明知城(あけちじょう)

明知城の基本情報

通称・別名

白鷹城

所在地

岐阜県恵那市明智町城山1318-1

旧国名

美濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

遠山景重

築城年

宝治元年(1247)

主な改修者

主な城主

明知遠山氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀

指定文化財

県史跡(明知城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

岩村城(岐阜県恵那市)[8.1km]
小里城(岐阜県瑞浪市)[10.7km]
武節城(愛知県豊田市)[14.2km]
鶴ヶ城(岐阜県瑞浪市)[15.0km]
川口城(愛知県豊田市)[17.7km]

明知城の解説文

明知城(あけちじょう)は、美濃国明知(現在の岐阜県恵那市明智町)にあった戦国時代の日本の城(山城)。別名白鷹城(しらたかじょう)。岐阜県指定史跡。なお、美濃国には、可児郡明智荘にも明智城(長山城)が存在していたので、混同への注意が必要である。

概要
明知城は、日本三大山城に数えられる岩村城から南西8kmに位置する遠山十八城のひとつ。標高530mの山に築かれた天険の地形を巧みに利用した平山城で、土盛砦として保塁数大小23箇所あり、今でもその様子が原形のまま残っているのが日本でも数少ないとされ、県の指定文化財となっている。重要な砦には石垣を積み上げ、中に陣屋として実践に備えた館5棟があった。

恵那郡明知は、北は岩村・恵那、東は信濃国伊那郡飯田、西は土岐郡、南は三河国賀茂郡足助・額田郡岡崎に街道が通じる、交通の要衝の地である。遠山氏祖の遠山景朝の父親である、源頼朝の重臣の加藤景廉が明知を含む遠山荘の地頭に任ぜられ、それ以降、明知遠山氏累代の土地であった。

戦国時代の後期には、岩村・阿照・明知・串原・苗木・安木と並んで遠山七頭と呼ばれていた。そのうち「岩村遠山家」と「苗木遠山家」そしてこの「明知遠山家」を「遠山三家」といい、美濃国東濃地方に威を張っていた。

しかし、やがて美濃国東濃地方は争奪戦の地となり、武田信玄の家臣秋山虎繁(信友)、織田信長の嫡男の織田信忠、豊臣秀吉の武将の森長可が制圧している。秀吉の死後に長可の弟の森忠政が川中島に移封となり、替わって田丸直昌が入ったが、関ヶ原の戦いで直昌は大坂城城番となり西軍に取り込まれたため、遠山利景が嫡男の遠山方景と共に奪還。

一国一城令による廃城以降は山麓の陣屋にて、明治維新による廃藩置県に至るまで、方景の子孫がこの地を治めた。江戸時代の江戸町奉行・遠山景元(金四郎)は、この六代目である。

なお、明智光秀の生誕の城ともいわれているが、足利尊氏の御家人の土岐氏の末裔とされ、遠山氏の縁戚である可能性は、明治時代の子孫の記録や、両氏の重臣である三宅氏の存在などから考慮はされるものの、生誕地そのものである可能性は低い(江戸時代の初期に著作された書物類から、可児市にある明智長山城である可能性が高いとされる。)。

歴史・沿革
宝治元年(1247年) 築城
遠山三郎兵衛景重が築城した。遠山景重の先祖は加藤景廉(源頼朝の重臣)が遠山庄地頭になり、その子岩村城主景朝はこの地名をとって遠山と姓を改めた。遠山景重は加藤景廉の孫にあたる。

戦国時代前の状況( - 1570年)
戦国時代には美濃国東濃地方は信濃国・三河国との国境界に位置するため、美濃攻略を狙う武田と織田の争奪戦が繰り広げられた。始めは武田信玄に従っていた遠山家だが、明知城主遠山景行も織田信長の婚姻政策によって織田勢についた。...

明知城の口コミ情報

ひーき様[2017年08月13日]
蛇がいました。
明智光秀と関係あるのかしら。

へっぽ越中守こ権六様[2016年05月03日]
本丸へ向かう途中の切株にスズメバチを発見しました。ご注意を。2016.5.3

清水若狭守龍親様[2013年11月13日]
明智光秀は山崎の戦いで秀吉に敗れた後、敗走中、土民の竹槍で突かれて死んだとされていますが、実は死なずに落ちのび、生き残り、比叡山でしばらく過ごした後、南公坊天海として歴史の舞台に舞い戻ったという、非常に興味深い説で、色々と調べてみました。南公坊天海とは「南公坊天海智楽院と称した天台宗の僧です。当時の仏教界においてはかなりの人物であった上に、密教・神道・道教・陰陽道・風水学にも精通していたといいます。そしてそれらの知識を活用して豊臣家崩壊作戦の火蓋を切り、家康の宗教政策を一手に担い、江戸の霊的防衛網を完成させた人物でもあります。しかし彼の素性についてはまったく明らかにされていません。そのことが天海をよりミステリアスにしている点でもあると言えます。生年もはっきりわからず、没年についても約135説があり、驚くべき長寿であります。一般的には108歳入寂説が妥当とされています。もし光秀の後身が天海であるとするとすれば、天海の出自が明らかでないという説明もつきますし、年齢的にも光秀が死去したのが55歳ですから、この当時の天海が47歳であったことからさほど違わないと言えます。

修理大夫あさよし様[2013年10月13日]
33号線からのぼりが沢山あるのでわかりやすく車も3台くらいは置けます。ここは搦め手からの入城になります。10月でしたが本丸から大手の方は草が生い茂り進行不可でした。

三日陸奥守落人様[2013年03月04日]
県道33号側には案内板があり、数台分のスペースがあります。

城跡ではしっかり高低差のある切岸に堀切・畝状竪堀など、戦国山城テイストたっぷりな遺構が確認できます。
ただ、樹木をあらく伐採してくれてはいるものの、ヤブの範囲が広く夏の訪問はお勧めしません

訪問時(3月)、城域内でカモシカを見かけました!

三条大納言猫又様[2013年03月03日]
公共交通機関利用の場合、JR恵那駅から明知鉄道で行くのもいいですが、JR瑞浪駅からバスを使うと早くて安いです。

土休日の日中は瑞浪45分発(14時台運行なし)、明智50分発(13時台運行なし)と1時間に1本あり、所要時間は約40分で500円でした。
朝夕は多少時間が違うようなので、ご確認のうえお出かけください。

三河守コーキしゃん様[2012年09月20日]
入り口は、県道33号線側の搦め手と、大正浪漫館からの2箇所から行けます。
搦め手からだと、すぐに城域に入れます。

○○砦と名の付く郭が沢山あり、畝状竪堀や堀切、土塁、空堀、陣屋には水堀があり、かなり見応えがありますが、夏は藪が酷く遺構が判断しづらいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore