内牧城(うちのまきじょう)

内牧城の基本情報

通称・別名

所在地

熊本県阿蘇市阿蘇町内牧字中町

旧国名

肥後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

阿蘇氏

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

加藤氏

主な城主

阿蘇氏、辺春氏(阿蘇氏家臣)、加藤氏

廃城年

元和2年(1616)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

市成城(熊本県菊池市)[9.6km]
長野城(熊本県阿蘇郡)[12.8km]
鳶ノ尾城(熊本県阿蘇郡)[18.7km]
玉岡城(熊本県菊池郡)[19.3km]
高森城(熊本県阿蘇郡)[20.0km]

内牧城の解説文

内牧城(うちのまきじょう)は熊本県に存在した中世・近世の平城。

古川と黒川を水濠とした典型的な平城で、内牧の町内には「本丸」「二の丸」「三の丸」の小字が残っている。

歴史
内牧城は天文年間(1532~1555)の頃に築造されたといい、天正14年(1586)の薩摩の島津氏による阿蘇侵攻で落城したと伝えられている。

その後、豊臣秀吉の天下統一で加藤清正が肥後に入国し、家臣の加藤右馬允可重を初代とした城代3人が赴任した。江戸幕府が成立すると元和元年(1615)に一国一城令が出され、内攻城は廃城となった。

遺構
加藤家にかわり肥後藩主となった細川家は、二の丸跡に旧阿蘇町一帯を管轄した内牧手永会所(手永とは当時の行政単位で、会所とは役所のこと)を設置した。さらに本丸跡には江戸への参勤文代で宿泊するための内牧御茶屋を設置。駐車場前の小道沿いに今も残る石垣は、内牧城あるいは内牧手永会所時代の遺構と伝えられている。

江戸時代以来、この二の丸跡は行政機能の中心であり続け、明治維新後も内牧村役場、内牧町役場、そして戦後も阿蘇町役場が置かれましたが、平成20年(2008)に阿蘇市役所内牧支所が総合センター内に移転し、その歴史の幕を閉じた。

現在は阿蘇内牧ファミリーパークとして整備され、街の中心にある憩いの場として新たな役目を担っている。

情報提供:阿蘇市教育委員会

内牧城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。