宇土城(うとじょう)

宇土城の基本情報

通称・別名

宇土城[宇土古城・宇土城]

所在地

熊本県宇土市神馬町他(地図は宇土古城を示す)

旧国名

肥後国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

型式不明(宇土城)[3重/築年不明/解体]

築城主

菊池氏[宇土古城]、小西行長[宇土城]

築城年

治承3年(1048)[宇土古城]、天正16年(1588)[宇土城]

主な改修者

加藤清正[宇土城]

主な城主

菊地氏、宇土氏、名和氏[宇土古城]、小西行長、加藤清正[宇土城]

廃城年

慶長17年(1612)[宇土城]

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)[すべて]

指定文化財

国史跡(宇土城跡)[宇土古城]、市史跡(宇土城跡)[宇土城]

再建造物

石碑、説明板[すべて]

周辺の城

曲野城(熊本県宇城市)[5.2km]
木原城(熊本県熊本市)[5.7km]
河尻城(熊本県熊本市)[7.3km]
隈庄城(熊本県熊本市)[8.3km]
竹崎城(熊本県宇城市)[8.6km]

宇土城の解説文

宇土城(うとじょう)は、熊本県宇土市に存在した城郭である。別名、城山ともいう。同市神馬町にあった中世期の宇土城である、宇土古城についても併記する。

中世・宇土古城
地理的環境
熊本県宇土市は、県西側沿岸部のほぼ中央から西に向かって突出する宇土半島の北側から基部に位置し、東西約24.8km、南北約7.6km、面積は約74.19㎡である。

宇土半島は北に有明海、南に八代海と面し、半島先端には天草諸島が連なる。半島内は山がちで、平地の割合は少ない。半島を構成する山地は、主峰の大岳(477.6m)を中心とする大岳火山系山地と三角岳火山系山地とに分けられる。また、半島基部には若干の平地を挟んで木原山(雁回山、314.4m)が存在する。周辺の基盤となる地質は、安山岩類や凝灰角礫岩などの大岳由来の火山岩類が主である。

市の北側には、熊本県三大河川の一つである緑川と、その支流である浜戸川が東西に流れており、流域には両河川によって形成された沖積平野が広がっている。東西から迫る山塊によって平野が狭まり、南の八代平野に抜ける道が限られることや緑川の河口に近いことなどから、古来より陸上・海上ともに交通の要衝であった。

中世宇土城跡は、この沖積平野南西部の通称「西岡台」と呼ばれる独立丘陵(標高約40m、東西約750m、南北約400m)を利用して築かれている。周辺部には縄文時代から歴史時代まで数多くの遺跡が分布している。

中世宇土城の歴史
中世宇土城は中世宇土に拠点を置いた在地領主の宇土氏・名和氏の居城である。「三宮社記録」によれば、永正3年(1048)に築城され、以後、菊池氏の一族が相次いで宇土城にいるとの伝承があるが、それを証明する同時代の文献や考古学的根拠は残されていない。一方、廃城時期は小西行長が宇土城主になった翌年、近世宇土城(城山)の工事に着手した天正17年(1589)から関ヶ原合戦で敗死した慶長5年(1600)の間と推察され、発掘調査で出土した陶磁器の年代もほぼ対応している。

宇土氏は宇土荘の荘官だった菊池氏の一族と伝えられる在地武家領主であり、宇土高俊が文献上での初見である。正平3年(1348)、征西将軍懐良親王を宇土津に迎え入れており、南朝方として活動した。南北朝の合一後も引き続き本拠を維持したとみられるが、文亀3年(1503)、宇土為光が守護職をねらって守護・菊池能運と争って失敗し、滅亡した。

名和氏は代々伯耆国長田邑(鳥取県西部)を領した有力武家である。名和長年の孫・顕興は正平13年(延文3年、1358)、伯父義高が建武の恩賞として得た肥後国八代庄に一族を伴って移り、南朝方として活動した。以後、八代を中心として南北に勢力を伸ばしたが、文亀4年(1504)、名和顕忠は居城である古麓城(八代市)を菊池氏・相良氏によって追われ、一時木原城(熊本市南区富合町)に移るが、後に宇土氏滅亡後の宇土城に入った。以後、名和氏は木原城のほか田平城(宇土市)・阿高城(熊本市南区城南町)・豊福城(宇城市松橋町)・矢崎城(宇城市三角町)など陸上・海上交通の要衝に支城を配した。

名和氏が宇土城に入った後も相良氏との間に争いは絶えず、相良領と名和領の境目である豊福城をめぐり幾度となく争ったことが、相良氏八代支配時代の記録である「八代日記」から知ることができる。豊福城の帰属は、長享元年(1487)から永禄8年(1565)まで、80年足らずの間に名和氏と相良氏との間で9回も入れ替わっており、その攻防の激しさがうかがえる。豊福の位置は、名和氏の宇土郡、阿蘇氏の益城郡、相良氏の八代郡と三郡の境目に位置し、また甲佐と宇土半島を結ぶ道と八代から隈本へ向かう薩摩街道とが交錯する場所でもあり、軍事・交通の要所だったことがその争いの背景とみられる。
...

宇土城の口コミ情報

まー宮内卿様[2017年04月29日]
近世宇土城は宇土高校裏の墓地に車3台分駐車でき、その先にも駐車可。本丸に小西行長像がある。石垣は崩れていない。
中世宇土城はそこから車で10分以内。駐車場は5台は停められる。共にトイレ有り。中世のほうは未完成の堀跡があり一周出来るが途中に水が溜まっているのでご注意を。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。