足助城(あすけじょう)

足助城の基本情報

通称・別名

真弓山城、松山城

所在地

愛知県豊田市足助町須沢、真弓

旧国名

三河国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

鈴木氏?

築城年

不明

主な改修者

主な城主

鈴木氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

高櫓、物見櫓、厨等

周辺の城

飯盛山城(愛知県豊田市)[0.9km]
川口城(愛知県豊田市)[7.6km]
松平氏城館(愛知県豊田市)[11.1km]
古瀬間城(愛知県豊田市)[13.6km]
寺部城(愛知県豊田市)[14.7km]

足助城の解説文

真弓山城(まゆみやまじょう)は三河国加茂郡足助庄(現・愛知県豊田市足助町)の真弓山(標高301メートル)にあった城。現在では「城跡公園足助城」として整備・公開されている。

概要
「足助城」「松山城」「足助松山の城」などと呼ばれ、かつては足助氏の築いた足助七屋敷の1つと推測されていたが、後述の発掘調査で足助氏の時代の遺構が検出されなかったことなどから、現在では戦国時代にこの地を治めた足助鈴木家の本城であったと考えられている。築城時期は不明。

大永5年(1525年)に松平清康がこの城を攻めた記録が残り、この際に清康の妹・久を2代鈴木重政の嫡子・重直に嫁すことで一旦は松平氏に下っている。その後は離反帰服を経て、永禄7年(1564年)に松平家康に攻められたのちは完全に服属し、以降は松平氏の家臣団として戦った。

天正18年(1590年)、家康の関東入国に従って鈴木氏も足助を離れ、真弓山城は廃城となった。

城跡公園足助城
城の復元
地元では古くから香嵐渓の象徴とも言える飯盛山に城を築きたいとの考えがあり絵図面が引かれたこともあったという。

1989年(平成元年)に愛知県が開始した「愛知のふるさとづくり事業」と国のふるさと創生基金を合わせて城の復元を行なうことが計画されたが、飯盛山は県の史跡指定がなされていることや、時代が古いために櫓など小規模な復元にとどまることなどから、戦国時代の城である真弓山城を復元することが決定され、1990年から1992年にかけて発掘調査と復元が行なわれた。

事業にあたっては幾つかのコンセプトが定められた。

1.戦国時代の鈴木氏の城を復元する。
2.事前に発掘調査を行い、建物跡を検出できた場合は、それに基づいて復元をする。そして、遺跡保存の観点から、盛り土等で遺構面の保護をする。
3.建物跡を検出できない場合は、絵図等が残されていないので、想定で復元する。ただし、石摘みの白亜の天守閣はつくらない。
4.城館の復元だけでなく、戦国時代の生活を浮かび上がらせる工夫を行なう。...

足助城の口コミ情報

我流尾張守クール様[2016年06月13日]
旧東加茂郡足助町制100周年の記念事業として造成、復元された山城です。
鈴木氏の居城ですが、松平、今川、武田に侵攻された経緯があります。城郭説明にも記載があるように、鈴木氏五代で廃城となっていますが、発掘調査の折りに当時の廃材が纏めてあったことから人為的に壊したのではないかと言われているそうです。
本丸の高櫓からは足助の町並みを望むことが出来ます。その高櫓、既に20年以上が経過しており、雨漏りがするそうで本年度、大規模な改修工事があるようです。
と、親切なガイドさんが教えてくださいました。
さて、眼下に見えるR153通称飯田街道ですが、中馬街道、塩の道とも呼ばれています。西尾からの塩を巴川を上り、ここ足助を経由して塩尻まで運んでいたのです。
武田氏が侵攻した狙いは塩の確保もあったかなと思いを馳せてしまいます。
最後にグルメ情報
足助の街では鰻の川安さん、飯田街道を北上し武節城(道の駅いなぶ)を目指す途中にまつ月さんという御菓子処があります。塩の道というだけあって、塩カステラアイスが美味です。

まるき〜遠江守様[2015年02月14日]
他の城に無い雰囲気で当時の生活感が想像できる?
まるで時代劇のセットの様で見ていて楽しいお城

造りは極力当時の建物に近づけるため、釘や金属を使わずに昔ながらの材料等が使われている様です
本丸高櫓の二階には武者隠しの空間があったり
厠(トイレ)まで再現されていました(笑

山城ですが車で近くまで行くことがてきますしオススメなお城だと思います。

駐車無料
入城300円
朝9時〜夕4時30
休館日、木曜日ただし4月29日〜5月5日及び11月を除く
年末年始12月25日〜1月5日



タバスコ様[2014年08月12日]
戦国の山城が、とてもよく復元されていたし、本丸で、ガイドして下さった方の説明が、とても
丁寧でよかったです

勘解由次官ぷんちゃん様[2013年05月06日]
ゴールデンウイークだけど観光客もすくなく、展示物もなし、でも頂上にそびえたつ無骨な山城は模擬城なのに戦国時代にタイムスリップしたみたいでした!好きな感じ!

首藤兵部大輔督刀斎様[2012年05月30日]
平成2年からの発掘調査の後、第一人者の宮上茂隆氏の時代考証の元、当時の製法で作った釘、瓦を使わない板屋根、掘っ建て柱などで戦国期山城が再現され、高櫓2階には武者隠しがあります。
信州~三河、遠江、尾張へと通じる要となる街道で高櫓からはその旧街道(飯田街道、中馬街道)が一望できます。
鈴木氏以前は鎌倉末期に後醍醐天皇が鎌倉幕府倒幕の乱の総大将、足助氏七代総領次郎重範公が治めていましたが、京都で乱の首謀者として斬首され、幕府に背いた逆賊として扱われた為、残った足助氏一族はこの地を皆離れた為、現在、足助の地には足助の姓の方は一人もいらっしゃいません。
足助の地でも永い間、語るのをはばかられていたそうで、足助一族は土岐、岡谷などの地へ去ったそうですが『賊軍の将となったままであるが、後醍醐天皇の日月の御旗の元へ集えの勅令に一番に馳せ参じ、後醍醐天皇をお守りした足助次郎重範は素晴らしい』という明治天皇のお言葉で正四位、従三位を贈られ、名誉は回復されました。
足助八幡宮の祭礼(足助次郎重範公がまつられています)には、遠方から足助氏の子孫の方々が毎年数名いらっしゃるそうです。

三河守コーキしゃん様[2011年04月12日]
中世城郭を分かりやすく再現しているので想像力の乏しい方でも馴染み易きぉ城オススメ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore