宇土城(うとじょう)

宇土城の基本情報

通称・別名

宇土城[宇土古城・宇土城]

所在地

熊本県宇土市神馬町他(地図は宇土古城を示す)

旧国名

肥後国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

型式不明(宇土城)[3重/築年不明/解体]

築城主

菊池氏[宇土古城]、小西行長[宇土城]

築城年

治承3年(1048)[宇土古城]、天正16年(1588)[宇土城]

主な改修者

加藤清正[宇土城]

主な城主

菊地氏、宇土氏、名和氏[宇土古城]、小西行長、加藤清正[宇土城]

廃城年

慶長17年(1612)[宇土城]

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)[すべて]

指定文化財

国史跡(宇土城跡)[宇土古城]、市史跡(宇土城跡)[宇土城]

再建造物

石碑、説明板[すべて]

周辺の城

曲野城(熊本県宇城市)[5.2km]
木原城(熊本県熊本市)[5.7km]
河尻城(熊本県熊本市)[7.3km]
隈庄城(熊本県熊本市)[8.3km]
竹崎城(熊本県宇城市)[8.6km]

宇土城の解説文

※この城郭は2017年4月6日に名称が変更となりました。

宇土城(うとじょう)は、熊本県宇土市に存在した城郭である。別名、城山ともいう。同市神馬町にあった中世期の宇土城である、宇土古城についても併記する。

宇土城は小西行長によって宇土古城の東に位置する丘に築かれた平山城である。3重の天守などが建てられたが、小西行長が関ヶ原の戦いに敗れ、同時期に肥後国緑川以北と葦北郡を所領していた加藤清正が、宇土城攻略の功績によって小西領を併合して肥後一国の大守となり、宇土城を所有した。その宇土城の天守は清正によって熊本城へ移築され、宇土櫓となったという伝承があるが、1927年(昭和2年)に熊本城宇土櫓を解体修理した調査の際には移築の痕跡が見られず、城戸久などによって否定されている。

寛永9年(1632)の加藤氏改易によって細川領となった後は、宇土藩の藩庁である宇土陣屋が現在の新小路町に置かれ、跡地は荒蕪地とされた。

現在、宇土古城跡(宇土市神馬町)は国の史跡に指定され、歴史公園「史跡宇土城跡」として整備され、建物跡・横堀・城門など一部の遺構が復元整備されている。また、近世宇土城跡は、本丸跡が城山公園として整備され、石垣、堀などが残っている。

中世・宇土古城
宇土古城は、宇土氏によって西岡台と称される独立丘陵に築かれ(このため中世宇土城を指して「西岡台」と通称する)、中央の迫地を挟んで東に主郭となる千畳敷(せんじょうじき)、西に三城(さんのじょう)という連郭式の体をなしている。東の千畳敷の周囲は横堀で囲まれており、北から東にかけての斜面には複数の竪堀が穿たれていた。近年、千畳敷と呼ばれる曲輪跡から多数の掘立柱建築の痕跡と、東側に虎口、城門遺構が発掘されており、一部の遺構については復元表示してある。

平成10年(1998)、千畳敷の北側に掘削作業途中の横堀跡が検出され、当時の土木作業工程・技術を示す貴重な事例となっている。さらに、城門遺構付近の横堀からは100点を超す石塔の部材が出土しており、同城の廃城(城破り)に伴って念入りな儀式が行われたことを窺わせている。 また三城の南西側には、幅約10m、全長約300mの空堀が存在している。

西岡台の正確な築城年代は詳らかでない。一説には永承3年(1048)、関白藤原頼通下向の際に築かれたという。

南北朝時代の城主、宇土高俊は終始南朝方に呼応し、隣の郡浦荘を押領するなど、宇土半島を中心に活動した。

室町時代後半、宇土忠豊の養子として肥後国守護の菊池氏から宇土為光が入る。その為光は文明16年(1484)・明応8年(1499)と守護職押領を企てるが失敗する。文亀元年(1501)、為光は3度守護職押領を企て、ついに成功し肥後国守護となる。しかし文亀3年(1503)、亡命していた菊池本家の22代菊池能運の反撃に遭い、西岡台へ籠城するが破れ、殺害された。西岡台には菊池氏家臣の城為冬が入城するが、永正元年(1504)に能運が急死すると城氏は没落し、空城となった西岡台には為光の娘婿である名和顕忠が入った。
...

宇土城の口コミ情報

まー武蔵守様[2017年04月29日]
近世宇土城は宇土高校裏の墓地に車3台分駐車でき、その先にも駐車可。本丸に小西行長像がある。石垣は崩れていない。
中世宇土城はそこから車で10分以内。駐車場は5台は停められる。共にトイレ有り。中世のほうは未完成の堀跡があり一周出来るが途中に水が溜まっているのでご注意を。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore