岩尾城(いわおじょう)

岩尾城の基本情報

通称・別名

琵琶島城

所在地

長野県佐久市鳴瀬城跡572他

旧国名

信濃国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

大井行俊

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

大井氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、石積

指定文化財

県史跡(岩尾城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

根井氏館(長野県佐久市)[2.4km]
伴野城(長野県佐久市)[4.8km]
大井城(長野県佐久市)[5.3km]
望月城(長野県佐久市)[6.0km]
御影陣屋(長野県小諸市)[6.7km]
平賀城(長野県佐久市)[7.8km]
小諸城(長野県小諸市)[8.2km]
志賀城(長野県佐久市)[9.1km]
龍岡城(長野県佐久市)[9.2km]
長窪城(長野県小県郡)[14.5km]

岩尾城の解説文

岩尾城(いわおじょう)は、長野県佐久市鳴瀬岩尾にあった日本の城。

概要
文明10年(1478年)8月、清和源氏小笠原氏流大井氏の一族である長土呂大井氏の大井行俊が南北を千曲川、湯川に挟まれた断崖上にある要害の地、岩尾に築城した。この時、伊豆・箱根・三島神社を遷し鎮守とした。

文明18年(1486年)家督を継いだ二代目城主行満は、延徳元年(1489年)甲斐武田氏の信濃侵攻により岩尾城を焼き討ちされたが、これを退けた。行満は明応年中(1492年 - 1500年)に出家し回国修行に出て大永5年(1525年)に岩尾に帰り、城内二の丸に西国・坂東・秩父百番観音巡礼供養塔を建てた。行満の子、行真が家督を継ぎ岩尾に在城した。行真は天文8年(1539年)に没し、嫡子行頼が家督を相続した。

天文12年(1543年)9月、甲斐の武田晴信(信玄)は、長窪城の大井貞隆を攻め、岩尾城も攻略されて行頼は城を捨て逃れたが、その後武田氏に臣従して岩尾城に戻った。天文14年(1545年)岩尾城代には真田幸隆が任された。幸隆の子、真田昌輝、真田昌幸は岩尾城で生まれたとも言われる。天文20年(1551年)武田晴信自らが岩尾城の鍬立て(地鎮祭)を行い(『高白斎記』)、さらに天正6年(1578年)には武田勝頼が城の修復を命じているなど、岩尾城は佐久地方の重要な戦略拠点であり、難攻不落の堅城に作り上げられた。

行頼の嫡子、五代目城主大井行吉は武田氏に従軍しており、岩尾城は一時岩村田の中沢清季が預かっていた。天正10年(1582年)に武田氏が滅亡すると行吉は後北条氏に臣従し、徳川家康の麾下依田信蕃が佐久に侵攻して諸城を攻略するのに対抗して、岩尾城に立て篭もった。

天正11年(1583年)2月21日、徳川軍監柴田康忠、依田信蕃軍が総攻撃をかけたが行吉方は決死で防戦して退けた。23日、依田信蕃は自ら陣頭に立って三の丸付近まで攻め込んだが、鉄砲で狙撃され弟の信幸と共に討死した。行吉は柴田康忠の勧めに従い、3月7日開城して上州保渡田に去った。こうして岩尾城は築城より106年の後、廃城となった。

岩尾城の口コミ情報

2021年10月26日 内記かずりヾ(・ε・。)
耳取城[岩尾城  周辺城郭]



耳取城は岩尾城の北方約4.2km、千曲川の東岸、皿掛川の南岸、標高約650mの台地上端部に主郭が存します。謂わゆる佐久平を代表する地形の一つである田切地形の端部に築かれたお城です。

行き方はGoogleマップに位置登録されているのでダイレクト設定して下さい。ただピンの位置は長野県道78号線脇の石碑の建つ位置を示していますので、主郭の位置とは少し離れています。

築城年代は不明ですが、築城者は耳取大井氏です。耳取大井氏については同じ岩尾城のリア攻めマップにある五領城を参照して下さいまし。室町時代中期以降、厳しい時代を背景として大井氏の支配領域で築城が盛んになりますが、五領の館を本拠とし、五領城を要害城としていた耳取大井氏も耳取城を新たに築いて本拠としました。

お城は佐久平では屈指の大きさです。増築を繰り返したと思われる縄張は要害地形を取り込んで台地上に広がります。近辺にお住まいの方なら頻繁に利用するであろう長野県道78号線〜佐久小諸線ですが、県道は城域のほぼ中心を南北に走っています。気付かずに通り過ぎている方も多いと思いますが、興味が無けりゃ当たり前っす…

お城の現況は県道、耕作地、雑木林、墓地、一般住宅地、玄江院等となっています。縄張図を見ると11の郭を持ち、他に居館、屋敷、馬場等が付随しています。それぞれを堀や土塁で区画、城域全体は一部を除いて堀で囲っていたと考えられますが、現地に赴くと現況に埋もれてしまいファジー過ぎて判別は困難です。「なるへそ〜」等と呟いて納得する部分もあるのですが…

行ってみりゃほっこりするよな長閑な集落の印象ですが、城域北側、皿掛川が創造した田切地形は凄まじく、落差30mはあろうかという凶悪な断崖によって台地上に深い峡谷地形を形成しています。初見は守れんのか…みたいな印象だったんですが守れるでしょう。東側と南側は知らんけど…

みんな大好き小諸城は本丸の位置が城下町より低い穴城として有名ですが、この耳取城も主郭の位置が大手筋より低いので穴城と言ってよいでしょう。佐久平のお城は田切地形を有効活用する為に広義でこの様な形態を取るものが散見され、耳取城は佐久平ならではのお城と言ってよいと思います。大胆に言えば小諸城のお父さんとする事も可能ですが、小諸城からしてみれば「親ガチャだよ〜」と迷惑がられる事でしょう。

2021年10月25日 内記かずりヾ(・ε・。)
五領城[岩尾城  周辺城郭]



辿り着けなかったお城シリーズ

五領城は岩尾城の北方約2.4km、西方へ張り出す標高約649mの狭小な台地上端部に主郭が存します。

行き方はGoogleマップに位置登録されているのでダイレクト設定して下さい。取り付きは城域東側の台地上から藪を分け入るか、城域内西側の墓地に通じる道を利用して藪に分け入るかの二つがあります。

築城年代は不明ですが、築城者は耳取大井氏と推測されます。耳取大井氏は甲斐源氏、小笠原信濃守長清の七男、大井光朝を祖とする大井氏の庶流で、光朝の嫡男光長の四男、四郎行氏に佐久郡耳取を領させた事から始まります。五領城はこの耳取大井氏最初の要害城と推測されています。

お城は謂わゆる崖端城で、城域の西南北辺はこの要害地形をフル活用しています。東辺は現況農道となっていますが、流石に台地上を断ち切る空堀ぐらいはあったかもしれません。主郭は狭小な台地上端部のほぼ中央に位置していたと思われますが、行ってないので知らんがな…このお城、城域の東西で頑張れない藪なのでお城の中心部に辿り着けません。ただ城域の東辺付近にはぽこりんとした土壇が付いていてお城の最高所となっているのは確認出来ました。此処には藪に塗れた祠が鎮座、ちょっとびっくりしやした。

正直言えば次も控えてるし、このレベルのお城で苦労したくなかったのも事実…が、冬枯れしそうな藪ではあるので季節によっては案外楽かもしれません。又、お城の北側には東西に水路が走っており、此処には橋が掛けられていたりなんかもしますが、誰でも渡る気にはちょっとなれないでしょう。それにしても信濃のお城で「辿り着けなかった。」は個人的に許されない事象、必ず再訪します。

2021年10月25日 内記かずりヾ(・ε・。)
駒形城[岩尾城  周辺城郭]



駒形城は岩尾城の北方約1.7km、西方へ張り出す標高約649mの小さな舌状台地上端部に主郭が存します。城域はこの舌状台地上をそのまま活用しています。

行き方はGoogleマップに位置登録されているのでダイレクト設定して下さい。駒形城は現況駒形神社となっていますが、駒形神社自体の創建が古く、文明十八年(西暦1486年)に佐久郡耳取城主の大井政継(武田晴信の初陣と伝わる海ノ口城攻めで籠城奮戦した平賀玄信の孫、晴信の奇策によって落城に至った経緯は信憑性に乏しい甲陽軍艦のみに見られる記述…)が再興したと伝わっているんすけど、玄信が討死したとされる海ノ口城攻めが天文五年(西暦1536年)なのでそんな訳無い…再興年の誤伝(天文か?)か、正継の誤伝と思われます。

築城年代、築城者は不明です。位置関係から耳取大井氏か望月氏庶流、根井氏に関係するお城と推測されています。が、前述のとおり駒形神社の創建がかなり古く室町時代を遥かに遡る事も考えられるのでお城の成立に関しては疑問が残ります。又、駒形神社の祭神は騎馬の男女二神像を安置していて、名称からも解るように牧に関係する神社とされています。

お城は謂わゆる崖端城で、城域の西南北辺はこの要害地形をフル活用しています。東辺は台地上を空堀で堀切っていたと思われますが、空堀跡と推測される舗装路から東側にも堀跡と思しき遺構が確認出来るので、想像よりも少しだけ大きなお城だったかもしれません。

駒形神社本殿は国宝保存法により国宝に指定されていましたが、文化財保護法の施行に伴い重要文化財に格下げされちゃいました。お城の方は文化財として一切無視されていますが、訪ねてみれば当たり前だよと誰もが思う事でしょう。

※駒形城は信濃だけでも3城(その内の1城は塩田城のリア攻めマップを参照して下さいまし。)存する。

2021年10月11日 ビン太
岩尾城



現地は曲輪が残り、敷地内は神社に改修されて看板があるのみで個人的には特筆することはありません。リア攻めの際にも現地にさえ辿り着けば支障ありません。ただ、ここに至るまでの現地周辺の道がかつての要害の地であったことを感じさせます。運転に自信のない方は北側の急坂からの城攻めはお勧めしません。と、いっても南側の細道も見つけづらく見つけても一見、他人の家の敷地に見えるので(実際そうかも知れませんが)躊躇します。奥に入ったとしても田んぼ道程度の道幅しかないので駐車の余裕はありません。(交通量は殆ど無いかもしれませんが地元の方への迷惑につながることはメグラーとして避けたいところ)

2020年11月07日 Marky武蔵守
落合城[岩尾城  周辺城郭]

耕作地で看板や痕跡は無いが、地形が要害であることを物語っている。

2017年12月06日 近江守Silvine
岩尾城

12/5現在、神社内は倒木の恐れあり、立ち入り禁止となっています。

2017年01月12日 カーネル
岩尾城

小海線北中込駅から

北上して県道103号にでたら、左折してひたすら西へ
道は歩道があって歩きやすいです。(長野なのに)伊豆箱根三島神社が城跡です

参道に三の丸の標柱あり、拝殿が二ノ丸、本殿の裏に回ると本丸です
ここは土塁かわかりませんが、一段高い土の盛り上がりが直線にあります

二ノ丸下には堀があり、参道を出ると三日月堀跡の標柱もあります

往復で2時間くらいかかりました。遠いですけど、街の雰囲気がよく、楽しんで歩いてきました


2012年05月14日 赤いRVR甲斐守@松本
岩尾城

写真の川を挟んで、落合城があります。この一本東の橋。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore