鳥屋城(とやじょう)

鳥屋城の基本情報

通称・別名

外屋城、外山城、石垣城

所在地

和歌山県有田郡有田川町中井原

旧国名

紀伊国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

湯浅宗基

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

湯浅氏、畠山氏、神保氏

廃城年

天正13年(1585)

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(鳥屋城址)

再建造物

周辺の城

岩室城(和歌山県有田市)[7.9km]
湯浅城(和歌山県有田郡)[7.9km]
大野城(和歌山県海南市)[9.3km]
寺中城(和歌山県海草郡)[12.1km]
日方城(和歌山県海南市)[12.5km]
清水城(和歌山県有田郡)[14.7km]
田尻城(和歌山県日高郡)[16.0km]
雑賀城(和歌山県和歌山市)[17.0km]
弥勒寺山城(和歌山県和歌山市)[17.7km]
小坊子城(和歌山県日高郡)[18.1km]

鳥屋城の解説文

鳥屋城(とやじょう)は、和歌山県有田郡有田川町中井原にある山城。

歴史
築城年代、築城者は定かではない。

永和5年(1379)に文献に記される南朝方の石垣城が、鳥屋城を指すと考えられる。紀伊守護の山名義理により攻め落とされたという。

石垣城は紀伊守護の畠山氏の拠点のひとつになった城で、天正13年(1585)の羽柴秀吉の書状にその名が確認できる。秀吉軍は湯川氏が籠る湯川館を攻めた後、畠山氏の鳥屋城を接収。これにより、烏屋城は廃城になったと考えられている。

遺構
西側に有田川を見下ろす、標高304mの鳥屋山山頂に築かれている。

山頂を中心とした東側の曲輪群と、鞍部を挟んで南西尾根先に展開する西側の曲輪群とで構成される。細く急峻な山の地形を利用した城だ。

東側の曲輪群は、尾根上に曲輪が並ぶ。東端の曲輪がもっとも広く、端部には土塁がある。斜面には、土留めや遮断線として構築されたと思われる石垣が散見される。高さ約2mの石垣もあるが、ほとんど崩落している。

西側の曲輪群は東側の曲輪群とは様相が異なり、東側曲輪群のような直線的な曲輪配置ではない。土塁が多用されているのも印象的だ。

西側の曲輪群の、中央にある曲輪が主郭と思われる。その西側の曲輪には南北斜面に高さ2mの石垣があり、そこから西側に下がったところには、虎口に対応するような土塁が設けられるなど、戦国時代の改変を思わせる複雑さがある。城域の西端は幅約4m、深さ約1mの堀切で分断されている。

交通
阪和自動車道有田ICから車で約20分

参考文献
『図解 近畿の城Ⅱ』戎光祥出版、2015年。

文:萩原さちこ

鳥屋城の口コミ情報

2019年05月21日 
鳥屋城

父の実家のご先祖様は、この鳥屋城から昇る狼煙を見張ってる家柄だったらしい。伯父さんで15代目です。

2013年09月01日 北川幸人
鳥屋城

有田川町立金屋中学校の裏の水道施設のそばから、遊歩道が整備されています。麓の城山公園に社や説明板があります。山頂主郭部まで約800mです。所々の視界が開けた地点から町並や有田川が見えます。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore