殿島城(とのしまじょう)

殿島城の基本情報

通称・別名

所在地

長野県伊那市東春近(殿島城址公園)

旧国名

信濃国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

殿島(伊那部)重国、武田氏

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板、模擬門

周辺の城

赤須城(長野県駒ヶ根市)[8.9km]
高遠城(長野県伊那市)[9.6km]
福与城(長野県上伊那郡)[10.7km]
市野瀬古城(長野県伊那市)[13.0km]
飯島陣屋(長野県上伊那郡)[14.3km]
上ノ平城(長野県上伊那郡)[14.5km]
藤沢城(長野県伊那市)[18.2km]
船山城(長野県下伊那郡)[21.6km]
福島城(長野県木曽郡)[24.8km]
大島城(長野県下伊那郡)[25.8km]

殿島城の口コミ情報

2020年07月03日 OROKA参議
春日城[殿島城  周辺城郭]



【超お手軽!舌状台地の美堀切!】

春日城は殿島城の西に位置する城で、春日氏の居城です。武田信玄の信濃侵攻の際に落城し、さらに織田氏の甲斐・信濃侵攻の際には城主は高遠城に籠ったが落城討死、それに合わせて春日城も廃城になったとのことです。

アクセスは、とりあえず伊那文化会館を目指しましょう。東に隣接している春日公園の先端が春日城です。公園の北側には駐車場もあります。(この駐車場側の道から見上げると堀切がすでに見えてテンション上がります。)

遺構は、公園です(笑)。
遊具もあって、地元の家族や子ども達がワーワー楽しく遊んでいます。その中に登山靴を履いて進入し、写真を撮りまくる…子ども達の視線という飛び道具で一斉射撃されます。

台地の先端を堀切で切り離すこの地方によくある城の構図で、この堀切がまたズッパシ切れっ切れで見ていて気持ちいいです。主郭はL字の堀切(というか空堀?)で隔離されていて、素晴らしいです。
鬼ごっこをする子どもらをかいくぐり、空堀の底に降りてみたくなるはずです。勇気を出してください、そこには見事なV字が待ってますよ!

駒ヶ根ソースかつ丼を食べた後の、腹ごなしに丁度いいお散歩レベルの城です。興味を持った方は、ぜひぜひ♪

2020年06月25日 OROKA参議
宮田城[殿島城  周辺城郭]



【マニアも納得の遺構あり!】

宮田城は、殿島城の南西に位置する城で宮田氏の居城。宮田氏は鎌倉から続く地元豪族ですが、武田信玄の信濃侵攻に小笠原氏に与して抵抗し、敗れてしまったようです。(城がいつまで存続したかは不明)

高速の中央道を走ってると「宮田観音」という金ピカの観音様が見えるんですが、その裏山が城となります。
一旦高速を降り、宮田霊園を目指して一般道の東側から高速の下を通り抜けます。突き当たりを右に行くと宮田霊園、左に行くと宮田城となります。案内板が設置してあり、車も1台くらい停めれます。宮田霊園に停めて歩いたとしても大した距離ではないです。
ここから20分ほど登ると宮田城にたどり着きます。

郭としては、主郭=ほぼ単郭のシンプルなものになります。高い土塁と虎口、復元された木柵のある良い郭となってます。
…が、この城の魅力は郭ではありません。背後の尾根に沿って、これでもかと堀切が連続していて、しかも1つ1つが深くて明瞭、そのまま竪堀となって落ちて行く素晴らしい仕様です。
これはマニアも納得の遺構でしょう。連続堀切の眺めは、陸上のハードル走を見てるようで(逆に魅力の減る例えか??)、まぁとにかく走り出してしまうことは間違いなしです。

整備も程よくされていて見やすく、ホント未登録城にしておくのが惜しい逸材です。伊那地方に城攻めに来る際にはぜひメインにして欲しいオススメの城です(´▽`)

2020年06月24日 大隅守
春日城[殿島城  周辺城郭]



城跡は春日公園になってます。

2020年06月24日 大隅守
宮田城[殿島城  周辺城郭]



竪堀、堀切、虎口等遺構が良好に残ってます。

2016年12月17日 カーネル
殿島城

飯田線沢渡駅から北に歩き、国道153号に合流して北上を続けます

沢渡交差点で右に曲がると、歩行者専用道路で天竜川を越えれます。このまま西進を続けて、中殿島交差点を越えてすぐに道の右斜面に『殿島城趾公園300m』の看板がありますが、その脇から山に入る細い道があるのでこれを登るとショートカットできます

平坦地にでて、南に進むと北側の二重堀にでて、堀の底を登ると公園入り口に着きます

本丸は土塁に囲まれて、その外側を堀がめぐっています
本丸の案内図では本丸の南側に石垣のようなマークがあるのでいってみましたが、ただの斜面でした

帰りは北側の堀から、観音様を辿ると麓の護国寺出られました

駅から堀まで30分。見学が30分で合計1時間半でした

2012年02月17日 赤いRVR右京大夫@松本
殿島城

県道竜東線中殿島交差点を東に行くと、看板があるのでわかります。城跡に隣接して駐車場もありますが、周囲は住宅地ですので、注意です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore