸郡府中町宮の町3

旧国名

安芸国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

白井胤時

築城年

応永年間(1394〜1428)

主な改修者

主な城主

白井氏

廃城年

不明

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

永町山城(広島県広島市)[2.8km]
仁保城(広島県広島市)[3.5km]
広島城(広島県広島市)[4.8km]
二ヶ城(広島県広島市)[5.9km]
己斐城(広島県広島市)[8.0km]

府中出張城の解説文

府中出張城(ふちゅうではりじょう)は、安芸国府中、現在の広島県府中町に存在した日本の城である。出張の名前は近世になって名付けられたもので、古文書等では府城・国府城・芸府城と記載されている。

歴史
築城年代は定かではないが、応永年間(1394年 - 1428年)頃に、千葉氏の末裔である白井氏当主・白井胤時によって築かれたとされる。

室町時代になると、白井氏はその独立性を失い、安芸国の安芸武田氏に従属。安芸武田氏の勢力が衰え、周防国の大大名・大内氏が影響を及ぼすようになると大内氏に従属するようになった。また、その地理的な関係から水軍を重視し、仁保島城を中心に、その海域を通過する商船から通行料を徴収していた。

1555年(弘治元年)の厳島の戦いに際しては、陶氏方に属して毛利元就に抵抗したが、戦後、毛利氏に帰順して小早川隆景の傘下に入った。

その後、出張城は毛利氏の勢力伸張により、その重要性を失っていったものと推測される。廃城年は不明。

構造
標高35mの丘の上に本丸を配し、その周辺に居館が存在したと思われるが、現在は畑や住宅地となっており、その構造を完全に窺い知ることはできない。

府中出張城の口コミ情報

周防守薮漕攻城探検隊 様[2013年04月29日]
近所の寺の駐車場に勝手に停めて攻め込みました。畑の中に説明看板が有ります。急斜面の薮を登れば、削平された本丸に行けます。

刑部少輔アリサ様[2011年08月01日]
牛田地区にて城攻め
城はソレイユの近くにありますよ
現在は公園になってます

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore