大坂東町奉行所(おおさかひがしまちぶぎょうしょ)

大坂東町奉行所の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府大阪市中央区大手前之町

旧国名

摂津国

分類・構造

代官所

天守構造

なし

築城主

徳川幕府

築城年

元和5年(1619)

主な改修者

主な城主

久貝正俊、川路聖謨、松平信敏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

楼ノ岸砦(大阪府大阪市)[0.6km]
大坂城(大阪府大阪市)[0.6km]
石山本願寺(大阪府大阪市)[0.6km]
大坂西町奉行所(大阪府大阪市)[0.8km]
真田丸出城(大阪府大阪市)[1.9km]

大坂東町奉行所の解説文

大坂町奉行(おおさかまちぶぎょう)は、江戸幕府が大坂に設置した遠国奉行の1つ。東西の奉行所が設置され、江戸町奉行と同様に東西1ヶ月ごとの月番制を取った。初名は大坂郡代(おさかぐんだい)。老中支配下で大坂三郷及び摂津・河内国の支配を目的としていた。

元和5年8月22日(1619年)に久貝正俊(東町奉行)・嶋田直時(西町奉行)がそれぞれ役高3000石をもって任じられたのが始まりとされている。水野守信(信古)を初代東町奉行とする説もあったが、今日では否定されている。

定員は東西それぞれ1名ずつであるが、元禄年間に堺町奉行を兼務する3人目の奉行が設置された時期もあったが、短期間で終わっている。1000-3000石程度の旗本から選任されることになっていたが、300石からの抜擢例も存在する。奉行には役高1500石及び役料600石(現米支給)が与えられ、従五位下に叙任されるのが慣例であった。配下は東西いずれも与力30騎、同心50人。奉行所は元々は東西ともに大坂城北西の出入口である京橋口の門外に設置されていたが、享保9年(1724年)の大火で両奉行所ともに焼失した教訓から、東町奉行所は京橋口に再建され、西町奉行所は本町橋東詰の内本町橋詰町に移転された。

また、時代が下るにつれて糸割符仲間や蔵屋敷などの監督など、大坂経済関連の業務や幕府領となった兵庫・西宮の民政、摂津・河内・和泉・播磨における幕府領における年貢徴収及び公事取扱(享保7年(1722年)以後)など、その職務権限は拡大されることとなった。

大坂東町奉行所の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2016年09月17日]
大坂東町奉行所はかつて大坂城付近の京橋口にありました。現在は跡形が全くありません。

大阪合同庁舎第1号館前の歩道の脇に「東町奉行所跡」と書かれた石碑だけがあります。この石碑のある場所からは大坂城の乾櫓を眺めることができます。

摂津守@Dr.stop酒様[2016年06月22日]
地下鉄天満橋駅の3号出口を出て、
大阪国税局や東税務署がある大阪合同庁舎3号館の前を大坂城に向かって歩き、
隣の近畿経済産業局などが入る大阪合同庁舎1号館の前を歩いていくと、
こじんまりとした「東町奉行所跡」を示す石碑に出会えます。

敷地は上町筋より高いレベルになっており、3号館・1号館は同じレベルにあります。
このあたりが奉行所敷地の範囲なんでしょうか。

遺構は見当たらないものの、時代が変わっても徴税や行政機能はそのまま残っているところがミソです。

口コミがなかったんで、レポートしました!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore