小里城(おりじょう)

小里城の基本情報

通称・別名

小里城山城

所在地

岐阜県瑞浪市稲津町小里城山

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

小里光忠

築城年

天文3年(1534)

主な改修者

小里光明

主な城主

小里氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

県史跡(小里城山城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

鶴ヶ城(岐阜県瑞浪市)[6.4km]
妻木城(岐阜県土岐市)[9.3km]
明知城(岐阜県恵那市)[10.7km]
多治見国長邸(岐阜県多治見市)[14.0km]
岩村城(岐阜県恵那市)[15.5km]

小里城の解説文

小里城(おりじょう)は、岐阜県瑞浪市にかつて存在した日本の城(山城)。

沿革
小里光忠が天文3年(1534年)に小里川南岸の城山に築いた。それ以前は付近の興徳寺の西に小里新城があり、土岐氏や小里氏の居城だったとされる。小里氏は土岐元頼ないしその子の頼連から始まったとされ、元頼の戦死後は諸国を放浪したが、越前国の朝倉氏の後援を得て土岐、恵那両郡の旧領・約3,600石余を取戻した。ただし、築城者の光忠が土岐氏の系譜を引くかは不明とされる。

光忠は織田信長に従ったが元亀3年(1572年)の武田家の岩村城攻めに伴う上村合戦に敗れた。光忠の子・光明は、天正2年(1574年)に小里城に在城しており、織田信長は岩村城を攻める拠点として鶴ヶ城 (美濃国)に河尻秀隆、小里城に池田恒興を御番手として入れ、改修を行なった。なお翌年岩村城が落城するとこの工事は中止された。

天正11年(1583年)、小里光明は織田信孝に仕えたが、賤ヶ岳の戦いにより豊臣秀吉に敗れて信孝が自害した後は、森長可に攻められて小里城を離れ、和田姓を名乗って徳川家康に仕えた。

その後、関ヶ原の戦いの功によって光明の子・光親は慶長5年(1600年)に土岐、恵那郡の旧領を再び与えられ、小里城に帰還し陣屋を構えた。しかし光親の子・光重は嗣子がないまま元和9年(1623年)に亡くなったため、小里氏は断絶した。

遺構
現在は県指定の史跡で、城跡は、山頂部の「本丸曲輪跡」と北西山麓の「御殿場跡」と呼ばれる居館跡、及びその東側の尾根上の「東砦跡」からなる。本丸曲輪跡の指定面積は3,990平方メートル、御殿場跡及び東砦の一部の指定面積は23,013平方メートルである。

本丸曲輪跡には、不等辺六角形で半地下構造の「天守台」があって三段に石垣が組まれ、築城用の割石が散在している。他に「升形」と呼称される石組み遺構・石垣を使用した「曲輪」跡が存在する。

御殿場跡は、少なくとも十六世紀後葉には造成され、十七世紀初頭には、大型の礎石建物(旗本小里氏の陣屋にあたる)が建てられ、十七世紀前葉に廃絶したことが判明している。大手門跡、御殿跡、井戸跡、石垣などがある。また、一の木戸、石垣、井戸などの残る一帯が小里氏の陣屋だったとされる。

評価
小里城の遺構は、史料にみえる小里氏や小里城の経緯とおおよそ照応でき、また、近世初頭の城館(陣屋)遺構が良好に残存していることなど、小里氏の実像解明や江戸時代初頭の旗本陣屋を考究する上でも、重要な遺跡であると高く評価できる。
...

小里城の口コミ情報

ひとりもんの副将軍様[2016年04月10日]
登城口前に駐車場ありました。
登城口から少し入ると城主館跡がありパンフレット置いてありました。
よく整備された大手道を500m上がると本丸跡で、そこにもパンフレット等ありました。

青コアラ美濃守様[2013年06月24日]
登城口向かいの駐車場は入口に段差があるので、車高短は要注意。

(・∀・)ノ治部少輔黒蜜成様[2012年09月23日]
駐車場は登城口前の道路反対側にあります

三河守コーキしゃん様[2012年09月22日]
県道20号線「下川折」の信号を西へ300m程進むと、左手に登城口があります。

登城口付近には駐車スペースが無いので、橋を渡った500m程先の左手の空間に停めました。

主郭部には、安土城の様に多角形の天守台があり、矢穴痕の残る割石等が散在していて、普請を中断した跡がよく分かります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore