諏訪氏城館(すわしじょうかん)

諏訪氏城館の基本情報

通称・別名

諏訪氏城[上原城・桑原城(高鳥屋城、水晶城)]

所在地

長野県茅野市ちの上原他(地図は上原城を示す)

旧国名

信濃国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

諏訪氏[すべて]

築城年

室町時代[上原城]、不明[桑原城]

主な改修者

板垣信方[上原城]

主な城主

諏訪氏[すべて]、板垣信方(武田氏家臣)、長坂虎房(武田氏家臣)[上原城]

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)[すべて]、石垣[上原城]

指定文化財

県史跡(諏訪氏城跡)

再建造物

石碑[すべて]、説明板[すべて]

周辺の城

高島城(長野県諏訪市)[4.7km]
有賀城(長野県諏訪市)[6.2km]
朝倉山城(長野県茅野市)[6.7km]
花岡城(長野県岡谷市)[10.0km]
藤沢城(長野県伊那市)[10.3km]

諏訪氏城館の解説文

諏訪氏城館は代々、諏訪大社の大祝を務めてきた一族である諏訪氏が信濃国諏訪郡に築いた城館(上原城・桑原城)の総称。これら城館をまとめて諏訪氏城館として長野県史跡に指定されている。

原城
金毘羅山の山頂及び中腹に築かれた居館からなる諏訪家の本拠。

文正元年(1466)頃、諏訪信満が築城し、5代70余年にわたり諏訪地方を統治したと考えられている。

天文11年(1542)に諏訪頼重が武田信玄に滅ぼされると、同地は武田氏の領国化となり、板垣信方らが入り上原城は武田家の信濃支配の拠点のひとつとなる。天正10年(1582)の織田氏によって武田氏が滅ぼされると廃城となった。

原城
信濃国諏訪郡(長野県諏訪市四賀桑原)にあった山城。高鳥屋城(たかとやじょう)、水晶城などとも呼ばれる。

築城年は不明。前述の上原城の支城として諏訪氏家臣の桑原氏が居していたと考えられている。

天文11年(1542)、武田信玄が諏訪に侵攻し、諏訪頼重の本拠である上原城を攻撃した。頼重は上原城を持ちこたえられず桑原城に逃れた。しかし、武田軍の勢いの前に多くの士卒が離脱し抵抗が困難となったため、武田軍の軍門に降った。頼重は弟・頼高らとともに甲斐に移され、後に東光寺で自刃させられた。その後、上原城・桑原城ともに武田氏の支配下となるが、桑原城はほどなくして廃城となったと考えられている。

現在、標高981mの山頂を中心に、曲輪・土塁・空堀などの遺構が残っている。また、城跡から諏訪湖を一望することができる。

諏訪氏城館の口コミ情報

日向美濃守長門様[2017年08月21日]
セットでの見学をお勧めします。
【上原城跡】
車で三の郭近くまで行く事が出来ますが道幅が狭くなる箇所がありますので注意して下さい。
物見岩や竪堀、堀切等、見所満載です。
【桑原城跡】
山頂近くまで車で行く事は可能ですが普通車や街乗り4駆では無理です。
LOWレンジ装備の4駆なら楽勝です。
先人様が掲載されましたが急勾配です。
登れたとしても下りが危険です。最大斜度が12、13度程ありました。
主郭、二の郭からの眺望は素晴らしいです。
堀切も見応えがあります。

青コアラ丹波守様[2017年05月09日]
【桑原城】
R20号の四賀交差点を山側に入り、少し登ると右側に城への登り口があります。そこに説明板があり、車も数台止められます。
車でさらに上まで行くことも可能ですが、道がボコボコかつ急勾配な為、お勧めは出来ません。(歩いても15分程度です)
ジムニー的な車なら楽勝でしょう。
林道終点にも駐車場があります。
主郭・副郭は草が刈られていて眺望もよく、雰囲気のいい所でした。

カーネル様[2015年11月27日]
中央線の上諏訪駅から高島城を見学。その後、国道20号を南下。歩道が狭いところがあるのでご注意

信号「四賀普門寺」で左折して、桑原城の山すそを歩いていると、山頂の北西のあたりに標識はないけど山の中に入っていく踏み跡があるので、ここを登っていくと、桑原城への標識があり、そのまま登ると鉄塔にでます
ここまでは鉄塔の整備道だったのか歩きやすかったのが、ここから上は道が明瞭でなくなります。そのまま尾根を登り頂上を目指すと二の丸下の曲輪にでます。本丸を経て反対側に下ると立派な道があり桑原口に降りれます

登山口から南下して一里塚の石碑を過ぎると、上原城の看板が出始めるので、それに従って進むと麓の城館跡にでます
ここから車道で上原城まで登れますが、登山道もあるのでこちらから登りました。途中にある大岩が見どころかも
登り詰めると青麻神社にでて、城の石碑もあります。東へ行くと空掘りを経て車道に出れます。が登山道で帰りました

上諏訪駅から高島城・桑原城・上原城を経由して茅野駅まで歩きました。全部で4時間30分くらい

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

速水右近衛大将右近様[2012年12月24日]
景色の良い雪道をスタッドレスタイヤで20分で登れるが、途中ガードレールの無い所はかなり危険。

三日陸奥守落人様[2012年06月07日]
写真にある看板の場所までで行くことができ、2台分程度のスペースもあります。
見所は、登りはじめてすぐ目に留まる二重の竪堀と大堀切、それに古代の石座(イワクラ)の名残を留めるような巨石「物見岩」でしょうか。
諏訪氏の本拠だったにしてはやや手狭な印象ですが、眺望は素晴らしいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore