竹崎城(たけざきじょう)

竹崎城の基本情報

通称・別名

所在地

熊本県宇城市松橋町竹崎

旧国名

肥後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

竹崎氏?

築城年

不明

主な改修者

主な城主

竹崎氏

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪

指定文化財

市史跡(竹崎城跡)

再建造物

石碑(竹崎季長城跡)、説明板

周辺の城

曲野城(熊本県宇城市)[3.8km]
堅志田城(熊本県下益城郡)[7.5km]
木原城(熊本県熊本市)[8.1km]
宇土城(熊本県宇土市)[8.6km]
隈庄城(熊本県熊本市)[9.5km]

竹崎城の解説文

竹崎城(たけざきじょう)は熊本県宇城市松橋町竹崎にあった日本の城。周布地区の東南隅、聖徳寺の裏にある鳶巣山に位置する。

『古城考』によれば、蒙古襲来の時、大活躍をした肥後の御家人竹崎季長の居城という。

概要
山頂部分は狭い平坦地となっており、城跡碑の建立がある。当該地における顕著な遺構は、頂上の平坦地を囲み込むように重なる階段状地形であり、これはとくに城域西側から興浄寺裏山にいたる「伝兵が迫」にはこの痕跡が著しく、山頂から迫地底部まで大小の階段状地形が約17段にも重なっている。この地形は大小さまざまで、その概形作一口では要約できないが、おおよそ縦の長さは20~30m・横幅が5m前後で、各々の区切りは、3m前後の崖をもって成っている。

この西側斜面の一部が、新設される九州自動車道の敷地にかかる為、熊本県文化課では昭和49年3月より7月までの5ヶ月を費し、発掘および文献調査を行った。その結果、階段状地形の上部(面秘200㎡、三角形を呈する)からは、多数の柱穴が検出され、またこれに付随すると思われる2つの溝が掘り込まれている事がわかった。とくに溝からは、多量の木炭に混って明時代の青磁の碗や、染付片をはじめとして鉄製品・青銅製の鍔や切羽・飾金具・瓦質の描鉢や備前系の甕片などが出土した。この他、炭化米やかき殻の出土があった。

木炭片については、年代測定を行ったところ、B.P.510年前後という結果がでた。すなわち、西暦1460年頃で戦国初期頃に該当するもので、時代差から季長自身の城という可能性は薄れた。発掘結果と結びつくと思われる文献としては、相良文書内に納められている「沙弥洞然長状」に、明応8年(1497年)に、菊池氏と相良氏が江上寺裏山(現竹崎城付近)で戦った事が記録されている。

情報提供:宇城市教育委員会

竹崎城の口コミ情報

カーネルさん[2017年10月09日]
鹿児島本線小川駅から

駅から東に進み国道3号にぶつかったら左折して北上します。歩道あります
竹崎地区にはいったら、右折して九州自動車道の向かいます

竹崎児童館前に竹崎城→の看板があるので右折して東へ。ここには竹崎城の説明板もあります

道なりに進んで九州自動車道を越え、反時計回りに山裾は半周すれば到着です。案内板と、山頂にはせきひがありましたが、遺構はよくわかりませんでした

駅から往復8kmでしたが、見学時間が短いこともあり2時間で駅に戻りました

弾正大弼さん[2016年06月26日]
登城しました!
細い道ですが、車で本丸近くまで行けます。
草が茂っているのと、林の中なので、虫除けは必須です。できれば、秋以降の登城をオススメします。
残念な事に、震災で石碑が落ちてしまったようです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード