鶴ヶ城(つるがじょう)

鶴ヶ城の基本情報

通称・別名

鶴ケ城、国府城、土岐城、神箆城、高野城

所在地

岐阜県瑞浪市土岐町鶴城中町

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

土岐氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

土岐氏、織田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀、井戸

指定文化財

県史跡(鶴ケ城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

小里城(岐阜県瑞浪市)[6.4km]
妻木城(岐阜県土岐市)[12.7km]
久須見城(岐阜県恵那市)[12.8km]
多治見国長邸(岐阜県多治見市)[14.0km]
明知城(岐阜県恵那市)[15.0km]

鶴ヶ城の解説文

鶴ヶ城(つるがじょう)は、美濃国(現・岐阜県瑞浪市土岐町鶴城)にあった日本の城。別名は神篦城、国府城、高野城

概要
鎌倉時代
鎌倉時代初期に、源頼朝に仕えて功を挙げた土岐光衡によって築城されたと伝わる。 光衡は、麓の一日市場館(瑞浪市土岐町)を本拠として「土岐」を号したとされ、土岐氏発祥の地と云われている。

承久3年(1221年)の「承久の乱」では、光衡の子・土岐光行(土岐左衛門尉)は幕府方、土岐光時(土岐判官代)は上皇方についたと考えられる。 光行の孫・土岐頼貞の代でも一日市場館を本拠としており、元亨4年9月(1324年)の「正中の変」の直前には、日野資朝が土岐館(一日市場館)に訪れた。

建武の新政後
建武の新政の後、土岐頼貞は美濃守護となり本拠地を長森城に移し、更に孫の頼康が川手城に移している。 土岐氏が川手城に去った後は庶流の延友氏が入った。

戦国時代
天正2年(1575年)正月6日には織田信長が明知城救援のため鶴ヶ城に入った。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、廃城となったとされる。

遺構
城は山城で、遺構として曲輪、土塁、堀切が残されている。

歴代城主
土岐氏とその一族
土岐光衡:土岐氏の祖。源頼朝に仕えた。
土岐光行:光衡の子。...

鶴ヶ城の口コミ情報

えこー様[2017年09月10日]
入口前に駐車場所は無いので、中央自動車道ガード下をくぐって、すぐ右側にある諏訪神社に駐車しました。
出丸を見てまわっても、15分もあれば本丸まで登れます。

三河守コーキしゃん様[2012年09月20日]
県道352号線の「鶴城」信号から、中央自動車道のガードをくぐります。
すぐに左に曲がり、その先に石碑があるのでそこから登ります。
大して高い山ではないので、簡単に登る事ができます。

鶴が翼を広げたような縄張りで、本丸の左右に西出丸、東出丸あり、その中央に葵の井戸があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore