本證寺(ほんしょうじ)

本證寺の基本情報

通称・別名

本証寺、本證寺城、野寺御本坊

所在地

愛知県安城市野寺町野寺26

旧国名

三河国

分類・構造

城郭寺院

天守構造

なし

築城主

慶円

築城年

建永元年(1206)頃

主な改修者

主な城主

一向宗

廃城年

遺構

横堀(水堀)、鐘楼

指定文化財

国史跡(本證寺境内)、市文化財(鼓楼・鐘楼・経蔵・裏門)、県指定有形文化財(本堂、木造慶円上人坐像)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

桜井城(愛知県安城市)[2.4km]
西尾城(愛知県西尾市)[5.1km]
安祥城(愛知県安城市)[5.2km]
東条城(愛知県西尾市)[7.2km]
岡崎城(愛知県岡崎市)[9.2km]
羽城(愛知県碧南市)[9.6km]
深溝城(愛知県額田郡)[10.7km]
井田城(愛知県岡崎市)[11.2km]
重原陣屋(愛知県刈谷市)[11.5km]
知立城(愛知県知立市)[12.9km]

本證寺の解説文



本證寺(ほんしょうじ)は、愛知県安城市野寺町にある真宗大谷派の寺院。山号は雲龍山。野寺御本坊とも呼ばれる。

特色 

安城市南東部に位置し、周囲には善證寺・宗玄寺・金襲寺などの寺院がある。

上宮寺、勝鬘寺と並んで三河触頭三ヶ寺として知られ、戦国時代には三河一向一揆の拠点となった。こうした経緯から、鼓楼や土塁を備え、水濠に囲まれた城郭寺院(城郭伽藍)となっている。また、書院は親鸞が泊まった際に、天井裏まで雨漏りがしていたのに、部屋までは漏らなかったという伝承が残されており、「雨もり御殿」と言われている[1]

城郭関係書籍などでは、本證寺城として言及されることもある。「本証寺」「本証寺城」と表記されることもあるが、寺号の表記は本證寺が正式である。寺域は約33,000m2である。

歴史 

1206年(建永元年)頃、親鸞門侶の慶円により開創。

三河国の一向宗の3か寺として、『三州一向宗乱記』には「当国碧海郡野寺村の本證寺と申すは、一向宗の小本寺にて、守護不入の道場、当国三箇寺の其の一箇寺なり」と記載されている。

1549年(天文18年)の門徒連判状に武士門徒115名が署名しているなど、その当時における本證寺門徒団の三河地方での一大勢力ぶりが窺える。

三河一向一揆では、上宮寺、勝鬘寺と並んで一揆の拠点となった。『三河物語』にも「野寺之寺内、土呂・鍼崎・野寺・佐々き(三河四ヶ寺・一向一揆の主力)」などとして登場する。一向一揆は1564年(永禄7年)の小川の戦いで敗れ、当主の空誓上人は逃走したため、一時は廃寺となったが、1663年(寛文3年)までには再興したとされている。

江戸時代になると、徳川家綱の将軍就任にあわせて拝謁。以降、江戸幕府と尾張徳川家の代替わりごとに拝謁を行っていたことから、他の三か寺と同様に両家と密接な関係を持っていたことが分かる[2]

2015年(平成27年)3月10日、「本證寺境内」が国史跡の指定を受けた。安城市においては87年ぶり、3件目の指定となる[3][4]

2017年(平成29年)4月29日、地域住民らの主催により第1回「本證寺フェスティバル」が開催された。ひつぎに入った参加者に住職が読経する「納棺体験」、雅楽、太鼓演舞、歴史講演会、鉄道模型コーナーなど様々な催しが本堂、境内、庫裏、西座敷の4つの会場で行われた[5]

文化財 

重要文化財

名称 種別 時代 指定年月日
絹本著色 善光寺如来絵伝 絵画 鎌倉時代 1918年4月8日
絹本著色 聖徳太子絵伝 絵画 鎌倉時代 1918年4月8日

史跡(国指定)

名称 種別 時代 指定年月日
本證寺境内 史跡 室町時代 2015年3月10日

愛知県指定有形文化財

名称 種別 時代 指定年月日
絹本著色 法然上人絵伝 絵画 南北朝時代 1972年5月31日
木造 慶円上人坐像一軀 附台座天板一面 彫刻 南北朝時代 2001年8月24日
垣蔦文組椀 工芸品 安土桃山時代 1958年6月21日
本證寺本堂 建造物 江戸時代 1974年4月10日
本證寺のイブキ 天然記念物 1978年1月17日

安城市指定文化財

名称 種別 時代 指定年月日
鼓楼・鐘楼・経蔵・裏門 建造物 江戸時代 2005年11月3日
絹本著色 聖徳太子像 絵画 室町時代 1965年11月3日
絹本著色 方便法身尊像 絵画 室町時代 1965年11月3日
絹本著色 親鸞聖人像 絵画 室町時代 1998年2月27日
木造 聖徳太子立像 彫刻 鎌倉時代 1974年2月13日
木造 阿弥陀如来立像 彫刻 鎌倉時代 1992年11月3日
孔雀文磬 工芸品 鎌倉時代 1965年11月3日
鴛香炉 工芸品 江戸時代 1965年11月3日
三葉葵紋象牙香箱 工芸品 江戸時代 1965年11月3日
栗紋様香合 工芸品 江戸時代 1965年11月3日
短刀 銘 来国光 工芸品 鎌倉時代 1965年11月3日
紙本墨書 六字名号 書跡 室町時代 1965年11月3日
紙本墨書 第十八願文・願成就文 書跡 室町時代 1965年11月3日
紙本墨書 十字名号 書跡 室町時代 1998年2月27日
御伝鈔 典籍 室町時代 1965年11月3日
教行信証 典籍 南北朝時代 1974年2月13日
紙本墨書 皇太子聖徳奉讃 典籍 鎌倉時代 1998年2月27日
紙本墨書 五帖御文(五冊) 典籍 室町時代 1998年2月27日
紙本墨書 五帖御文(四冊) 典籍 室町時代 1998年2月27日
野寺村検地帳 古文書 江戸時代 1965年11月3日
野寺絵図 古文書 江戸時代 1965年11月3日
家康黒印免許状 古文書 安土桃山時代 1965年11月3日
教如上人書状 古文書 安土桃山時代 1965年11月3日
本證寺門徒連判状 古文書 室町時代 1965年11月3日
伝源頼朝安堵状 古文書 未詳 1965年11月3日

参考文献 

  • 安城市史編集委員会編『新編安城市史』 安城市。
  • 「岡崎 史跡と文化財めぐり」編集委員会編『岡崎 史跡と文化財めぐり』 岡崎市、2003年。

本證寺の口コミ情報

2022年05月05日 みその三河守
本證寺



本證寺フェスティバルで訪ねました。見所の堀は立入禁止でしたが、鼓楼の中に入れました!

2022年01月25日 内匠頭天天丸
本證寺



堀の蓮が有名な本證寺。ですが伺ったのは真冬なので、夏にまた来たいと思います。境内まで車で入れました。道路を挟んで、斜め前にᏢあります。

2021年06月11日 北風
本證寺



名鉄南桜井駅から少し矢作川の方に県道で行きます。周辺には古墳もあって古来から開けていて人の往来も絶えなかった。立派な古刹です。お堀に蓮も咲くのでしょう。

2021年05月26日 曲輪衆尾張守名古屋のリラン
本證寺



県道沿いに山門くぐって境内に車を置くことが出来ます。内堀に囲まれた古刹素晴らしいです

2020年09月06日 しんこう
浅井西城[本證寺  周辺城郭]



【指定史跡】市指定史跡
【歴史】浅井西城には麓の居館があり、現在、八幡宮が祀られている詰城と麓の居館として用いられたと考えられているようです。
もともと黒柳右京亮政家の居館であったらしく、松平康孝が移ってきたために屋敷を明け渡し、屋敷の前に一時住んだと伝えられているそうです。松平康孝は、徳川家康の祖父松平清康の弟にあたります。
【感想】現在個人宅となっている土豪屋敷と呼ばれる居館跡には6m程の土塁が残されていて必見です。浅井西城に来る前に矢作川北岸にある本證寺など安城市近辺の城郭も散策してみましたが、こんなに高い土塁はお目に書かれておりません。少し離れた知多郡東浦町にある緒川城の高土塁ぐらいでしょうか。往時はこのような凄い高土塁を廻らした平城があちらこちらにあったのでしょうかね。
近くには、岡崎城の北門を移築した宿縁寺がありますので、あわせて行かれると良いと思います。

2020年08月15日 OROKA参議
木戸城[本證寺  周辺城郭]



【お手軽ついで寄りの小城館】

木戸城は本證寺の南東にある城館跡。もともとこのあたりは石川氏が治めていたが(居館の木戸古城はさらに北、遺構なし)、松平信光の安城進出に伴い、足助の成瀬氏がこの地に配せられ木戸城を築いた。
なお、この成瀬氏の末裔は犬山城主になった成瀬氏のようです。

アクセスは簡単で、矢作川の堤防沿いにある春日神社が主郭となっています。小さい神社が丸ごと小さい城跡そのものな感じです。
参拝のついでに鳥居のある入口付近に駐車する事も可能と思われます。

パッと見、平地にある普通の神社なんですが、入口には土塁が残り、さらに社殿の裏側には結構な深さの空堀がL字に残っています。
周りは住宅地や堤防のために改変されているにも関わらず、ここだけ古い城館が残っているのはホントに素晴らしいです。

本證寺に寄られたら、ぜひぜひついでに木戸城にもお寄りください。犬山城が好き、という方も成瀬家のルーツを感じに(こんな小さな城館から出世したのかという印象)、見に来てください(´▽`)
駐車から見学まで15分あれば楽しめます♪

2020年03月09日 国崎城一郎✨倜儻不羈
本證寺

車は境内に駐車出来ます。50台は入ると思います。

2011年08月19日 美少年☆右近衛中将☆喜三太
本證寺

堀には蓮が一面生息しています。寺前に2〜3台分の駐車場があります。

本證寺の周辺スポット情報

 (遺構・復元物)

 鼓楼(遺構・復元物)

 鐘楼(遺構・復元物)

 内堀(遺構・復元物)

 本堂(遺構・復元物)

 本證寺山門(遺構・復元物)

 裏門(遺構・復元物)

 外堀(東側)(遺構・復元物)

 庫裏(遺構・復元物)

 経蔵(遺構・復元物)

 土塁(遺構・復元物)

 木戸城(周辺城郭)

 浅井西城(周辺城郭)

 藤井城(周辺城郭)

 小川的場城(周辺城郭)

 本証寺(寺社・史跡)

 野寺八幡社(寺社・史跡)

 境内駐車場(駐車場)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore