隈府城(わいふじょう)

隈府城の基本情報

通称・別名

隈府山城、菊池城、菊池本城、菊池山城、守山城、雲上城、雲の上城

所在地

熊本県菊池市隈府1257

旧国名

肥後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

菊池武政

築城年

正平22年〔南朝〕/貞治6年/(1367)

主な改修者

主な城主

菊池氏、赤星氏、隈部氏、佐々氏、加藤氏

廃城年

遺構

空堀、土塁、堅堀

指定文化財

市史跡(守山城跡及び内裏尾)

再建造物

石碑

周辺の城

菊之城(熊本県菊池市)[2.2km]
鞠智城(熊本県山鹿市)[3.1km]
亀尾城(熊本県菊池市)[6.3km]
隈部館(熊本県山鹿市)[7.8km]
竹迫城(熊本県合志市)[10.1km]

隈府城の解説文

菊池城(きくちじょう)は、熊本県菊池市隈府にある中世の山城跡で、菊池氏の本拠であった。別名、守山城や隈府城と呼ばれる。

変遷
菊池十八城と呼ばれる城砦の一つで、正平年間に菊池武政により築城された。菊池氏は九州における南朝方の有力者で、後に肥後守護に任じられ現菊池市は城下町として栄えた。戦国時代に入ると菊池氏は内紛を繰り返して衰退し、家督を阿蘇氏や豊後大友氏に奪われ菊池氏正統は没落した。

後、菊池氏の一族で菊池三家老の赤星親家が城主となるが、同じ菊池三家老の隈部親永に圧迫され、1578年親家の子赤星統家の時、龍造寺氏と結んだ親永によって赤星氏は菊池城を追われた。1580年親永が入城し、北上する島津氏と対峙したが、隈部氏は篭城してこれを凌いで島津氏と和睦し所領を安堵された。

1587年羽柴秀吉の九州平定後、親永は佐々成政の配下に組み込まれるが、同年親永が菊池城に拠って成政に反抗したため、反乱が鎮圧された後に菊池城は破却された。

現状
菊池城は菊池市の北東山麓に位置し、周囲に空堀跡や土塁跡が残る。明治維新後、勤王菊池氏を顕彰して本丸跡に菊池神社が建てられた。菊池神社の参堂脇公園に菊池武光騎馬像があり、境内には菊池武時騎馬像、第二次世界大戦で特殊潜航艇艇長としてシドニー湾に突入して戦死した松尾敬宇中佐の胸像がある。

戦前は軍神を祭る神社として名高かったが、戦後は桜やツツジの名所として市民や観光客に親しまれている。参堂脇には歴史資料館も建ち、菊池氏所縁の古文書や装束などが展示されている。

隈府城の口コミ情報

らんたろう様[2015年11月02日]
春はたくさんの満開の桜が咲き誇ります。

とても日本らしい風情があり美しいですよ♪

隈府城の周辺観光情報

きくち観光物産館 ほか各地域の道の駅

地元で収穫された新鮮な野菜や特産品はもちん、ヤーコン焼酎などの地酒等、幅広い商品を取り扱っています。種類豊富なお弁当を買って、隣接する菊池市民広場でのピクニックもおすすめです。

情報提供:菊池市商工観光課

詳細はこちら

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore