長窪城(ながくぼじょう)

長窪城の基本情報

通称・別名

深山城、霞尾城

所在地

長野県小県郡長和町古町3747-2

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

望月氏?、大井氏?、芦田氏?

築城年

室町時代中期?

主な改修者

主な城主

長窪氏、大井氏

廃城年

天正11年(1583)

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

町史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

望月城(長野県佐久市)[8.6km]
和田城(長野県小県郡)[9.3km]
塩田城(長野県上田市)[9.7km]
岩尾城(長野県佐久市)[14.5km]
小諸城(長野県小諸市)[14.8km]

長窪城の解説文

長窪城(ながくぼじょう)は、長野県小県郡長和町にあった日本の城。

概要
室町時代の応永年間に、大井氏、または芦田氏(依田氏)によって築かれたといわれている。

大井氏の親類衆が長窪氏を名乗り、城主となった。
戦国時代の天文12年(1543年)、甲斐の武田晴信(信玄)の軍に攻められた。相木昌朝や芦田信守が内応したため、城主の大井貞隆は降伏した。

武田氏の支配となった長窪城は、武田氏が北信濃に進出するための重要な拠点となった。

信玄が長窪城に着陣し、東・北信濃を攻略したのは、天文17年(1548年)の上田原の戦い・天文19年(1550年)の砥石城戸石城)攻略・天文22年(1553年)和田城、高鳥屋城塩田城の攻略と3回あったようである。

天正10年(1582年)武田氏が滅亡すると、小県郡は真田昌幸の領地となり、天正11年(1583年)昌幸が上田城を築くと、長窪城は廃城となった。  

長窪城の口コミ情報

内記オヨ島様[2015年09月27日]
城跡はとても眺望が良く、戦国武将の気持ちになりました。

赤いRVR弾正大弼@松本様[2011年10月03日]
現在、主郭までは行かれますが、南側の遺構群は、止め山のため入れません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore