龍岡城(たつおかじょう)

龍岡城の基本情報

通称・別名

龍岡五稜郭、桔梗城、田口陣屋

所在地

長野県佐久市田口

旧国名

信濃国

分類・構造

稜堡式

天守構造

なし

築城主

松平乗謨

築城年

元治元年(1864)

主な改修者

主な城主

大給松平氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、櫓、石垣、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

国史跡(龍岡城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

平賀城(長野県佐久市)[3.4km]
伴野城(長野県佐久市)[4.3km]
志賀城(長野県佐久市)[6.9km]
根井氏館(長野県佐久市)[8.3km]
大井城(長野県佐久市)[8.9km]

龍岡城の解説文

龍岡城(たつおかじょう)は、長野県佐久市田口にある日本の城跡。幕末期に築城され、龍岡藩(田野口藩)の藩庁が置かれていた。日本に二つある五芒星形の西洋式城郭のうちの一つであり、もう一つの西洋式城郭である函館の五稜郭との対比から龍岡五稜郭、あるいは桔梗城とも呼ばれている。国指定の史跡。

歴史
文久3年(1863年)、三河国奥殿藩の藩主・松平乗謨(のりかた)は、分領である信濃国佐久郡への藩庁移転と陣屋新築の許可を江戸幕府から得た。

奥殿藩の藩庁は三河国の奥殿陣屋(現在の愛知県岡崎市奥殿町)にあったが、領地の大部分(1万6000石中の1万2000石)は信濃国佐久郡にあり、佐久に陣屋を置いて25か村を支配していた。藩庁の信州への移転は念願であり、幕府による参勤交代緩和(文久の改革)などを好機と見て届け出たものである。幕末、国内情勢が緊迫する中で、東海道沿いにあって動乱に巻き込まれることが懸念される、領地の狭小な奥殿から退避する意味もあったという。

西洋の軍学に関心を寄せ、砲撃戦に対処するための築城法を学んでいた乗謨は、新たな陣屋として稜堡式城郭(星形要塞)を設計する。文久3年(1863年)11月、いくつかの築城候補地の中から田野口村を選定。元治元年(1864年)3月に建設を開始した(建設開始は文久3年(1863年)11月ともいう)。

総工費は4万両。慶応2年(1866年)12月には石垣と土塁が竣工、慶応3年(1867年)4月には城郭内に御殿などが完成した。完成時には領民や藩士にもこの新型城郭の見学を許している。しかし、乗謨が老中格・陸軍総裁に就任し公務に忙殺され、経済的・時間的余裕がなくなる状況のもとで石垣工事は簡略化されるなど、未完成部分も多いとされる。

龍岡藩廃藩後の明治5年(1872年)、建物は解体され、競売に付される。堀も埋められたが、昭和の初期に住民によって復元されたという。

城跡に残された御台所櫓には、1875年(明治8年)に田野口村の尚友学校が移転。以後、現在の佐久市立田口小学校に至るまで城跡は小学校として用いられている。

1934年(昭和9年)に「龍岡城跡」は国の史跡に指定された。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(129番)に選定された。

構造
完成は、函館の五稜郭の完成(1864年)の3年後である。総面積は約2万75坪で、五稜郭に比べ規模は約半分である。...

龍岡城の口コミ情報

土佐守紺タオル地六連銭様[2017年07月04日]
これからの暑い季節、ビールと抜群の相性の、龍岡城近くにある、知る人ぞ知る名物があります!その名も「むしり」というものです!
大きな若鶏半分(^.^)を蒸した上にカリカリに焼いたもので、味付けはシンプルに塩コショウのみですが、かぶりつつくと中から美味しい肉汁がたっぷり出て来て、外のカリカリの食感と相まって、もう堪りません❗
「むしり」を出しているお店「瀬川」さんは午前10時から午後9時までやっていますが、不定休です(^_^;)「むしり」を焼いてもらうのには事前に予約が必要ですよ!予約してでも食べたい美味しさ「むしり」ちゃん!龍岡城に来て「むしり」を食べたなら、もうあなたは龍岡城マスターです!!

アキタケ城遠江守様[2017年05月10日]
少し小ぶりですが五稜郭です。
日本に二つしかありません!
近くで見るより田口城趾に登り見るべし!

五瓜ニ唐花紋内大臣や〜きみ様[2017年05月09日]
函館の五稜郭に比べたら小振りですが、五稜郭です。
一部は現在小学校になってます。
駐車場はあります。
稜郭を見るの初めての人にはいいかも。
大きくないと嫌な人は少しガッカリする人もいるかも知れないですが。

城ノ内相模守夏葉様[2017年04月14日]
資料館のおばさんたちの話によると、城内の小学校は統合されることになり移転するので、将来城跡が整備される計画があるそうです。城好きとしては楽しみですが、地元の子供たちは残念でしょうね。

土佐守紺タオル地六連銭様[2017年04月09日]
祝❗❗❗続100城選出❗❗❗快挙ですね~

土佐守紺タオル地六連銭様[2016年01月31日]
日本に実は五稜郭が二つ残っているんですよ~ 龍岡城は函館の五稜郭のミニチュア版といったところで小さな五稜郭です☺星形の堀の淵を歩いてみると楽しいですよ!すぐ回ってこれます(笑)
城内は現在小学校になっていて、校庭に藩主の台所に使われていた御台所という大きな遺構が残っています。小学校がお休みの時にどうぞ(笑)

五稜郭の北側には資料館があります。ここに模型があったり歴史資料があります。無料ですよ~ トイレも完備。

小さい五稜郭龍岡城への行き方は、電車ですとJR小海線の龍岡城駅で降りていただき、東側の山手に1キロくらい歩いていくと石碑のある龍岡城の桝形が見えてきますので、そこを南に曲がります。100メートルくらい進んだところで、駐在所のある交差点に突き当たるので、そこを東側にもう100メートルくらい進むと到着です。歩きが大変な方は、龍岡城駅の近くのバス停から臼田青沼線に乗ってください。新幹線駅の佐久平駅からもバスが出ているようですが、本数がかなり少ないようなのでこちらは気を付けてください。
桜の咲く4月頃が見頃ですよ!!

大宰大弐道灌♪ヽ(´▽`)/様[2015年02月27日]
はっ!Σ( ̄□ ̄;)…五稜郭!?…信濃に!?
予定していませんでしたが、思わずリア攻めせずにはいられませんでした♪
確かに間違いなく五稜郭です!!
郭内は小学校になっていますが、正門前に史料館がありますので、そこに駐車させて頂いて、見学できます♪(°▽°)

ひろし様[2014年09月25日]
日本に二箇所だけの五稜郭。函館は有名ですが佐久市にもあったのですね。石垣、水堀も完全ではありませんが残っています。少し離れた場所にも門があります。龍岡城跡の石碑があります。明治政府の文化財指定?の石碑もありましたが彫りが浅くよく読めませんでした。カーナビで行けますし案内板が道路にあります。

三日陸奥守落人様[2014年07月25日]
城跡は学校として活用されて蝉の声が似合う風情になっていますが、有名な星形遺構などよく残っています。

資料館に立ち寄られたらぜひグッズコーナーにも目を移してみて下さい。
城好きなら萌えること請け合いの、オリジナル首巻きタオルがおすすめです♪

火虎上野介様[2013年05月29日]
資料館は、火曜日休日です。パンフレットが、入り口の脇に有ります。

参議一之介様[2013年01月26日]
函館五稜郭ほど規模は大きくないので、星形をしていることがかえって分かりやすいと思います。敷地内の小学校に行く、堀に懸かる橋の上からだと、よくわかります。
周辺は住宅地なので、飲食店はありません。城 から10キロほどのところに、日本で一番海から離れた地点があります。話のネタに立ち寄ってみては?

μ1030SW様[2010年12月18日]
R141に案内板がありますので見つけやすいと思います。
カーナビでも充分見つけることが出来ます。
駐車場と資料館が有るので楽しめます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore