大島城(おおしまじょう)

大島城の基本情報

通称・別名

所在地

長崎県平戸市大島村前平(城山公園)

旧国名

肥前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

大島氏

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、石積

指定文化財

再建造物

周辺の城

平戸御館(長崎県平戸市)[11.6km]
平戸城(長崎県平戸市)[12.1km]
籠手田城(長崎県平戸市)[13.3km]
箕坪城(長崎県平戸市)[15.6km]
日本山城(長崎県松浦市)[19.9km]

大島城の解説文

大島城(おおしまじょう)は長崎県平戸市大島村前平にあった城である。

遺構
平戸島の北方にある的山大島(あづちおおしま)南端に位置し、神浦港を眼下に見下ろす城山の頂上に位置する。

大島氏が出城の建設を企て途中で放棄した(『平観』)とされるが、城山の頂部には楕円形の主郭と方形の郭のほか、主郭北に食違虎口、南東に郭と石塁が残る(『週日』)など、現在も当時の遺構を見ることができる。

歴史
島は室町時代に遣明船の寄港地として栄え、松浦党の一族である大島氏の根拠地であった(『な経』)。大島氏は自ら大陸貿易を行うなど、貞応3年(1224)から寛永6年(1629)までの約400年もの間的山大島を統治した。

大島城はこの大島氏の居城とされ、北方には大島館と呼ばれる居館があって大島城の根小屋であったと見るむきもある(『大系』)。

交通
平戸桟橋から市営「第二フェリー大島」で約45分、神浦(こうのうら)港から徒歩で約30分

参考文献
『な経』:『ながさき経済 2013年6月号』長崎経済研究所、2013年6月。
『大系』:『日本城郭大系 第17巻』新人物往来社、1980年。
『週日』:『週刊日本の城』デアゴスティーニ・ジャパン、2013年。
『平観』:平戸観光協会公式サイト(http://www.hirado-net.com/)。

大島城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore