岡崎城(おかざきじょう)

岡崎城の基本情報

通称・別名

龍城、竜城、竜ヶ城

所在地

愛知県岡崎市康生町561

旧国名

三河国

分類・構造

平山城

天守構造

複合連結式望楼型[3重3階/1617年築/破却(廃城令)]、複合連結式望楼型[3重3階/1959年再/RC造復興]

築城主

西郷頼嗣

築城年

享徳元年(1452)(享徳4年説あり)

主な改修者

松平清康、田中吉政

主な城主

西郷氏、松平氏、石川氏、田中氏、本多氏、水野氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

石垣、堀

指定文化財

市史跡(岡崎城跡)

再建造物

復興天守、門、石碑、説明板

周辺の城

井田城(愛知県岡崎市)[2.4km]
箱柳城(愛知県岡崎市)[4.4km]
安祥城(愛知県安城市)[5.6km]
上野上村城(愛知県豊田市)[6.4km]
桜井城(愛知県安城市)[7.2km]

岡崎城の解説文

岡崎城(おかざきじょう)は、愛知県岡崎市康生町にあった城。徳川家康の生地である。別名、龍城。

戦国時代から安土桃山時代には徳川氏の持ち城、江戸時代には岡崎藩の藩庁であった。

概要
菅生川と矢作川の合流地点にある龍頭山という丘陵を利用して造られている。元は、龍頭山の砦として三河国仁木氏の守護代であった西郷稠頼(つぎより、つぐより、又は、ちかより)、そして、その子頼嗣(よりつぐ)が北方に対する防御として築城したものである。当時は、龍燈山城(りゅうとうざんじょう)と呼んだ。それを、松平清康が西郷信貞(松平昌安)から奪い取り改修拡張整備したものが岡崎城である。

龍頭山はもともと小高い丘で、山頂に本丸が置かれた平山城として築かれていたが、本多康重から3代忠利(1600年 - 1645年)にわたる改修によって平城となっている。この際、本丸に複合連結式望楼型3重3階の天守(1617年)が建てられた。

本丸の北方に持仏堂曲輪、その北方下に二の丸、その北方に北曲輪、二の丸の東側には三ノ丸と東曲輪、その東に備前曲輪と大手門があった浄瑠璃曲輪、本丸と二の丸の西方下に坂谷曲輪、その西に白山曲輪と搦手口に当たる稗田門があった稗田曲輪、本丸の南は、菅生川沿いに菅生曲輪があり、それに、本丸から北側へ6重、西側へ4重の外堀を廻らせていた。

存城当時の東海地方の城では3番目に数えられる規模であったが、1873年の廃城令によって廃城となり城内の天守以下の建物及び土地を払い下げ、現在は一切の建物を失い、本丸と周辺の持仏堂曲輪、隠居曲輪、風呂谷等の曲輪と石垣、堀などの遺構を残すのみで、敷地は龍城神社、岡崎公園として整備され、天守などが復興され、市民の憩いの場になっている。

東隅櫓が2010年3月に再建された。望楼式二重櫓と呼ばれる木造2階建で、入り母屋造りの屋根は、岡崎藩主を務めた本多氏の家紋立ち葵が刻まれた本瓦葺き。壁は白漆喰塗り。高さ約9.4メートルで、かつて東曲輪だった岡崎公園駐車場の南東角に位置する。1781年の「岡崎城絵図」を基本資料としているが、東隅櫓の図面は現存しなかったため、愛媛県松山市に現存する同時代の松山城の野原櫓などの形式を参考にして、江戸時代の工法を忠実に再現し建設した。城内で発掘された石材を使い、空積みの石垣も築いた。隣接して同時に整備した長さ約45メートルの城壁と合わせ、総工費は約1億円。年中無休で内部を公開している。

歴史・沿革
1452年または1455年 龍頭山の砦として三河国守護仁木氏の守護代西郷氏が築城。
1531年 松平清康(徳川家康の祖父)が城主となり、城郭を整備して勢力を広げたが家臣の謀反により命を落とす(森山崩れ)。
1542年 城内で竹千代(後の徳川家康)が生まれる。当時、櫓や門の屋根も茅葺で、当地は石の産地ながら石垣などもなく、ただ堀を掘ったその土をかきあげて、芝を植えただけの土塁がめぐっていた。
1549年 松平広忠が家臣の謀反によって殺害されると、岡崎城は今川家の支城として城代が置かれた。
1560年 桶狭間の戦いで今川義元が敗死すると松平元康(後に家康、徳川へ改姓)は岡崎城を取り戻し、今川家から独立する。...

岡崎城の口コミ情報

織田修理大夫晃司様[2017年08月04日]
岡崎公園駐車場に停める。

岡崎公園(二の丸)はかなり観光整備されて、どれが遺構かわからない。

岡崎城天守も撮影ポイントが少なく、天守正面が辛うじてといったところ。
やはり2本の木が邪魔(そう思ってる人は多いと思う)

山手乃不二様[2017年05月09日]
名鉄岡崎公園駅から攻略する場合、近くの 大正庵釜春 という うどんやさんで腹ごしらえはいかがでしょうか。釜揚げうどんと もろこしうどん(とうもろこしでうどんが見えません)がオススメです。

かよぱぱ右兵衛佐様[2017年05月08日]
外観復元の天守もいいですが、ココに来ると誰もが「前に立ってる木が邪魔」と思います(;゜∀゜)30分毎に家康さんが能を舞うからくり時計がおもしろいですよん。

悪戯相模守ラスカル様[2017年04月28日]
公園の、平八郎と写真を是非ともとりましょう(笑)電話ボックスも、趣きあり(笑)

鶴亀仙人様[2017年04月28日]
現地にて攻略‼(当たり前ですな)
100名城スタンプは券売所で一声かけて。
シャチハタではなかったです。

刑部少輔緑木様[2014年06月10日]
計り知れない家康ワールド(笑)城内で色んな家康像に会うことが出来ます(笑)
青海堀や、家康のえな松、産湯の井戸は当時を偲ぶ貴重な遺構で、おすすめです!

富士丸佐渡守孫兵衛様[2013年11月02日]
閉館間際の16時30分に滑り込みました(^_^;)
前回来たときは、耐震補強工事で天守閣に登れなかったので、駐車場から走りました(>_<)
自分同様滑り込みした客に天守閣見学しなくても100名城のスタンプ出してくれたり、親切な職員さん達でした。自分はせっかくなのでチケット買って天守閣昇りました。
それにしても、今回も本丸で工事中で、重機が写らないように撮影するの面倒でした(-.-;)

BIT内記様[2013年08月11日]
三河武士のやかた家康館前の広場にある時計塔から能を舞う徳川家康公の人形が30分に1回登場するよ。

守屋内匠頭龍聖様[2012年12月03日]
初めての岡崎城登城。なんか学生とか若い人が多いなぁと思ったら「エヴァンゲリヲンと日本刀展」開催中って…うーん…家康公…いかがされた…

徳川内大臣源朝臣康武様[2012年04月08日]
東照神君と竹千代くんの石像ベンチ「出世ベンチ」が平成24年3月に完成!
天守をバックに、肩を組んで記念撮影は如何かな?

本多ゆみたん三河守忠勝様[2011年03月03日]
住所の『康生町』は、家康が生まれた地なので『康生町』と呼ばれています

テキーラ様[2010年11月01日]
隣の家康館にある、関ヶ原のジオラマが素晴らしいです 各隊の動きがよく分かります。

三河守コーキしゃん様[2010年10月18日]
空堀がかなり深く迫力があります復元天守、石垣、家康の産湯井戸などがあります

岡崎城の周辺観光情報

三河武士のやかた家康館

岡崎公園内にある歴史観光資料館です。常設展示室では、三河武士の源流から家康公の祖・松平氏の歴史と家康公の75年の一生を8つのテーマに分けて、時代を追って展示しています。

詳細はこちら

岡崎城下二十七曲がりの碑・冠木門

東海道五十三次の中でも屈指の規模を誇る宿場町であった「岡崎宿」。欠町から伝馬通り、材木町から八帖町、矢作橋へとつながる旧街道は、多くの曲がり角があったことから「岡崎城下二十七曲がり」と呼ばれています。

詳細はこちら

伊賀八幡宮

松平家(徳川家の祖)の4代親忠は、文明2年(1470)に氏神として伊賀八幡宮を勧請しました。5年後に氏寺(菩提寺)として創建の大樹寺と共に、江戸時代にわたっても将軍家の厚い崇敬をうけました。

情報提供:岡崎市経済振興部観光課

詳細はこちら

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore