井田城(いだじょう)

井田城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県岡崎市井田町字城山(城山公園)

旧国名

三河国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

酒井氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

酒井氏

廃城年

不明

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

岡崎城(愛知県岡崎市)[2.4km]
箱柳城(愛知県岡崎市)[3.9km]
上野上村城(愛知県豊田市)[4.6km]
奥殿陣屋(愛知県岡崎市)[6.4km]
安祥城(愛知県安城市)[7.0km]

井田城の解説文

井田城(いだじょう)は、愛知県岡崎市井田町にあった城。徳川家康家臣で徳川四天王の酒井忠次出生の城である。

概要
矢作川沖積平野をのぞむ台地縁辺に立地している。岡崎城の北方2kmの地点にありその防衛拠点のひとつ。
現在は城山公園となり公園内に城山稲荷と城山集会所がある。城跡が高台になっている。「井田城址」碑が立っている。平城である。

歴史
松平氏・徳川氏の始祖とされている松平親氏の子とされる酒井広親の子の氏忠から忠勝・康忠・忠親さらに忠次までの酒井氏五代の居城となった。築城年や廃城年は不明である。

酒井忠次は大永7年(1527年)井田城内で出生。

天文4年(1535年)の森山崩れの後、尾張の織田信秀が井田野へ攻め込んだ時、酒井忠次は井田城から尾張勢を迎え討つため出陣した。

遺構
遺構は主郭跡と思われる平場のみでほとんどない。井田野の図(『家山樵談』)、井田城絵図(『三河聰視録』)でかつての姿をうかがうことができる。主要部は空堀と土塁に囲まれた方形で屋敷の形態を残す。しかし東方に二の丸、南方に城下集落があったようで、戦国期の城郭として整えられたと考えられる。近くの居屋敷など周辺にも酒井一族がいたと思われる。

岡崎市が管理する井田公園運動場のある井田公園の東に位置する。

交通
愛知環状鉄道「北岡崎駅」から徒歩約10分
名鉄バス「井田」バス停から 徒歩約10分...

井田城の口コミ情報

山手乃不二様[2017年05月09日]
井田城まで、リア攻めされたのなら、ぜひ近くの大樹寺まで足を伸ばしてみてください。岡崎城を真っ直ぐ望む事ができます。桜の季節がオススメです。

音みく図書頭闇サガン様[2017年03月23日]
石鳥居(朱鳥居が連なっていない方)奥にある神社横に石碑あり!
井田城の事も少し書いてあります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore