妻木城(つまぎじょう)

妻木城の基本情報

通称・別名

所在地

岐阜県土岐市妻木町字本城

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

土岐頼重

築城年

延元4年〔南朝〕/暦応2年〔北朝〕(1339)

主な改修者

主な城主

土岐氏、妻木氏

廃城年

万治元年(1658)

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切、井戸跡

指定文化財

県史跡(妻木城跡、妻木城土屋敷跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

多治見国長邸(岐阜県多治見市)[7.4km]
小里城(岐阜県瑞浪市)[9.3km]
市場城(愛知県豊田市)[11.7km]
鶴ヶ城(岐阜県瑞浪市)[12.7km]
入尾城(愛知県瀬戸市)[13.0km]
根本城(岐阜県多治見市)[13.1km]
久々利城(岐阜県可児市)[14.5km]
広見城(愛知県豊田市)[15.0km]
新居城(愛知県尾張旭市)[17.2km]
明智長山城(岐阜県可児市)[17.5km]

妻木城の解説文

妻木城(つまぎじょう)は、現在の岐阜県土岐市に存在した日本の城(山城)である。

概要
土岐市南部の標高409mの山頂に築かれた山城。妻木城は明智氏の所領であったが、後には明智氏一族である妻木氏の居城となって、次第に整備されていった。また妻木城主は代々と陶器の生産を奨励し、織部焼、志野焼などに代表される現在の美濃焼の基礎を作った領主として知られている。

歴史・沿革
南北朝時代
暦応2年/延元4年(1339年)土岐頼貞の孫である土岐頼重が家来を育てるために築城したかもしれない。土岐氏が衰退してからは明智氏の所領になり、明智氏一族である妻木氏の居城となった。

戦国時代
天正10年(1582年)本能寺の変の後に起きた山崎の戦いの際には当時の城主である妻木広忠(第12代目の城主)は明智軍に属したが、敗北したため自刃した。明智光秀の正室である妻木煕子は妻木広忠の娘である。その後妻木頼忠が跡を継いだ。その頃森長可が土岐郡、恵那郡内の反抗する勢力の掃討をし、長可は手始めに高山城主平井頼母に使者を送り、城を明け渡すように要求したが、これに応じなかったため自刃に追いこみ、その後肥田氏を入城させた。次に妻木城主・妻木頼忠にも、従うよう使者を送ったが、頼忠は拒否したので攻めさせた。頼忠は城の兵を集めて奮戦したが、勝てる見込みがなかったので和議にもちこみ、長可に従うようになった。遠山氏らと共に金山城を排除を画策した事が原因であるといわれている。

天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いの際に頼忠は森長可の家臣だったため豊臣秀吉側についた。愛知県春日井市と岐阜県多治見市の境にある内津峠に布陣した。その際に麓にあった町は焼失したという。

慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いの際には徳川家康側につき、頼忠はこの地域を守るよう命じられ、父である妻木貞徳と共に岩村城主の田丸直昌と戦った。田丸直昌の家臣である田丸主水は妻木城から近い所に砦を築き、諸将の行動を封じ鎮圧しようと試みたが、頼忠は岩崎城主である丹羽氏次らを誘って田丸領の各所に放火して対抗し、高山城の城攻めを図ったが、田丸軍は高山城に火を放ち土岐砦へ退却して立て籠もった。頼忠は田丸軍の退路を完全に遮断するため現在の瑞浪市寺河戸町付近に砦を築いた。このほか、田丸領内である明知城小里城岩村城の支城となっていたので城番が居城していたが、城主である遠山利景、小里光親は頼忠らの支援を受けて、まず明知城小里城の攻撃を始めてその日に明知城を、翌日に小里城を奪回することに成功し、遠山利景、小里光親は城に戻ることができた。その後、岩村城を攻めようとしたが、攻略難落の城なので苦戦していたが、しばらくすると関ヶ原の戦いが終わり、東軍の勝利によって城主田丸直昌も東軍に降り、岩村城を守備していた田丸主水も遠山利景に城を明け渡した。

その戦功により慶長6年(1601年)に頼忠は徳川家康から改めてこの地域を所領として与えられた。その頃にはこの城はほとんど使用されず、妻木氏は山麓にある居館にいた。

江戸時代
敵からの攻撃を防ぐため城を攻めにくい山の上に設けていましたが全国が統一されると、妻木頼忠は山の上での生活が不便だったので、山麓の北に屋敷を築きそこに住み始めた。元和年間(1615年-1624年)頃にはこの城の機能は終えて、山麓にある妻木城士屋敷が主に機能するようになった。その後頼忠の子の妻木頼利、次いで頼利の子の妻木頼次が跡を継いだ。土岐郡内7500石の領主だったが、跡継ぎがいなかったので万治元年(1658年)に頼次が死去すると、妻木氏は3代で廃絶した。その後、頼次の弟の妻木幸広が妻木上郷500石にて妻木家を再興し、明治維新に至る。
...

妻木城の口コミ情報

2020年10月26日 下総守里見家子孫
妻木城



御城印は妻木しろやま観光案内所で販売しているようですが、南口駐車場に着いたのが16時。本丸まで急いで攻め登った後、妻木公民館へ向かったが、日曜日だからか17時前でも誰もいませんでした。
御城印は崇禅寺でも購入できるそうです。

2020年10月18日 主税頭与助
妻木城



妻木城は立地も地質もとても面白い。三の曲輪から北面は広々と城下を見下ろせ、遙か彼方には冠雪した御嶽山を望みました。花崗岩の節理が生んだゴロゴロ岩も豪快です。

2020年09月23日 大納言織田晃司
妻木城

南口駐車場から曲輪Ⅰ(本丸)まで約10分で行けますが、当然ながら遺構を見ながら大回りしたので時間がかかりました。
妻木城でも御嶽山を見る事ができます。

山頂の遺構を見た後車で移動して妻木城士屋敷跡へ。

南口駐車場までの道はどちらかと言うと悪路なので運転に自信のない方は士屋敷跡向かいの駐車場に停めて山頂の妻木城を目指すといいでしょう。

東美濃の山城は素晴らしいものが多く苗木城・岩村城・明知城・小里城・妻木城の5城すべてめぐるだけで1日費やしますが、その価値は充分あると思います。

2020年08月21日 【城郭道】兵部少輔タッキー
土岐高山城[妻木城  周辺城郭]



駐車場に車を止めて櫓がある方に行くとまず、門と石碑があります。そこから階段を登って行くと櫓があります。櫓からは町を一望することができるので見ることをおすすめします。曲輪や井戸なども残っており、それを見るのも良いですよ。

土岐高山城は妻木城から車で20分、一日市場八幡神社は同じく妻木城から35分、鶴ヶ城は一日市場八幡神社から5分で行けます。また、土岐高山城の御城印があり、大竹醤油醸造所というお店で一枚300円で購入できます。パンフレットもあります。土岐高山城からすぐそこにあるので行きやすいです。
リア攻めの記念にどうでしょうか?

2020年08月16日 わんこ
土岐高山城[妻木城  周辺城郭]

御城印、大竹醤油醸造場にてゲットしました。

2020年06月27日 大納言弾正尹魔太郎
崇禅寺総門[妻木城  寺社・史跡]



妻木城主の菩提寺である崇禅寺の総門は、妻木城士屋敷の総門を移築したものと伝えられている。

2020年06月27日 大納言弾正尹魔太郎
妻木城士屋敷跡[妻木城  遺構・復元物]



城山の北側な山麓は、御殿と呼ばれる領主の館と家臣の武家屋敷が築かれ、1658年の妻木家の断絶まで陣屋として存続しました。

2020年03月22日 合戦感謝JUMP三河守
妻木城



道路脇登城口から光秀所縁の城(明智煕子さんの実家)と幟がたくさんあって目立ちました。駐車場までは少し距離があり、穴ぼこもありますが、城用車10台以上は余裕で停められます。山の斜面に石垣の残骸と思われる巨石が点在しています。井戸や櫓跡などの案内等よく整備してあって山城初心者の私もゆっくりじっくり見れました。

2020年03月01日 天道加賀守早雲
南登山口駐車場への入口[妻木城  その他]



途中、未舗装のところは少しデコボコがありますが、ミニバンでも十分通れます。


2020年03月01日 天道加賀守早雲
南登山口駐車場[妻木城  駐車場]



かなり広いスペースがあります。
道は舗装・未舗装が交互にあります。
一の丸まで15分ほどです。
トイレはありません。


2020年02月12日 あきおこ
品野城[妻木城  周辺城郭]



愛知県瀬戸市品野町にある山城です(標高330m/比高110m)。

上菱野城と妻木城の間にあり妻木城が登録範囲内だったので、こちらに投稿しました。

桶狭間合戦を調べていたらこの城に興味が沸いてきて、いざ登城。
永禄3年(1560年)、織田信長が尾張領に突出していた今川方の品野城を攻略。この後桶狭間合戦が起こる。
品野城は今川の尾張攻略の最前線拠点で松平氏が守将だった様です。

城は品野集落の稲荷神社東にあります。神社右手灯篭横の尾根からの登山道がありますが東海環状自動車道建設により途中から道が途切れ、ガード下を越えた所から急斜面の僅かな踏み跡を直登する事になります。

10分ほど登ると北側の尾根端に着きます。石がごろごろする段曲輪状の尾根を少し歩くとすぐに主郭に着きました。

主郭には低い仕切り土塁があり、朽ち果て悲しげな祠の残骸があります。

主郭の南側には美しく鋭い堀切があり、堀切から先には尾根から放射状に延びる数条の竪堀がありました。

藤井尚夫先生の書かれた縄張り図によると北西山腹、西尾根先端、南東尾根先端部に竪堀がある様ですが、全ては確認出来ませんでした。

アクセスは非常に難儀な城ですが、尾張地方に於いては珍しく遺構が良好に残る城です。

駐車場は無し。私が訪れた時は神社入口は工事の為、車止めがありその前のスペースにバイクを停めました。車はきついかもしれません。トイレも無し。
(登城日 2020年1月19日)

2020年02月11日 こんちゃん三河守コロン
妻木城

2020年2月11日に自動車で登城しました。今年は暖冬で、ノーマルタイヤで山の上の駐車場まで行きました。少し雪がありました。ぬかるんでいるので注意が必要です。泣きそうになりましたが、城跡は良かったです。

2018年11月10日 こうひろ
妻木城

この城の一番魅力は車を降りたら5秒で石垣(城友さん命名)です。
居館跡の曲輪には苔むす見事な石垣と階段、井戸跡が迎えてくれるので気軽に散歩がてらリア攻め出来ます。

降水量が多いのでしょうか、苔と草木がいい具合に発育しています。奥のあまり整備されていない場所に更に素敵な石垣がありました。
興味があれば藪漕ぎしてみて下さいね

2018年02月04日 ライ
妻木城

南側からの林道を使って駐車場まで行きました。(土岐市役所に問い合わせたところ南側のルートを紹介頂きました

2017年11月13日 ライ
妻木城

山麓の士屋敷跡の向かいが空き地になっており、駐車スペースとなっていましたよ。

2013年06月09日 青コアラ美濃守
妻木城

山麓の士屋敷跡は以前は石垣の前が駐車場になっていましたが、今は止められなくなっていますので、路駐か、石垣の間の細い道を少し上がった所に若干のスペースがあります。

山城へはここから登山道を歩くか、車で城の東南側からの林道を使って上まで行く事も出来ます。こちらには広大な駐車スペースもありますが、道は未舗装なので車高短や新車はやめた方がいいです。

2012年07月16日 ミツネン長門守
妻木城

妻木城へ行きました
この季節※草が長くなってて
登城口
分かりにくくなってます矢印の奥に草の中を
覗いたら登城口が
有ります


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore