安祥城(あんしょうじょう)

安祥城の基本情報

通称・別名

安城城、森城

所在地

愛知県安城市安城町城堀30

旧国名

三河国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

和田親平

築城年

永享12年(1440)

主な改修者

主な城主

和田氏、松平氏

廃城年

永禄5年(1562)

遺構

曲輪、土塁、堀

指定文化財

市史跡(安祥城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

桜井城(愛知県安城市)[2.8km]
本證寺(愛知県安城市)[5.2km]
岡崎城(愛知県岡崎市)[5.6km]
井田城(愛知県岡崎市)[7.0km]
上野上村城(愛知県豊田市)[8.1km]

安祥城の解説文

安祥城(あんしょうじょう)は、三河国碧海郡安城(現在の愛知県安城市安城町)にあった城。

舌状台地の先端に位置し周囲を森と深田に囲まれていて、その内側に土塁や堀があり、天守を持たない平山城だった。室町時代中期に築城され、織田氏、今川氏、松平氏との間で激しい戦闘が繰り広げられた。城の別名は、先述したように周りが森に囲まれていたことから森城(もりじょう)と呼ばれた。

現在では、碑・塚・切岸・堀・一部曲輪などが残るだけとなっている。本丸は大乗寺、二の丸は八幡社、三の丸は大乗寺の裏手あたりになる。

また、徳川最古参の三河安祥之七御普代の発祥の地でもある。三河安祥之七御普代とは、酒井左衛門尉・大久保・本多・阿部・石川・青山・植村、または酒井・大久保・本多・大須賀・榊原・平岩・植村を指す(『柳営秘鑑』)。

『信長公記』に「三川の内あん城と云ふ城」と記載される。織田氏が保有していた時代には、三河進出の牙城となった。

歴史
永享12年(1440年)、三河国碧海郡周辺を支配していた和田氏(畠山氏の一族と言われる)の和田親平が築城したとされる(安祥城築城以前は、西隣の安城古城が本拠地になっていた)。築城当初は居館であった。その後文明3年(1471年)、三河国岩津城主の松平信光が謀略を用いて無血落城させ、以後4代、松平氏の居城となる。この4代の間を安祥松平氏と呼ぶ。『徳川実紀』によれば、大永4年(1524年)、4代目の松平清康(徳川家康の祖父)は、岡崎城を取得するも、なお安祥を本拠とし、森山崩れで逝去するまで、安祥松平家(徳川本家)の本拠地となった。徳川本家の本城が岡崎城になるのは、松平広忠の時代からである。

東照宮御実紀巻一には、畠山加賀守某が安祥の城を攻め抜かれ、と記載されている。

『新編柳営続秘鑑』「十二巻・葵之御紋来由」によると、松平信光が、文明11年7月15日(1479年8月2日)の安祥城攻めの時、酒井氏の祖である酒井親清に、三葵の葉の家紋を与えたという(その後、文亀元年(1501年)9月、松平長親の時に今川方大将の北条早雲と岩付の城下の岩津城下にて合戦勝利、先陣の酒井左衛門尉・氏忠・入道浄賢の働きを顕彰し、信光が与えた三ツ葵の酒井氏の家紋を奉還してもらい、徳川家の家紋となったという。これ以後、酒井氏は、葵紋に似た酸漿(カタバミ)の家紋となったという)。

しかし、天文4年(1535年)に清康が家臣に殺され森山崩れが起こると、継嗣・松平広忠(徳川家康の父)を一族の松平信定(広忠の大叔父)が岡崎城から追放し実権を握るが、翌天文6年(1536年)に信定が岡崎城を退去したため、広忠が再入城する(その後、信定は許される)。しかし、三河の諸豪族が相次いで離反し、一族からも謀反が起こるなど松平氏は弱体化した。

天文9年(1540年)、松平氏が弱体化したこの機に尾張国古渡城主・織田信秀が安祥城を攻撃し落城させ、城代に織田信広を置いた(第一次安城合戦)。また、信秀の攻撃は失敗したと言う異説もあり、その説によると天文13年(1544年)8月にもう一度織田敏宗に攻撃させるも失敗し、翌月、織田信秀が3度目の攻撃をして落城させたとされる(第二次安城合戦?)。天文14年(1545年)、広忠は安祥城を奪還するために出陣する。家臣は勝機は無いとして攻撃の中止を進言するが、広忠は聞き入れず戦いを挑む。しかし、織田勢の挟撃に合い大敗、広忠の命も危うくなったが、本多忠豊(忠勝の祖父)をはじめとする家臣の奮戦によって岡崎に逃げることが出来た(忠豊は広忠の身代わりになって討ち死にした)。この戦いに敗北したことによって、松平氏の弱体化は、決定的なものとなる(上記の説が正しければ第三次安城合戦そうでなければ、第二次安城合戦)。天文16年(1547年)、織田氏の討伐軍が侵攻し、それに耐えることが出来ないと考えた広忠は、やむなく今川氏に救援を求める。これに対し、今川氏の当主・今川義元は人質として、竹千代(徳川家康)を引き渡すことを要求する。広忠はこれを受諾し、竹千代を駿府に送るが途中で戸田康光に拉致され尾張の織田氏に売られてしまう。しかし、これによって松平氏は今川氏の傘下に組み込まれることとなる。そして、天文18年(1549年)に広忠は病死する。
...

安祥城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore