梶谷城(かじやじょう)

梶谷城の基本情報

通称・別名

松浦党梶谷城

所在地

長崎県松浦市今福町東免2288他

旧国名

肥前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

松浦久

築城年

延久元年(1069)

主な改修者

主な城主

松浦氏

廃城年

遺構

曲輪、物見台、門、石塁、井戸

指定文化財

県史跡(松浦党梶谷城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

日本山城(長崎県松浦市)[7.9km]
世知原氏館(長崎県佐世保市)[11.2km]
直谷城(長崎県佐世保市)[11.3km]
伊万里城(佐賀県伊万里市)[11.8km]
唐船城(佐賀県西松浦郡)[15.2km]

梶谷城の解説文

梶谷城(かじやじょう)は、かつて肥前国松浦郡今福(現長崎県松浦市今福町東免)にあった城である。

概要
松浦市今福の集落から北東方向にある城山(じょうやま、標高197メートル)の山頂部に築かれた山城。本丸跡からは玄界灘から伊万里湾まで一望できる。

城跡は「松浦党梶谷城跡」として長崎県史跡に指定されている。

歴史
松浦党を率いた松浦氏の祖源久が築城者とされている。松浦氏に伝わる「松浦家世伝」によれば、1069年(延久元年)に久が京都より松浦郡に下向してきた際に築城されたと伝えられる。このほか、1095年(嘉保2年)あるいは1145年(久安元年)等築城年代には異説があるが、少なくとも平安時代末期に築城されてその後長期間にわたり使用されたものと考えられている。

城郭
城山の山頂部分を削って本丸が作られ、南側に物見台、北側に二の丸が置かれた。遺構としては櫓台や井戸の跡、野面積みの石垣等がある。山の西麓には「千人枡」と称される居館跡があり、石壁・石塁・門等が残されている。

アクセス
松浦鉄道西九州線今福駅下車徒歩30分

参考文献
「長崎県の歴史散歩」(長崎県高等学校教育研究会地歴公民部歴史分科会編、山川出版社刊)

梶谷城の口コミ情報

tomm加賀守様[2010年07月07日]
郭・石垣・物見台・大手門址の桝形虎口が残っており、石碑・説明看板もあって晴れていれば素晴らしい眺望です!

長崎県指定史跡ですが、夏は藪に覆われますし本丸東側石垣の整備などが求められます。

国道204号沿いに看板があり、トイレのある中腹の駐車場までは広い道ですが、その先の二ノ丸駐車場までは細いので注意が必要です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore