飯盛山城(いいもりやまじょう)

飯盛山城の基本情報

通称・別名

飯盛城、飯森山城、足助城

所在地

愛知県豊田市足助町飯盛39-1他

旧国名

三河国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

足助重長

築城年

治承年間(1177〜1181)

主な改修者

主な城主

足助氏、鈴木氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(飯盛城址)

再建造物

石碑

周辺の城

足助城(愛知県豊田市)[0.8km]
松平氏城館(愛知県豊田市)[10.4km]
市場城(愛知県豊田市)[10.7km]
古瀬間城(愛知県豊田市)[12.8km]
寺部城(愛知県豊田市)[13.8km]
奥殿陣屋(愛知県岡崎市)[16.0km]
日近城(愛知県岡崎市)[16.2km]
挙母城(愛知県豊田市)[16.2km]
広見城(愛知県豊田市)[18.2km]
武節城(愛知県豊田市)[19.4km]

飯盛山城の解説文

平安時代末期に足助氏初代の足助重長により飯盛山城が築かれた。山頂を3段に削って本丸から三の丸まで城塁が置かれ、西側と北側に矢場、東側には2箇所の空堀が切られた。現在もその痕跡が地形として残されている。

足助氏衰亡の後は、その菩提を弔うために居館跡に香積寺が置かれた。山門脇には現在も土塁が残る。また、その後この地を治めた鈴木氏は飯盛山城を本城として6つの支城(真弓山城、臼木ヶ峯城、大観音城、城山城成瀬城、黍生城)を築き、足助七城と呼ばれたとも伝わっている。

現在では山裾を流れる巴川と共に東海地方随一の紅葉の名所・香嵐渓を形成する。また、カタクリの群生地がある事でも知られる。

飯盛山城の口コミ情報

2020年06月21日 城郭道の宮内少輔タッキー
飯盛山城

飯盛山の麓にある香積寺から徒歩10分から15分ほどで三の曲輪を通り主郭に着きます。
石碑や案内板はありませんが、寄付により造られた屋根付きのベンチがあります。そこさら二の曲輪を通り下山すると登ったところから真反対に出ます。なのでご注意を。

2020年05月10日 OROKA参議
大観音城[飯盛山城  周辺城郭]



大観音城は足助七城の1つ。築城者などは不明とされ、よく分かりません。

足助の古い町並みを香嵐渓方面からかなり奥へ行くと大観音寺への登り口が現れます。(町並みが見れる眺望スポットとして案内板など整備されています)
そのままキツめの階段を5~10分登ると大観音寺に出ますが、寺は城の居館だったようです。
寺の右横にさらに登り道があり、ここから大観音城へ行けます。

そこから先ですが、実はよく分かりませんというのが素直な感想です。段郭や土塁のようなものが延々と続き、どこまで遺構か明確に判断できません。ある程度進むと林道のようになったので、途中にあった一番広い削平地が主郭だったのかなぁ、という感じf(^_^;

まだ知らない未確認の遺構があるやも知れません。どなたか縄張り図を作ってくだされ。

2020年05月10日 OROKA参議
浅谷城[飯盛山城  周辺城郭]



足助七城の1つとされる浅谷城(あさがいじょう)は、簗瀬氏の築城とされています。

アクセスがなかなか難しく、まずは国道420号から足助城(真弓山城)へ向かいます。足助城への入り口道路をスルーしそのまま道なり2キロほどウネウネ進んだところで細い道へ右折し、萬昌院に向かいます。(最近、このあたりに案内板ができたそうです)さらに萬昌院もすぎ細い道を行き当たりまで行ったところに駐車できそうなスペースがあり、そこから林の中に突撃。高まりを目指して道なき道を進むと、唐突に堀切が現れます。

こんな人の来なさそうな場所にあるだけあって、遺構はかなり残っています。
特徴としては、まずはかなり広い居館のような削平地があり、その背後を切り立った切岸を伴う郭群で半周囲うような構造になっています。
郭群には堀切や土塁、櫓台のよう高まりがあり、これはこれで1つの山城とみなせますが、下の広い削平地と合わせて考えると、居館と詰城をコンパクトにまとめているような、削平地に集まった敵兵を郭群で包囲殲滅するための技巧ような、妄想膨らむ構造になっています。

山林は樹木だらけ、登山道もなく整備はあまりされていませんが、かなりマニアックな遺構ガッチリな城とも言えます。
足助城の復元山城だけでは物足りないマニアなあなた、1度訪れてみては(*´-`)

2017年01月24日 なつりん河内守
飯盛山城

かつての足助の地は、東美濃・信濃・尾張及び三河を結ぶ街道が交差する交通の要衝でした。
その為か一帯には多くの城砦が存在します。
その中でも鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した豪族足助氏が有名で、ここ飯盛山城を本城としました。

遺構としては、頂上の主郭部に三段の曲輪や他にも大小の曲輪群が尾根筋に配置され他に空堀など現在でも確認する事が出来ます。
圧巻は香積寺の山門にある横に延びる大きな土塁も当時のままの状態で拝めます。

また、山麓一帯は香嵐渓と呼ばれ景勝地としても有名なところです。
その為に駐車場は有料ですが、付近には沢山ありました。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore