多治見国長邸(たじみくにながてい)

多治見国長邸の基本情報

通称・別名

多治見城

所在地

岐阜県多治見市新町2

旧国名

美濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

多治見国長

築城年

鎌倉時代後期

主な改修者

主な城主

多治見氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

県史跡(多治見国長邸跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

根本城(岐阜県多治見市)[5.7km]
妻木城(岐阜県土岐市)[7.4km]
久々利城(岐阜県可児市)[8.2km]
入尾城(愛知県瀬戸市)[10.1km]
明智長山城(岐阜県可児市)[10.7km]
大草城(愛知県小牧市)[13.5km]
小里城(岐阜県瑞浪市)[14.0km]
鶴ヶ城(岐阜県瑞浪市)[14.0km]
金山城(岐阜県可児市)[14.1km]
新居城(愛知県尾張旭市)[15.6km]

多治見国長邸の口コミ情報

2020年02月19日 小野近江守湖青
池田城[多治見国長邸  周辺城郭]



美濃池田氏に関連する城跡と伝わり、稲荷社には歴代城主のものとされる墓があるにも関わらず、築城時期・築城主など、詳細は不明という不思議なお城です。

美濃池田氏は源頼光の末裔を称し、源頼政の弟・泰政が美濃国池田郡池田荘(西濃のほう)を領して池田氏を称したことが始まりとされています。え、蝶紋なのに源氏?と訝しんだら、あの池田家の蝶は織田信長から賜った紋なので問題無いそうです。話が脱線しましたが、池田城は池田恒興に関連する城とも伝わり、城跡(稲荷社)に隣接する不動社には小牧・長久手の戦いで戦死した池田恒興・元助父子の墓と伝えられる墓標が建ち、案内板まで整備されています。また一説には、詳細は不明ながら恒興の次男である池田輝政が豊臣秀吉から与えられた城という説、池田氏発祥の地という説などがあります。

稲荷神社の境内一帯が城域とされ、神社本殿の南側下段に東西60m、南北40m程度の平削地が広がり、南端、東端は切岸状の斜面となって麓の土岐川、辛沢川に至ります。
また、本殿の北側には櫓台と思われる高まりや帯曲輪様の削平地など城郭的要素が境内一帯に見られ、その更に北側の上部は切岸様、その下は断崖となっていますが、全体としてそれが遺構であるかは判然としていません。

2019年02月18日 みっちぃ雅楽允
多治見国長邸

商店街の一角にある感じ。そのため駐車場が無く苦労しました。遺構はないです。

2018年08月05日 青コアラ美濃守
多治見国長邸

多治見市役所北側の道を西へ5~6分歩くと、銀座商店街と交差します。その一角に小さな公園があり、そこに石碑があります。遺構はありません。

2017年11月13日 ライ
多治見国長邸

商店街の中にある感じ。
駐車場はありませんが、真裏に大垣共立銀行があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore