岩尾城(いわおじょう)

岩尾城の基本情報

通称・別名

所在地

熊本県上益城郡山都町城原字本丸

旧国名

肥後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

阿蘇惟次

築城年

貞応元年(1222)

主な改修者

主な城主

阿蘇氏、小西氏、加藤氏

廃城年

慶長17年(1612)

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

愛藤寺城(熊本県上益城郡)[4.2km]
陣ノ内城(熊本県上益城郡)[17.0km]
御船城(熊本県上益城郡)[18.4km]
堅志田城(熊本県下益城郡)[19.8km]
木山城(熊本県上益城郡)[19.8km]
長野城(熊本県阿蘇郡)[20.0km]
向山城(宮崎県東臼杵郡)[21.8km]
玉岡城(熊本県菊池郡)[22.4km]
健軍陣内城(熊本県熊本市)[24.7km]
隈庄城(熊本県熊本市)[25.1km]

岩尾城の解説文



岩尾城(いわおじょう)は、熊本県上益城郡山都町に存在した中世の日本の城(山城)。山都町指定史跡。

立地・構造 

熊本県上益城郡山都町の、城原字本丸および二の丸に位置する。城地は標高482mの尾根の南西端にあり、北・西・南は轟川に囲まれる。西端の最高所が本丸で、周辺斜面には同心円状の曲輪があった。その南側にある長円状の平坦地が二の丸、北東の尾根を削平した面が三の丸と呼ばれる。三の丸東側の堀切を挟み、土塁が残る。

歴史 

築城年代は明らかではないが、浜の館で非常事態がおきた場合に備えて阿蘇惟忠が築いたとされる。天文21年(1552年)には火事があった事が記録されている。天正年間には甲斐氏が、小西氏の領土となった後は結城弥平次や大田市兵衛が城代を務めた。関ヶ原の戦いの後、加藤清正が領主となって慶長6年(1601年)に長尾善政を城代にした。善政の死後に入った加藤正直は慶長17年(1612年)に内牧城に移り、岩尾城は廃城となった。ただし、長尾・加藤は近くの愛藤寺城(矢部城)城代を兼帯していたとされ(『肥後古城考』など)[1]、また加藤家の文書では関ヶ原の戦い後に支城を整理した際に残された城は愛藤寺城を含めた7城である[2]ため、実際に加藤家統治時代に城代がいて機能していたのも岩尾城ではなく愛藤寺城であった可能性が高い。

参考文献 

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(43.熊本県)』、角川書店、1987年

岩尾城の口コミ情報

2022年03月06日 もっこす肥後守
岩尾城



本来は道の駅から通潤橋の際の階段を上がり遊歩道を行けばいいのですが、現在災害工事中でいけません。
すぐ近くにNTTがあります。その裏手に体育館のものと思われる駐車場があります。
そこに小さい橋がかかっていますので歩いて進んで行くと到着します。
因みにこのルートで行けば通潤橋の上までいけますよ。
遺構は堀切があります。

2015年11月02日 あんこのすけ
岩尾城

通潤橋のすぐ隣にあります。

水と田園風景が美しい城跡です!

岩尾城の周辺スポット情報

 二の丸跡(遺構・復元物)

 史跡碑(碑・説明板)

 説明板(碑・説明板)

 本丸跡(寺社・史跡)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore