内牧城(うちのまきじょう)

内牧城の基本情報

通称・別名

所在地

熊本県阿蘇市阿蘇町内牧字中町

旧国名

肥後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

阿蘇氏

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

加藤氏

主な城主

阿蘇氏、辺春氏(阿蘇氏家臣)、加藤氏

廃城年

元和2年(1616)

遺構

石垣、横堀(水堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

市成城(熊本県菊池市)[9.6km]
長野城(熊本県阿蘇郡)[12.8km]
鳥子城(熊本県阿蘇郡)[18.1km]
鳶ノ尾城(熊本県阿蘇郡)[18.7km]
高森城(熊本県阿蘇郡)[20.0km]

内牧城の解説文

内牧城(うちのまきじょう)は熊本県に存在した中世・近世の平城。

阿蘇市内牧の阿蘇火口原の北西端、阿蘇内牧温泉に位置する。一帯は黒川の自然堤防である微高地となっている。

歴史
築城年代は不明だが、天正年間には阿蘇氏の家臣・辺春盛道が在城した。加藤清正領となった後に黒川を南に改流させて南北の堀とするなど、増築・補強され、加藤可重と正方の父子が城代を務めている。正方が八代城に移った後は慶長17年(1612年)に加藤正直が岩尾城から入ったが、元和2年(1616年)の一国一城令で廃城となった。

江戸時代を通じて城跡は参勤交代時の宿駅とされ、明治時代には小学校、20世紀後半には町のグラウンドとなった。また二の丸は江戸時代に手永会所となり、明治以降は内牧町役場があった。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(43.熊本県)』、角川書店、1987年

内牧城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore