岩尾城(いわおじょう)

岩尾城の基本情報

通称・別名

琵琶島城

所在地

長野県佐久市鳴瀬城跡572他

旧国名

信濃国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

大井行俊

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

大井氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、石積

指定文化財

県史跡(岩尾城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

根井氏館(長野県佐久市)[2.4km]
伴野城(長野県佐久市)[4.8km]
大井城(長野県佐久市)[5.3km]
望月城(長野県佐久市)[6.0km]
御影陣屋(長野県小諸市)[6.7km]
平賀城(長野県佐久市)[7.8km]
小諸城(長野県小諸市)[8.2km]
志賀城(長野県佐久市)[9.1km]
龍岡城(長野県佐久市)[9.2km]
長窪城(長野県小県郡)[14.5km]

岩尾城の解説文

岩尾城(いわおじょう)は、長野県佐久市鳴瀬岩尾にあった日本の城。

概要
文明10年(1478年)8月、清和源氏小笠原氏流大井氏の一族である長土呂大井氏の大井行俊が南北を千曲川、湯川に挟まれた断崖上にある要害の地、岩尾に築城した。この時、伊豆・箱根・三島神社を遷し鎮守とした。

文明18年(1486年)家督を継いだ二代目城主行満は、延徳元年(1489年)甲斐武田氏の信濃侵攻により岩尾城を焼き討ちされたが、これを退けた。行満は明応年中(1492年 - 1500年)に出家し回国修行に出て大永5年(1525年)に岩尾に帰り、城内二の丸に西国・坂東・秩父百番観音巡礼供養塔を建てた。行満の子、行真が家督を継ぎ岩尾に在城した。行真は天文8年(1539年)に没し、嫡子行頼が家督を相続した。

天文12年(1543年)9月、甲斐の武田晴信(信玄)は、長窪城の大井貞隆を攻め、岩尾城も攻略されて行頼は城を捨て逃れたが、その後武田氏に臣従して岩尾城に戻った。天文14年(1545年)岩尾城代には真田幸隆が任された。幸隆の子、真田昌輝、真田昌幸は岩尾城で生まれたとも言われる。天文20年(1551年)武田晴信自らが岩尾城の鍬立て(地鎮祭)を行い(『高白斎記』)、さらに天正6年(1578年)には武田勝頼が城の修復を命じているなど、岩尾城は佐久地方の重要な戦略拠点であり、難攻不落の堅城に作り上げられた。

行頼の嫡子、五代目城主大井行吉は武田氏に従軍しており、岩尾城は一時岩村田の中沢清季が預かっていた。天正10年(1582年)に武田氏が滅亡すると行吉は後北条氏に臣従し、徳川家康の麾下依田信蕃が佐久に侵攻して諸城を攻略するのに対抗して、岩尾城に立て篭もった。

天正11年(1583年)2月21日、徳川軍監柴田康忠、依田信蕃軍が総攻撃をかけたが行吉方は決死で防戦して退けた。23日、依田信蕃は自ら陣頭に立って三の丸付近まで攻め込んだが、鉄砲で狙撃され弟の信幸と共に討死した。行吉は柴田康忠の勧めに従い、3月7日開城して上州保渡田に去った。こうして岩尾城は築城より106年の後、廃城となった。

岩尾城の口コミ情報

2020年11月07日 Marky武蔵守
落合城[岩尾城  周辺城郭]

耕作地で看板や痕跡は無いが、地形が要害であることを物語っている。

2020年03月14日 内記かずりヾ(・ε・。)
日向城[岩尾城  周辺城郭]



日向城は岩尾城の南、約3.0kmの位置にあります。築城者、築城時期は不明なんですが、場所から想像するに岩尾城の岩尾大井氏や伴野氏に関係する在地土豪のお城だったと自分は考えます。武田氏の利用もあったとされ、この地方のお城としては別格とも言える縄張を持っていることから、岩尾城と同時期に改修の手が入ったかもしれません。

お城に行くには、日向神社を目標に設定して下さい。この神社から道路を挟んだ南側の尾根に登城路入口があります。畑の奥にあってちょと判り難いですが、うろうろしてれば見つかります。主郭にはプアーな八幡神社(鳥居は塩ビパイプ)が鎮座しており、その参拝道でもあるので近所の方に尋ねてみるのもよいでしょう。自分は日向神社が右手に見えたので、これが登城路だとすっかり勘違いして爆進しました。尾根を登って行くと段々地形が見えるので「これは段郭に間違いないね、ワトソン君」「流石はホームズ、よく気付いたね!」等と一人芝居しながら写真撮ってたんですが、そもそも尾根を一つ間違えているという…後で恥ずかしくなって写真全部削除したわ!ただの段々じゃねーか!しかも間違いに気付いて下山したら、尾根をもう一つ間違えているという謎現象に…山って恐いですね!結局その後、近くを通り掛かった方にお城への行き方を尋ねて事無きを得ました。無駄な体力消耗しましたね〜

お城は段郭の合間を通りながら、途中虎口らしきものを抜けて10分掛からずに主郭に到達、ちょっと拍子抜けします。主郭は馬蹄形の腰郭の中に島のように存在し、腰郭の削平具合と相まってめりはりが効いてます。主郭には建物の平屋より高い土塁が山側に付いてますが、この土塁に登った瞬間、山城好きなら絶叫すること間違いなしでしょう。二重堀切を含む堀切数条で尾根をぶった斬り。特に主郭から1条目のものは堀切内部に二段ぐらいの段郭があるような造り、主郭の腰郭と巧みに守り手を分け合い感動もの!このお城の堀切+竪堀の美しさは信濃屈指でしょう!斜面に連なる竪堀の列線は、こんなところにお宝が…みたいな気持ちにさせてくれます!又、堀切間の郭の造り方にも工夫が見られますが、説明すんのが凄く面倒なので現地に赴いて下さいw

この地方では珍しい、土の技巧に満ち溢れたお城です。最近3000城じゃ物足りなくなったなぁ…という方がいらっしゃいましたら是非訪れてみて下さいね!

2017年12月06日 阿閉隊近江守Silvine
岩尾城

12/5現在、神社内は倒木の恐れあり、立ち入り禁止となっています。

2017年01月12日 カーネル
岩尾城

小海線北中込駅から

北上して県道103号にでたら、左折してひたすら西へ
道は歩道があって歩きやすいです。(長野なのに)伊豆箱根三島神社が城跡です

参道に三の丸の標柱あり、拝殿が二ノ丸、本殿の裏に回ると本丸です
ここは土塁かわかりませんが、一段高い土の盛り上がりが直線にあります

二ノ丸下には堀があり、参道を出ると三日月堀跡の標柱もあります

往復で2時間くらいかかりました。遠いですけど、街の雰囲気がよく、楽しんで歩いてきました


2012年05月14日 赤いRVR右京大夫@松本
岩尾城

写真の川を挟んで、落合城があります。この一本東の橋。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore