有賀城(あるがじょう)

有賀城の基本情報

通称・別名

天狗山城

所在地

長野県諏訪市豊田有賀

旧国名

信濃国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

有賀次郎

築城年

承久年間(1219〜1222)

主な改修者

主な城主

有賀氏、原虎胤(武田氏家臣)、千野氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)、竪堀

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

高島城(長野県諏訪市)[3.8km]
花岡城(長野県岡谷市)[4.8km]
諏訪氏城館(長野県茅野市)[6.2km]
藤沢城(長野県伊那市)[10.1km]
上ノ平城(長野県上伊那郡)[11.9km]
朝倉山城(長野県茅野市)[12.1km]
福与城(長野県上伊那郡)[15.3km]
埴原城(長野県松本市)[20.0km]
高遠城(長野県伊那市)[20.5km]
武居城(長野県東筑摩郡)[21.1km]

有賀城の解説文

有賀峠の登り口、江音寺の裏山にあり、古くから諏訪と上伊那を結ぶ重要路に位置する。14世紀ごろに形成されたと考えられ、諏訪上社大祝一族の有賀氏が代々居城とした。

戦国時代、天文17年(1548)に、有賀氏は西方衆として武田氏に反乱したため追放され、その後有賀郷が千野靱負尉に与えられているため、このとき千野氏は有賀城に本拠を移したと考えられる。

江音寺の南には、丹波屋敷、殿小路の地名があり、有賀氏時代以来の居館と考えられる。

主郭の標高は925mで、高い土塁をつくり大きな横堀があることが特徴であり、武田氏の手が加わっていると考えられている。

主郭から続く北側の尾根には郭が数段設けられ、横堀・竪堀を配した堅固なつくりである。

諏訪市内の中では保存状態がよい山城のひとつである。

情報提供:諏訪市教育委員会

有賀城の口コミ情報

2019年12月15日 内記かずりヾ(・ε・。)
有賀城



有賀城の登城口は写真のとおりです。

江音寺の墓地にありますが、墓地は見通しが良いのですぐに冠木門は見つかると思います。ちなみにもうひとつの登城路もこのお寺にあります。

お城は尾根を利用してほぼV字に作られており、その谷間を登って行く感じになります。谷間の先を見ていると思わず「あそこまで行くんですか〜?」とか呟いてしまいますが、途中で「右に行って下さい。」という看板がありますので安心して下さい!履いてます。

お城は間伐されていて素晴らしい整備具合です。登城路からぶった切られた尾根の稜線が見え、「あそこに連れてってくれるのね〜」等と独り言も冴えまくりです。お城はコンパクトで遺構も集中していますので1時間もあれば廻れます。縄張図にある遺構は浅くなったり消失気味のものもありますが、特筆すべきところとしてほぼ全ての遺構は労せずして確認出来る稀有な山城だと思います。苦労対効果が非常に高く遺構の残存率も優れているので、山城に普段行かない方にはその入口になるかもしれません。

ちなみに江音寺の御供え物を狙って山猿が現れるらしいですが、山猿なら何とか勝負出来ると思いますので大丈夫だと思います。

2019年05月04日 龍馬太閤【備中の麒麟】
有賀城



(左)副郭(右)櫓台?(奥)主郭☆横堀の中より☆3つの盛土上より攻撃を仕掛る☆攻守共に重要拠点☆

2019年05月04日 龍馬太閤【備中の麒麟】
有賀城



主郭背後の大堀切☆諏訪湖の南西岸の高台に築城☆江音寺の背後の尾根先端附近を縄張りとする☆諏訪氏の一族の有賀氏が築き代々居城とする☆

2019年05月04日 龍馬太閤【備中の麒麟】
有賀城



主郭を守る大土塁☆背後は大堀切☆堀底から大土塁上までは10mは超える☆土木量が凄い♪

2016年12月17日 カーネル
有賀城

中央線岡谷駅から
直線距離で5.5km。遠いなぁと思いながら歩き出すと岡谷駅の駐輪場でレンタサイクルをやっているので借りました
500円/日です。麓の江音寺を目指してサイクリング。諏訪湖の湖畔なので、高低差はなく、景色もよく40分ほどで江音寺着(しかし湖畔からお寺への坂は、ほとんど押して歩いた)

お寺の真南にあたる、背後の墓地の奥には冠木門があり、そこから登れます。門の手前には案内板もあります

ゆっくり10分くらい登ると本丸で、眺めがよいです。背後の副郭から北に階段状の連続した曲輪が見事です。第五曲輪までは看板があり、まだ下に下れそうなので下ると、江音寺の西に降りれます

帰りに花岡城に寄りました。少年達がサバゲーしてました。諏訪湖を眺めたりで、岡谷駅から往復して3時間半

楽しかったです

2010年09月13日 あと2城副将軍マイリバ
有賀城

江音寺の背後が城跡です
墓地の東側と西側に登り口がありますが、オススメは西側(解説板と冠木門があるため、モチベーションが上がります)
下草が刈られた斜面を登ること10分弱で虎口や高さ約5mの土塁が残る主郭へ到着
主郭直下の竪堀&横堀が形成する防御ラインは見応えがあります
二の曲輪から五の曲輪まで堪能しながら、ちょっと急な斜面を降りれば、千野家家老墓地がありますので、合掌して城攻めの無事を感謝しましょう(^人^)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore