妻籠城(つまごじょう)

妻籠城の基本情報

通称・別名

所在地

長野県木曽郡南木曽町吾妻218-7

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

木曽氏?

築城年

室町時代中期

主な改修者

主な城主

遠山氏、山村良勝(木曽氏家臣)

廃城年

元和2年(1616)

遺構

曲輪、帯曲輪、土塁、堀切

指定文化財

県史跡(妻籠城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

苗木城(岐阜県中津川市)[12.8km]
大博士城(岐阜県中津川市)[19.9km]
駒場城(長野県下伊那郡)[20.5km]
飯田城(長野県飯田市)[23.0km]
松尾城(長野県飯田市)[23.7km]
鈴岡城(長野県飯田市)[23.7km]
岩村城(岐阜県恵那市)[28.2km]
船山城(長野県下伊那郡)[29.1km]
大島城(長野県下伊那郡)[29.1km]
福島城(長野県木曽郡)[31.4km]

妻籠城の解説文



妻籠城(つまごじょう)は、長野県木曽郡南木曽町に存在した日本の城(山城)である。

概要 

築城時期は室町時代中期である。標高521mに位置し、戦国時代には木曾義昌が城主であった。本城は東西約30メートル、南北約40メートルで、四周に土塁と帯郭を巡らせた茶臼型の山城である。北東に張り出した屋根に空堀を施し、その先端に郭を築いている。大手は東方鞍部で前面に構えの郭があり、両側断崖の土橋上の小道を経て本城に入る構造となっている。

歴史 

16世紀中期に木曾氏は甲斐の武田氏に従っていたが、妻籠城改築の年と伝わる天正10年(1582年)に入って間もなく織田氏に寝返った。織田信長はこの出来事を好機と見て、木曽、伊那、そして徳川家康の遠江から大軍を武田氏がいる甲斐へと攻め寄せ、滅亡させた。天正12年3月(1584年)の小牧・長久手の戦いにおいて、木曾義昌は当初、徳川家康に付いていたが、羽柴秀吉に寝返った。同年9月、妻籠城に山村良勝を入れて、徳川方の菅沼定利、保科正直、諏訪頼忠らと戦い撃退した。元和2年(1616年)の一国一城令により、廃城になった。

所在地 

  • 長野県木曽郡南木曽町吾妻

参考文献 

  • 信濃史学会 編、『信州の山城 信濃史学会研究叢書2』、1988年
  • 南原公平 著、『信州の城と古戦場』、しなのき書房、2009年

妻籠城の口コミ情報

2022年09月23日 RED副将軍【新宮党】
妻籠城



中山道に面する美濃・信濃の境目の城🏯
多くの戦いの前線地となりました。

オススメ度 ★★★⭐︎⭐︎

築城年代等は不詳。
文永年間(1264年〜1274年)に沼田家仲により築城とも、室町期に木曽家村により築城されたとも云われますが定かではありません。
室町期は遠山氏の所領であった様で、戦国期は木曽氏の支配下となりました。
木曽氏は甲斐武田氏に従い、19代当主の木曽義昌は武田信玄の三女真理姫を娶り姻戚関係を築いています。
その木曽義昌の時代には家臣の山村良勝が妻籠城を守備していました。
しかし1582年、木曽義昌は、武田勝頼による新府城造営による賦役増大と重税に不満を持ち、織田信長に付きます。妻籠城や周辺の城を改修し、武田勝頼に反旗を翻します。これを期に織田信長は甲州征伐により武田氏を滅ぼしました。木曽義昌は織田信忠と木曽谷に向かっていた武田信豊を鳥居峠にて撃退しています。
同年に本能寺の変にて織田信長が没すると羽柴秀吉が徳川家康の対立し、1584年には小牧長久手の戦いが勃発。
木曽義昌は、当初は徳川家康に付いていましたが羽柴秀吉に寝返り加担。
戦いの前線となりこの時も妻籠城は改修されたと云われます。
そして徳川勢の菅沼定利、保科正直、諏訪頼忠らの攻撃を受けましたが、山村良勝は撃退しています。
山村良勝は1600年に木曽氏が改易されると徳川家康の家臣となっています。
1615年、一国一城令により廃城になりました。

見所
木曽川左岸にある標高519mの独立丘陵上に築いています。
頂部を削平した主郭は北側に虎口が開口し、周囲に帯郭群を巻いています。
東側の尾根筋に堀切と馬出郭を挟んで東郭が敷設されたシンプルな縄張り。東郭はヤブとなっていました。
城域に入り最初に目にする痩せ尾根を加工した土橋が一番の見所でしょうか。

写真
①②痩せ尾根を加工した土橋
③東郭と馬出郭を隔てる堀切
④馬出郭
⑤馬出郭と主郭を隔てる堀切
⑥主郭切岸
⑦主郭虎口
⑧主郭

2022年09月12日 Maru姫22
妻籠城



お城の場所がいまいち分からなかったので、観光案内所で聞いたところ丁寧に教えていただきました。妻籠宿の散策がてら登城できるお城です。

2022年04月24日 ほりーないと
かぶと観音[妻籠城  寺社・史跡]



木曽義仲が治承4年(1180年)に挙兵して北陸道を京へ向かう際、義仲の兜の八幡座の観音像を祀ったのがおこりと伝えられています。境内には、義仲が弓を引こうとした際に邪魔になり巴御前が袖を振って倒した「袖振りの松」や、義仲が腰掛けたという「腰掛石」が残されています。

国道19号の信号「神戸」から木曽川の反対側へ入り、道なりに進んだ所にあります。旧中山道が通っており、かぶと観音の前の交差点が妻籠城へ行く目印になります。なお、妻籠城の登城口周辺には駐車場はなく、路駐になります。地元の方の通行がありますので、ご注意下さい。

2021年11月28日 あおまさ
分かれ道[妻籠城  その他]

分かれ道は整備されている右側がおすすめです。

2021年11月28日 あおまさ
妻籠城



主郭からは妻籠宿が一望です。勝ち戦も納得です。

2021年05月16日 ほりーないと
妻籠宿[妻籠城  寺社・史跡]



中山道の宿場町「妻籠宿」は日本で最初に宿場保存事業が行われた。色んな歴史に触れることができるので、散策しながら妻籠城へ行くのもオススメです。

宿場としての利用度は参勤交代の大名が三十家余りと少ないが、公家や旗本などに利用されていた。和宮の御降嫁の行列は妻籠で御昼を召し上がったという。復原された妻籠宿本陣、重要文化財指定の脇本陣、江戸時代はじめに制定された宿場に必ず設けられた桝形跡(写真1)、口留番所跡(写真2)などがある。歴史資料館には小牧長久手の戦いの一環として起きた「妻籠城の戦い」のジオラマ展示がある。

季節に合わせて雛人形と五月人形の展示がある。古い時代の人形だけではなく「今」がわかるマスク姿の人形などの展示もあり毎年楽しめる。写真3は大名行列をする五月人形。
歴史を知りたくて妻籠宿の人達に声をかけると丁寧に色んな事を教えていただいた。温かい気持ちになれる宿場町です。

2021年04月12日 蔵人頭ピロシキ
妻籠城



典型的な山城。
主郭はかなり広い。
礎石もあったので、何かしら建築物もあったみたい。
妻籠宿がよく見え、この場所に築城した理由がよく分かります。
アルプスも望めて眺めが良い。

2021年04月12日 蔵人頭ピロシキ
妻籠城

さわやかウォーキングにて南木曽駅から。コース外でしたが、たくさんの人が登っていました。遺構はよく残っている。本丸から妻籠宿か望めてこの場所に築城したのが良く理解できます。アルプスも見えて登って良かった。

2020年11月22日 フー甲斐守
登城口[妻籠城  碑・説明板]



1枚目が案内板。
2枚目がしろやま茶屋跡
3枚目が道案内。中央の石畳が妻籠宿への道。城へは1番右端の道。
因みに妻籠宿から来るとこの看板振り返った状態になってますので左右お間違えないよう。

妻籠宿から片道20分程度で頂上にたどり着きます。4枚目の写真は頂上に向かう最後の分かれ道ですが、正解は右です。左に行くと、「えっ、口コミと違い、藪中なんですが…」となります。たどり着きますが(笑)当然私は左に行ってしまいました。

2017年10月19日 右近衛大将みきを
妻籠城

JR南木曽駅下車し、バスで妻籠宿まで行き、観光案内所にあるマップを片手に宿場町をブラブラした後に攻城しました。
マップに城の場所も書いてあるのでわかりやすいです。
妻籠城は山城ですが、前の方が書いておられる通り、登山道もしっかりしており登りやすかったです。

2016年09月25日 京楽秋水太閤
妻籠城

馬籠宿から妻籠宿手前の国道256号に出る止まれの交差点、休日天気のいい日は必ずと言っていいほど一旦停止の取り締まりをしているので要注意です!

2015年08月15日 摩虎羅**
妻籠城

【アクセス】
国道256号線沿「妻籠宿」という大きな看板の手前を左折。300㍍位登るとT字があるので左手前に戻る方向に鋭角に曲がると城趾碑があります。
【駐車場】
妻籠宿を見学しながらでも行ける距離ですが、城趾碑前に駐車するのが一番近いです。しかしスペースは狭いのでご注意下さい。
【トイレ】
なし
【城 跡】
妻籠宿を歩きながら城跡まで行きました。
登りだしてすぐ、左に竹林、右に杉林?桧林?がありそれぞれの色鮮やかな緑を堪能。
少し歩くと竹に囲まれた土橋があります。
主郭までの間には、堀切、帯曲輪があります。案内板もあるので初心者の私でも解りやすかったです。
主郭へ行く最後の道はツツジらしき木のトンネルを通り幻想的でした。
頂上からは妻籠宿が一望です。

女性2人で行きましたが、整備されている所も多くスニーカーでも歩きやすい山城でした。

2010年10月16日 傾奇揚げ仙兵衛
妻籠城

妻籠宿は風情があってとても好きな町です。

2010年09月03日 傾奇揚げ仙兵衛
妻籠城

やっぱ南木曽の木曽路ビールでしょう

妻籠城の周辺スポット情報

 登城口(碑・説明板)

 土橋(碑・説明板)

 上久保一里塚(碑・説明板)

 馬籠城(周辺城郭)

 妻籠宿(寺社・史跡)

 かぶと観音(寺社・史跡)

 分かれ道(その他)

 旧中山道(その他)

 旧中山道(その他)

 旧中山道(その他)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore