本證寺(ほんしょうじ)

本證寺の基本情報

通称・別名

本証寺、本證寺城、野寺御本坊

所在地

愛知県安城市野寺町野寺26

旧国名

三河国

分類・構造

城郭寺院

天守構造

なし

築城主

慶円

築城年

建永元年(1206)頃

主な改修者

主な城主

一向宗

廃城年

遺構

横堀(水堀)、鐘楼

指定文化財

国史跡(本證寺境内)、市文化財(鼓楼・鐘楼・経蔵・裏門)、県指定有形文化財(本堂、木造慶円上人坐像)

再建造物

説明板

周辺の城

桜井城(愛知県安城市)[2.4km]
西尾城(愛知県西尾市)[5.1km]
安祥城(愛知県安城市)[5.2km]
東条城(愛知県西尾市)[7.2km]
岡崎城(愛知県岡崎市)[9.2km]

本證寺の解説文

本證寺(ほんしょうじ)は愛知県安城市野寺町にある真宗大谷派の寺院。山号は雲龍山。野寺御本坊とも呼ばれる。

概要
安城市南東部に位置し、まわりには善證寺・宗玄寺・金襲寺といった寺院がある。

上宮寺、勝鬘寺と並んで三河触頭三ヶ寺として知られ、戦国時代には三河一向一揆の拠点となった。こうした経緯から、鼓楼や土塁を備え、水濠に囲まれた城郭寺院(城郭伽藍)様式となっている。また、書院は親鸞が泊まった際に、天井裏まで雨漏りがしていたのに、部屋までは漏らなかったという言い伝えが残されており、「雨もり御殿」と言われている。

城郭一覧表などでは、本證寺城として紹介されることもある。各種地図や辞書では、本証寺、本証寺城と証の字が当てられることもあるが、證が正しい。寺域は約33,000平方メートルである。

歴史
1206年(建永元年)頃、親鸞門侶の慶円により開設。

三河国の一向宗の3か寺として、『三州一向宗乱記』には「当国碧海郡野寺村の本證寺と申すは、一向宗の小本寺にて、守護不入の道場、当国三箇寺の其の一箇寺なり」と記載されている。

1549年(天文18年)の門徒連判状に武士門徒115名が署名しているなど、その当時における本證寺門徒団の三河地方での一大勢力ぶりが窺える。

三河一向一揆では、上宮寺、勝鬘寺と並んで一揆の拠点となった。『三河物語』にも「野寺之寺内、土呂・鍼崎・野寺・佐々き(三河四ヶ寺・一向一揆の主力)」などとして登場する。一向一揆は1564年の小川の戦いで敗れ、当主の空誓上人は逃走したため、一時は廃寺となったが、1663年(寛文3年)までには再興したとされている。

江戸時代になると、徳川家綱の将軍就任にあわせて拝謁。以降、江戸幕府と尾張徳川家の代替わりごとに拝謁を行っていたことから、他の三か寺と同様に両家と密接な関係を持っていたことが分かる。

文化財...

本證寺の口コミ情報

美少年☆右兵衛督☆萬゜千代様[2011年08月19日]
堀には蓮が一面生息しています。寺前に2〜3台分の駐車場があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore