飯島陣屋(いいじまじんや)

飯島陣屋の基本情報

通称・別名

伊那県庁

所在地

長野県上伊那郡飯島町飯島2309

旧国名

信濃国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

徳川幕府

築城年

延宝5年(1675)

主な改修者

主な城主

徳川幕府(天領)

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪

指定文化財

県史跡(伊那県庁(飯島陣屋)跡)

再建造物

復元本陣、冠木門、板塀、石碑、説明板

周辺の城

赤須城(長野県駒ヶ根市)[5.9km]
船山城(長野県下伊那郡)[7.4km]
大島城(長野県下伊那郡)[11.6km]
殿島城(長野県伊那市)[14.3km]
市野瀬古城(長野県伊那市)[15.6km]

飯島陣屋の解説文

飯島陣屋(いいじまじんや)は長野県上伊那郡飯島町にあった代官所(代官陣屋)のひとつ。現在ある建物は復元で、観光施設となっている。

概要
延宝5年(江戸時代)、信濃国のうち、伊那谷にある幕府天領を治めるために設置された。当時は代官が執務を執り行う本陣のほか、代官一家が住まうお屋敷、役人の住む官舎、長屋、納屋など付随する建物十数棟で構成されていた。

明治に入り、明治政府によって幕府天領地の接収が行われると飯島陣屋は廃止された。

伊那谷の旧天領地が伊那県とされると、飯島陣屋が伊那県庁となった。

明治4年、伊那県が廃止されて筑摩県に併合されると、飯島陣屋はその役目を終え、解体処分された。

1994年(平成6年)、飯島町内をはじめ、長野県内や愛知県などに残る古文書を調査、また陣屋跡の発掘調査により、当時と同じ位置、同じ構造様式で本陣が新築復元された。敷地内には陣屋記念館も併設され、当時の資料や調度品などが展示・公開されている。写真撮影もでき、展示物も実際に手を触れて観察できるなど、親しみやすい配慮がされている。

沿革
延宝5年:伊那谷の天領管轄のため設置。
慶応4年3月7日:明治新政府により廃止。
慶応4年3月8日:尾張藩により「尾張藩飯島取締役所」となる。
慶応4年8月2日:伊那県が置かれ、県庁となる。
明治2年:周辺の村落が編入され、伊那県の版図が徐々に拡大する。
明治3年9月17日:南北分離により、中野県(北側)と伊那県(南側)に分かれる。
明治4年12月31日:伊那県廃止により、筑摩県と額田県に分離併合される。...

飯島陣屋の口コミ情報

綱島左近衛中将八雲様[2014年05月18日]
国道153号からチョット入った所、JR飯田線飯島駅の反対側に有ります。駐車場も有ります。
訪れた時は暑かったけど土地柄カラッとしていて都心にない豊かさを感じました。でも時折吹く駒ケ岳からの心地良い風が「冬の厳しさもあるんだよ」と釘を刺されました。
幕府天領ということで金山でもあったのか?とガイドさんに尋ねたら質の良い木材だそうで、馬車で運んだの?と更に聞いたら川流し(天竜川)で海まで持って行き、船で江戸に運んだそうです。

復元された陣屋ですが、置いてある家具調度品や古書は当時の物で「最大のウリ」は実際手に取って触ってもOKで、当時の物の質感を知ることが出来る事で、極め付けは当時は代官様しか座れない座布団に座り代官様の目線と気分を味わえました。訪問客が私一人だったこともあり実際に代官が着ていた袴もお借りして記念撮影して頂きました。
子供がもうチョット大きくなったら一緒に来たいと思いました。

赤いRVR弾正大弼@松本様[2012年03月02日]
旧伊那県庁の復元建物ではありますが、中には囲炉裏もあって、いい風情です。火を焚いている時もあります。かつらをつけて、駕籠に乗ってみては、いかが?

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore