深溝城(ふこうずじょう)

深溝城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県額田郡幸田町大字深溝字丸の内、城山

旧国名

三河国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

大庭朝満

築城年

不明

主な改修者

主な城主

大庭氏、松平氏、板倉氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

上ノ郷城(愛知県蒲郡市)[4.4km]
形原城(愛知県蒲郡市)[5.5km]
山中城(愛知県岡崎市)[7.9km]
東条城(愛知県西尾市)[7.9km]
本證寺(愛知県安城市)[10.7km]

深溝城の解説文

深溝城(ふこうずじょう)は、現在の愛知県額田郡幸田町深溝にあった、戦国時代から江戸時代初期の城である。

歴史
大場氏により、寛喜3年(1231年)、あるいは正慶元年(1332年)に築城とも言われるが、築城年代は不明である。この、深溝城を松平信光(寛正6年(1465年)説)、または松平忠定が奪取した(深溝紀略、大永3年(1524年)説)という。他に永正2年(1505年)説。

三河物語、東照宮御実紀などには、大場氏の登場はおろか、深溝城の奪取についても一切記載がなく、松平氏が深溝城を拠点とする以前については不明である。

宗長日記には、大永6年(1526年)、「松平大炊助宿所連歌。沢のうへの山たちめぐる春田かな此所の様なるべし。」と記載がある。

三河物語に、三河一向一揆の項目で、不高須(深溝)之松平主殿之助(伊忠)殿、と記載ある。

深溝城は松平氏のものとなり、吉良氏との戦いの拠点になった。代々深溝城主になった一族を深溝松平氏という。それから城主は二代目好景、三代目伊忠、四代目家忠、五代目忠利と続き、慶長19年(1614年)に忠利が三河吉田藩の吉田城へ移った事で、深溝城の深溝松平氏の支配は終わる。元和元年(1615年)、深溝城は廃城となり、以後陣屋と称した。

現在の深溝城址
明治維新を迎えて陣屋も廃され、昭和に入って民間に売却され工場用地となった。現在はその一角に看板と記念碑が建っているだけである。石垣のようなものも伺えるが、建物などは跡形もない。そのため、当時の構造が全く分からない状態となっている。

なお、かつての陣屋絵図の写しが幸田町郷土資料館に収蔵されている。

深溝城の口コミ情報

熊谷三河守一哉様[2012年10月05日]
現在は(株)三協幸田工場となっているので、ナビを利用する際はそちらを目的地にするといいかも。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore