長野城(ながのじょう)

長野城の基本情報

通称・別名

所在地

熊本県阿蘇郡南阿蘇村長野

旧国名

肥後国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

長野氏

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

長野氏(阿蘇氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

鳥子城(熊本県阿蘇郡)[10.1km]
高森城(熊本県阿蘇郡)[12.3km]
内牧城(熊本県阿蘇市)[12.8km]
市成城(熊本県菊池市)[17.6km]
岩尾城(熊本県上益城郡)[20.0km]

長野城の解説文

長野城(ながのじょう)は熊本県に存在した中世の平山城。現在の熊本県阿蘇郡南阿蘇村長野にあった。

阿蘇氏家臣の長野氏が城主を務め、天正13年(1585年)に島津義弘が来攻した際、城主の長野惟久は南郷城に入って戦死した。現在、城跡には阿蘇長野神社のほか畑や竹林があり、城の遺構は残っていない。また、付近の字北畠には長野惟久の墓と伝えられる五輪塔がある。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(43.熊本県)』、角川書店、1987年

長野城の口コミ情報

まー蔵人頭様[2017年04月29日]
先人の云う木の柱とは標柱のことで一度道路に出て神社裏手に歩いて行くとガードレールが邪魔して撮りづらいですがあります。また評論家の細川隆一郎氏の書いた立派な石碑の隣にひっそりと建つ城趾石碑がある。裏に『天正十二年十二月十一日』に落城したことが書かれている。駐車場及びトイレ有り。鳥居や灯篭が崩れているため気をつけて下さい。

晴れ仙人 速水右近衛大将右近様[2013年01月09日]
神社の裏に説明板と長野城跡の木の柱がある。

筑後守もんど様[2012年06月10日]
遺構はわかりません。
印が有るところは神社になってます。
神楽殿があり、そこに駐車場がありました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore