勝本城(かつもとじょう)

勝本城の基本情報

通称・別名

風本城、武末城、雨瀬包(あませかね)城

所在地

長崎県壱岐市勝本町坂本触750(城山公園)

旧国名

壱岐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

松浦鎮信

築城年

天正19年(1591)

主な改修者

主な城主

本多正武

廃城年

遺構

石垣、曲輪、土塁、堀

指定文化財

国史跡(勝本城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

亀丘城(長崎県壱岐市)[11.1km]
名護屋城(佐賀県唐津市)[39.1km]
大島城(長崎県平戸市)[43.4km]
日本山城(長崎県松浦市)[48.4km]
唐津城(佐賀県唐津市)[51.5km]

勝本城の解説文

勝本城(かつもとじょう)は、安土桃山時代に現在の長崎県壱岐市勝本町坂本触に築かれた城である。別称風本(かざもと)城・武末城・雨瀬包(あませかね)城。

概要
豊臣秀吉が文禄・慶長の役に際して本陣の名護屋城から朝鮮への経由地となる壱岐と対馬に兵站基地となる城を築くことを命じ、壱岐においては島の領主である松浦鎮信が主に築城にあたることになった。1591年(天正19年)夏から工期約4ヶ月というごく短期間に築かれ、文禄・慶長の役を通じ利用された。

1598年(慶長3年)に秀吉が没し朝鮮から撤兵した後は建物は取り壊され、現在は勝本港を望む城山の山頂部に本丸跡の石垣や礎石群が残されており、城山公園として整備されている。公園内に城山稲荷神社が鎮座しており、本丸跡からは勝本小学校の先に勝本港、若宮島、辰の島、名烏島などが見える。

アクセス
壱岐交通バス「城山」バス停下車、徒歩5分。

勝本城の口コミ情報

10.14利神参陣上様[2017年07月24日]
2年前の正月に行きました。
フェリーターミナルからレンタカーを借りて行きました。
北へ約20分走る(壱岐島の北の端)と
左手に城山公園入り口があります。
公園は駐車場があります。
城事態は小振りながらも
石垣が残ってます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore