苗木城(なえぎじょう)

苗木城の基本情報

通称・別名

霞ヶ城、赤壁城

所在地

岐阜県中津川市高森山

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

遠山直廉

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

遠山氏、森氏、川尻氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)、井戸

指定文化財

国史跡(苗木城跡)

再建造物

天守建物(柱組)、石碑、説明板

周辺の城

久須見城(岐阜県恵那市)[11.8km]
妻籠城(長野県木曽郡)[12.8km]
岩村城(岐阜県恵那市)[17.3km]
駒場城(長野県下伊那郡)[24.0km]
鶴ヶ城(岐阜県瑞浪市)[24.0km]

苗木城の解説文

苗木城(なえぎじょう)は、岐阜県中津川市にあった日本の城。別名は霞ケ城。苗木藩の藩庁が置かれた。国の史跡に指定されている。

築城背景
鎌倉時代初期に岩村城を本拠地として恵那郡を統治した地頭遠山氏の初代遠山景朝には子が無く弟の遠山景村が遠山氏の二代目となる。
仁治2年(1242年)景村は木曽川北部の所領確立のため、木曽川左岸の西山戸から右岸の那木津戸に進出。那木津戸が当時、那木(苗木)と呼ばれた所で、遠山氏による木曽川北部進出の始まりとなった。
元弘年間(1331~1334年)遠山一雲入道、遠山景長親子が、高森山(現在の中津川市苗木町)に砦を築く。
元弘~建武年間(1334~1336)の頃、遠山景利が恵那郡福岡村植苗木に広恵寺城を築き宗良親王を迎える。
文明5年(1473年)10月、小笠原家長と木曾家豊が伊那谷と木曽谷から東濃に侵攻する。
大永4年(1524年)3月、小笠原定基の家臣高柴景長が神明神社(苗木字日比野)の造営を行なう。
大永6年(1526年)に遠山一雲入道昌利が植苗木から高森山に館を移す。
天文3年(1534年)、松尾小笠原氏の本拠松尾城が陥落、小笠原定基が甲斐の武田氏のもとに逃れる。
天文11年(1542年)11月、遠山景安が笠木社に梵鐘を寄進する。

武田氏、織田氏、森氏の苗木城攻め
天文年間(1532年~1555年)に遠山正廉が高森に苗木城を築く。
天文24年(1555年)、木曾氏が甲斐の武田氏に降る。
永禄3年(1560年)5月、苗木勘太郎(直廉同一人物説有り)が桶狭間の戦いに出陣する。
永禄8年(1565年)苗木勘太郎の娘(織田信長の養女)が武田勝頼(武田信玄二男)に嫁ぐ。
永禄12年(1569年)6月18日雲岳宗興大禅定門(遠山正廉)死去(高野山過去帳)。
同年6月遠山直廉、広恵寺に禁制を下す。
元亀3年(1572年)5月18日雲嶽宗高大禅定門(遠山直廉)死去(雲林寺過去帳)。武田氏からの指示により飛騨国益田郡竹原へ侵攻し三木氏と戦い大威徳寺を焼くが、その時の矢傷が元で後に死去したとされる。信長の命令で遠山左近の死去により飯羽間遠山氏の遠山友勝が苗木遠山氏を相続する。...

苗木城の口コミ情報

織田左兵衛督晃司1202晴天様[2017年09月26日]
駐車場は竹門跡の手前(小)と苗木遠山史料館(大)があります。

三の丸にある大矢倉の石垣が苗木城の象徴。
隠れた象徴として帯郭
そして金沢城にもひけ劣らない石垣の種類が存在。
岩盤と石垣のコラボ。
展望台からの景色。
リア攻めすべき城です。

苗木の建物は赤壁(土塀)だったそうです。

苗木遠山史料館に行っても遠山の金さんにまつわる史料は無いと思います(笑)

第1空挺団様[2017年07月23日]
中津川駅から1番(赤色)乗車口のバスです。

正直、駅員に聞いたら突き放すような言い方で「向こうで聞いて」と言われるし、観光センターみたいなところで聞いたら「あのバス」って指さしして終わり。

中津川のサービス精神の無さを痛感した不愉快な観光になりそうなので、お城には行かず、後日に行くことにしました。

和泉守yukinezumi様[2017年05月14日]
関西から1泊2日で行きました。中津川インターから車で10分程で着きます。午前中はまだ人も少なくゆっくり見て回ることができました。城郭入口付近に10台程度の駐車場がありますが天気の良い土日はすぐに満車になります。苗木遠山資料館前にはかなり広い駐車場がありました。
天然の巨岩を利用した城郭はかなり見応えがあります。山頂の天守展望台からの眺めも良く360度のパノラマが見れ最高でした。お弁当持参で行き、展望台付近で景色を眺めながら食べるのも良いと思います。
とても綺麗に整備されていて、数カ所設置されたポストの様なものの中に城郭のパンフレットが入っています。また城郭入口付近に水洗の綺麗なトイレもあります。
機会があればまた行きたいお城です。
苗木城跡から車で5分程の所に満天星一休という和菓子屋さんがあり栗おこわセットがあります。ランチに頂きましたが栗がたくさん入っていて美味しかったです。他にも中津川産の栗を使った和菓子がたくさんありました。

太閤勘解由長官傾奇紋次郎様[2017年05月13日]
城めぐらーさんから勧められ苗木城と岩村城を同日登城しました。また違った雰囲気で両方感動しました!苗木城へ行かれた時は岩村城も是非回った方が良いかと!

猫多駿河守ただかちゅ様[2017年05月06日]
本当に素晴らしい。
自然石と石垣 景色も最高。

しもじま様[2017年04月03日]
二の丸的場跡、先月工事が終わりました。
組み直された石垣が一段新しいけど、持ち込みでしょうか?

ООトマシ様[2014年05月31日]
車を史料館Pに止め、歩くこと数分でその上部にも駐車場があることが判明
しかし、帰りに遠山史料館裏手に通じる道を下りるのも趣向なのでこれはこれでありかなと
城郭そのものに巨石を包括したようなたたずまい、多彩な積みかたの石垣、苗木という名前も素敵ですが、かなりテンションの上がる城跡です
史料館、青邨記念館、少し足を伸ばして、熊谷守一記念館もオススメです
暑い日でしたが、本丸跡を吹き行く風はさわやかでした

コロ助様[2014年05月23日]
中津川駅前の1番バス乗り場から、1時間に1本程バスが出ています。苗木バス停(駅から13分,\390)から徒歩25分程で苗木遠山資料館に到着します。

資料館の方の「今日はお天気が良いから景色が良いですよ」の言葉に期待を膨らませて登ったのですが、期待以上でした。特に、物見から眺める木曽川がキラキラして素敵でした。
馬洗岩や清水門跡の巨石は口があんぐりしてしまいました。「マムシに注意」の看板近くに本当にヘビがいました。ご注意を。

イソ弾正大弼ナミ様[2014年01月10日]
中津川駅からレンタルサイクルがありますが、苗木城まで30分以上かかりました。
ダイソーという楽器店でヤマハの電動自転車を借りられます。3時間500円。

かなりの坂道で電動でアシストされるも人力だのみ(^^;
しかし、頑張ったかいがあったと思える絶景が見渡せます。

大膳大夫あさよし様[2013年10月13日]
いい場所にありました。資料館から上がって48曲がり道からおりましたが、大手門跡地は確認出来ませんでした。恐らくありそうなところは電流入り鉄線が張られていて(動物除け)侵入はためらわれました。あと、そのあと市道で資料館まで帰ろうとするとかなり歩かないといけません。オススメできません。

三沢出羽守伊兵衛様[2013年03月14日]
素晴らしい‼
自然の岩も利用した巧みな造り、大矢倉などの石垣、天守からの絶景。
100名城に選ばれてないことに怒りさえ覚えます。みなさん、ぜひ足をお運びください。

常陸入道ねんさい和泉守様[2012年08月31日]
車で行くと楽に行けるが、それ以外だと大変。バスだとバス停から歩くし、歩いて行くには少し遠い。中津川駅前で自転車を借りるもそれでも大変だった。城の東の玉蔵大橋からは北恵那鉄道の廃線跡の橋梁越しに城跡が望める。城のふもとに大手門跡があり四十八曲がりの道と石垣がある。城跡のポストに見取り図がある。

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年06月09日]
苗木城からの眺めもさることながら奥恵那渓谷も見事です。(城山大橋)
個人的に栗きんとんより川上屋の『ささめささ栗』が好きです。

桑名式部大輔はまぐり〜様[2012年04月01日]
岩山に張り付いた城です。よくあんな岩の上に建物を建てたものです・・・スゴイ!

三河守コーキしゃん様[2011年03月23日]
眺めの良さはいままで行ったお城で一番でした自然の岩を上手く利用していて見応えのある構造です

tomm加賀守様[2010年11月25日]
2010年11月7日に訪城した際には国道257号線の城山大橋はもう無料になってました

なぜ100名城に選定されなかったのか不思議なぐらい素晴らしい城跡ですよ

あ、中津川は「栗きんとん」発祥の地です

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore