奥殿陣屋(おくどのじんや)

奥殿陣屋の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県岡崎市奥殿町字雑谷下

旧国名

三河国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

松平乗真

築城年

宝永4年(1707)

主な改修者

主な城主

松平氏

廃城年

遺構

移築書院、土塁

指定文化財

再建造物

冠木門、碑、説明板

周辺の城

古瀬間城(愛知県豊田市)[4.4km]
上野上村城(愛知県豊田市)[5.6km]
松平氏城館(愛知県豊田市)[6.4km]
井田城(愛知県岡崎市)[6.4km]
挙母城(愛知県豊田市)[6.9km]

奥殿陣屋の解説文

奥殿陣屋(おくとのじんや)は愛知県岡崎市奥殿町にある陣屋である。

概要

徳川秀忠に仕え、大坂の陣の戦功により3千石を与えられた松平真次が、大給(豊田市)に陣屋を構えたことから奥殿松平家は始まる。第2代乗次のとき1万6千石の大名となり、宝永4年(1707年)に奥殿に陣屋が完成したため第4代乗真が移った。以後、文久3年(1863年)に田野口に移転するまで奥殿藩の中心となった。最後の藩主乗謨(後に大給恒 1839年〜1910年)は博愛社(日本赤十字社の前身)の設立に尽力した人物として知られる。

当時は御殿・役所・書院・学問所・厩・馬場などがあったが、廃藩置県後にそれらは移築や取り壊しが行われ、陣屋の跡地はほぼ田畑となってしまった。しかし昭和59年(1984年)に、近辺(岡崎市桑原町)にある曹洞宗の寺院・龍渓院の庫裏になっていた書院が移築復元された。現在は「村積山自然公園」の一部として整備され、書院や日本庭園、食事施設、観光農園などを持つ観光施設となっている。そのほか裏に歴代藩主の墓所や土塁も残されている。

アクセス等
アクセス
; バス
: 名鉄名古屋本線 東岡崎駅から奥殿陣屋行き30分。
: JR東海道本線 岡崎駅から奥殿陣屋行き50分。
; 自家用車
: 伊勢湾岸自動車道 豊田東ICから3km 10分。約100台分の無料駐車場有り。

奥殿陣屋の口コミ情報

勝之助丹後守様[2016年05月10日]
広い無料駐車場が3箇所ありアクセスも抜群です。場内も綺麗に整備されていてわざわざ足を運んだかいがありました。
書院や休憩所、トイレなど施設もしっかりしており一見の価値ありだと思いました。

無城主格因幡守宇京様[2012年10月01日]
月曜は休館かな?
休館日だと知らずに侵入したら警報機が…
用務員のオジさんに声かけて事なきを得ました

伯耆守雄三様[2012年04月21日]
チューリップや菜の花が咲いています。暫くすると薔薇が咲き賑やかになります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore