松尾城(まつおじょう)

松尾城の基本情報

通称・別名

所在地

長野県飯田市松尾代田1114(松尾鈴岡公園)

旧国名

信濃国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

小笠原氏

築城年

室町時代?

主な改修者

主な城主

小笠原氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(松尾城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

鈴岡城(長野県飯田市)[0.4km]
飯田城(長野県飯田市)[2.8km]
駒場城(長野県下伊那郡)[9.9km]
大島城(長野県下伊那郡)[12.8km]
船山城(長野県下伊那郡)[16.2km]

松尾城の解説文

松尾城(まつおじょう)は、長野県飯田市にあった日本の城。

概要
信濃守護小笠原氏の居城である。小笠原氏は、深志(府中)小笠原氏・松尾小笠原氏・鈴岡小笠原氏に別れて対立したが、松尾城は松尾小笠原氏の居城であった。

天文23年(1554年)武田信玄の伊那侵攻の後、松尾小笠原氏の小笠原信貴・小笠原信嶺父子は武田氏の家臣となった。小笠原信嶺はその後、織田信長の甲州攻めの時には織田氏に降伏し、本能寺の変の後、徳川氏の家臣となった。徳川家康の関東移封の際、武蔵国本庄城に移り、松尾城は廃城となった。

現在、城跡は松尾鈴岡公園として整備されている。鈴岡小笠原氏の鈴岡城とは毛賀沢川を挟んで向かい側にある。

松尾城の口コミ情報

赤いRVR弾正大弼@松本様[2012年01月25日]
松尾城と鈴岡城は、松尾鈴岡公園として整備されています。両者の間には伊賀良井の深い渓谷があり、戦国時代の分裂して争っていた小笠原氏の関係を感じることができます。両者とも堀切がすごい!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore