足助城(あすけじょう)

足助城の基本情報

通称・別名

真弓山城、松山城、足助松山の城

所在地

愛知県豊田市足助町須沢、真弓

旧国名

三河国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

鈴木氏?

築城年

不明

主な改修者

主な城主

鈴木氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

模擬高櫓、模擬物見櫓、模擬冠木門等、石碑、説明板

周辺の城

飯盛山城(愛知県豊田市)[0.8km]
市場城(愛知県豊田市)[10.6km]
松平氏城館(愛知県豊田市)[11.1km]
古瀬間城(愛知県豊田市)[13.6km]
寺部城(愛知県豊田市)[14.7km]
日近城(愛知県岡崎市)[16.5km]
奥殿陣屋(愛知県岡崎市)[16.7km]
挙母城(愛知県豊田市)[17.0km]
武節城(愛知県豊田市)[18.6km]
広見城(愛知県豊田市)[18.9km]

足助城の解説文

真弓山城(まゆみやまじょう)は三河国加茂郡足助庄(現・愛知県豊田市足助町)の真弓山(標高301メートル)にあった日本の城。現在では「城跡公園足助城」として整備・公開されている。

概要
「足助城」「松山城」「足助松山の城」などと呼ばれ、かつては足助氏の築いた足助七屋敷の1つと推測されていたが、後述の発掘調査で足助氏の時代の遺構が検出されなかったことなどから、現在では戦国時代にこの地を治めた足助鈴木家の本城であったと考えられている。築城時期は不明。

1525年(大永5年)に松平清康がこの城を攻めた記録が残り、この際に清康の妹・久を2代鈴木重政の嫡子・重直に嫁すことで一旦は松平氏に下っている。その後は離反帰服を経て、1564年(永禄7年)に松平家康に攻められたのちは完全に服属し、以降は松平氏の家臣団として戦った。

1590年(天正18年)、家康の関東入国に従って鈴木氏も足助を離れ、真弓山城は廃城となった。

城跡公園足助城
城の復元
地元では古くから香嵐渓の象徴とも言える飯盛山に城を築きたいとの考えがあり絵図面が引かれたこともあったという。

1989年(平成元年)に愛知県が開始した「愛知のふるさとづくり事業」と国のふるさと創生基金を合わせて城の復元を行なうことが計画されたが、飯盛山は県の史跡指定がなされていることや、時代が古いために櫓など小規模な復元にとどまることなどから、戦国時代の城である真弓山城を復元することが決定され、1990年(平成2年)から1992年(平成4年)にかけて発掘調査と復元が行なわれた。

事業にあたっては幾つかのコンセプトが定められた。
1.戦国時代の鈴木氏の城を復元する。
2.事前に発掘調査を行い、建物跡を検出できた場合は、それに基づいて復元をする。そして、遺跡保存の観点から、盛り土等で遺構面の保護をする。
3.建物跡を検出できない場合は、絵図等が残されていないので、想定で復元する。ただし、石積みの白亜の天守閣はつくらない。
4.城館の復元だけでなく、戦国時代の生活を浮かび上がらせる工夫を行なう。
発掘調査ののち、本丸には高櫓と長屋、西の丸に物見矢倉、南の丸にも物見台や厨、また各所に板塀などが復元され、1993年(平成5年)5月に「城跡公園足助城」として開城した。...

足助城の口コミ情報

2020年09月24日 ばらく~だ
足助城



足助城は、派手さはないですが、戦国期の山城の雰囲気を味わえるお城だと思います。
この周辺は香嵐渓という紅葉スポットで、11月中はハンパなく渋滞しますのでご注意を!

2020年08月22日 城郭道の刑部少輔タッキー
南物見櫓[足助城  遺構・復元物]

矢倉の上から南方に鶏足城を望むことができます。おそらく鶏足城の連絡を取るために造られた矢倉だと思われています。
全ての曲輪に建物があったことが確認されたことにより物見櫓が復元されました。

2020年08月12日 陸奥守たろす
千ノ田城[足助城  周辺城郭]



【千ノ田城】
愛知県豊田市上八木町の山城

【概要】
千ノ田城は地元の近世地誌類にも一切名前が出てこず、いつ誰が築いたのかも不明な城で、「足助町誌」に城名と位置のみが記されている。
標高480mに築かれた城は非常に"こじんまり"しているが、見栄えの良い堅堀と横堀等が見られ防御力を考慮した縄張りを持っていることから、戦国末期に大名勢力により、臨時ではあるが軍事的に築かれたのでは…とのこと。

最寄りの城は足助城になりますが、3km以上とリア攻めマップに登録できませんでしたが、運営様にリア攻め範囲を拡大して頂きましたので登録させて頂きます。

【アクセス】
①マップを「宗源寺」(豊田市上八木町)にセットし、お寺にたどり着いた突き当たりの道路上スペースに駐車可能です。
宗源寺南側の小高い山が城跡です。
駐車スペースからお寺とは反対側に降り、道なりに山裾を進むと切通状の道が現れ、登りきった左手の小さい手作りの看板が登城口になります。そこから30m程で着きます。

②公共交通期間では…愛環鉄道やらコミュニティバスを乗り換え、バス停から徒歩30分とか、大変そうです…w

【遺構】
曲輪は主郭を囲むように小規模な帯曲輪が幾つか見られます。
主郭の西側には横堀を巡らせる。主郭西側は丸みを帯びており、主郭切岸と横堀をセットで見ると丸馬だしの様に見えます。
最大の見処は主郭東側に見られる堀切で主郭の東側はこの堀切が唯一の防御施設となる。

30分もあれば散策できます♪

2020年07月26日 大納言織田晃司
足助城

駐車場があり城のすぐそばまで車で行けます。
9:00開園なので朝駆けしても見ることはできません。

中世山城を再現してあり模擬ってる所がなくていいと思います。

足助町には香嵐渓という観光地があり観光客のほとんどが香嵐渓だけに行き、城を訪れる方はごくわずかなのでゆっくり見ることができます。

2020年02月25日 【彩】プレレ武蔵守
足助城



とても良く整備されています。案内の方がいらっしゃって説明して貰えました。
毎週木曜日が休城日なのでご注意を。
自治体などの行事により開いている場合もあるのでウエブサイトで事前の確認が必要です。

ナビの目標は「城跡公園足助城」だとバッチリです。
御城印は入城券売り場で300円。



2019年06月15日 シバヤン丹波守雲外蒼天
足助城



たくさんの見所あるがこの足助城の一番の見所はこのはね上げ式の柵。厨曲輪の入口のはね上げ式柵。敵兵来たら丁番外して(パタン!)と閉まる。ネズミ捕りみたいで可笑しい(笑)

2019年06月15日 シバヤン丹波守雲外蒼天
足助城



物見櫓の下の厨。厨曲輪から物見櫓を見上げた。どこもかしこも勾配が垂直に近い曲輪群。狙い撃ちされる恐怖に耐えながらの山道を上がらねばならないよ···(嫌だよ、俺~)

2019年06月15日 シバヤン丹波守雲外蒼天
足助城



西の曲輪。主曲輪の望楼からの西の曲輪を撮影。下から迫り来る敵兵をロックオン··撃て!哀れ斜面を転がり落ちる骸と成す。
怖い縄張りです。私がこの時代の部隊長ならこの城攻め担当にはなりたくない。
シバヤンは誰かに代わってもらいます(笑)

2019年05月05日 山狐縫殿允友紀
足助城

足助城には特別これと言った展示物はありませんが、当時の城跡を思わせる建物が再現されています。
歴史としては、松平(徳川)家臣・鈴木氏が代々城主を歴任していました。鈴木氏は、一時期、離反・帰服を繰り返していましたが、松平(徳川)家康の代、完全に松平氏に服属しました。そして、徳川家康の関東移封にともなって、時の足助城主も、足助を離れ、関東に移った為、足助城は廃城となったそうです。
この様な歴史背景を考えながら、城跡を見て回ると、より一層見る事が楽しくなるのではないでしょうか。

2018年07月22日 こうひろ
足助城

別名真弓山城と呼ばれ山全域が城の連郭式山城です。曲輪と建物の関係が用途により明確で史実に基づいた復元と木柵があるので区分もはっきりしており、とても勉強になります。
なにより重要街道筋の見張りの城は足を踏み入れた瞬間に戦国時代に連れて行ってくれます。
足軽になった気分で曲輪を巡れば更に楽しめます。高根城や荒砥城と建物や縄張を比較してみたいと思ってます。時代背景や陣営特徴の違いも楽しみです。

2016年06月13日 我流尾張守クール
足助城

旧東加茂郡足助町制100周年の記念事業として造成、復元された山城です。
鈴木氏の居城ですが、松平、今川、武田に侵攻された経緯があります。城郭説明にも記載があるように、鈴木氏五代で廃城となっていますが、発掘調査の折りに当時の廃材が纏めてあったことから人為的に壊したのではないかと言われているそうです。
本丸の高櫓からは足助の町並みを望むことが出来ます。その高櫓、既に20年以上が経過しており、雨漏りがするそうで本年度、大規模な改修工事があるようです。
と、親切なガイドさんが教えてくださいました。
さて、眼下に見えるR153通称飯田街道ですが、中馬街道、塩の道とも呼ばれています。西尾からの塩を巴川を上り、ここ足助を経由して塩尻まで運んでいたのです。
武田氏が侵攻した狙いは塩の確保もあったかなと思いを馳せてしまいます。
最後にグルメ情報
足助の街では鰻の川安さん、飯田街道を北上し武節城(道の駅いなぶ)を目指す途中にまつ月さんという御菓子処があります。塩の道というだけあって、塩カステラアイスが美味です。


2015年02月14日 まるき〜上野介
足助城

他の城に無い雰囲気で当時の生活感が想像できる?
まるで時代劇のセットの様で見ていて楽しいお城

造りは極力当時の建物に近づけるため、釘や金属を使わずに昔ながらの材料等が使われている様です
本丸高櫓の二階には武者隠しの空間があったり
厠(トイレ)まで再現されていました(笑

山城ですが車で近くまで行くことがてきますしオススメなお城だと思います。

駐車無料
入城300円
朝9時〜夕4時30
休館日、木曜日ただし4月29日〜5月5日及び11月を除く
年末年始12月25日〜1月5日





2014年08月12日  タバスコ
足助城

戦国の山城が、とてもよく復元されていたし、本丸で、ガイドして下さった方の説明が、とても
丁寧でよかったです

2013年05月06日 勘解由次官ぷんちゃん
足助城

ゴールデンウイークだけど観光客もすくなく、展示物もなし、でも頂上にそびえたつ無骨な山城は模擬城なのに戦国時代にタイムスリップしたみたいでした!好きな感じ!

2012年05月30日 首藤大宰大弐督刀斎
足助城

平成2年からの発掘調査の後、第一人者の宮上茂隆氏の時代考証の元、当時の製法で作った釘、瓦を使わない板屋根、掘っ建て柱などで戦国期山城が再現され、高櫓2階には武者隠しがあります。
信州~三河、遠江、尾張へと通じる要となる街道で高櫓からはその旧街道(飯田街道、中馬街道)が一望できます。
鈴木氏以前は鎌倉末期に後醍醐天皇が鎌倉幕府倒幕の乱の総大将、足助氏七代総領次郎重範公が治めていましたが、京都で乱の首謀者として斬首され、幕府に背いた逆賊として扱われた為、残った足助氏一族はこの地を皆離れた為、現在、足助の地には足助の姓の方は一人もいらっしゃいません。
足助の地でも永い間、語るのをはばかられていたそうで、足助一族は土岐、岡谷などの地へ去ったそうですが『賊軍の将となったままであるが、後醍醐天皇の日月の御旗の元へ集えの勅令に一番に馳せ参じ、後醍醐天皇をお守りした足助次郎重範は素晴らしい』という明治天皇のお言葉で正四位、従三位を贈られ、名誉は回復されました。
足助八幡宮の祭礼(足助次郎重範公がまつられています)には、遠方から足助氏の子孫の方々が毎年数名いらっしゃるそうです。

2011年04月12日 三河守コーキしゃん
足助城

中世城郭を分かりやすく再現しているので想像力の乏しい方でも馴染み易きぉ城オススメ

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore