長窪城(ながくぼじょう)

長窪城の基本情報

通称・別名

深山城、霞尾城

所在地

長野県小県郡長和町古町3747-2

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

望月氏?、大井氏?、芦田氏?

築城年

室町時代中期?

主な改修者

主な城主

長窪氏、大井氏

廃城年

天正11年(1583)

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

町史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

望月城(長野県佐久市)[8.6km]
和田城(長野県小県郡)[9.2km]
塩田城(長野県上田市)[9.7km]
岩尾城(長野県佐久市)[14.5km]
小諸城(長野県小諸市)[14.8km]
上田城(長野県上田市)[15.0km]
岡城(長野県上田市)[15.1km]
根井氏館(長野県佐久市)[16.7km]
戸石城(長野県上田市)[17.3km]
真田氏館(長野県上田市)[18.5km]

長窪城の解説文

長窪城(ながくぼじょう)は、長野県小県郡長和町にあった日本の城。

概要
室町時代の応永年間に、大井氏、または芦田氏(依田氏)によって築かれたといわれている。

大井氏の親類衆が長窪氏を名乗り、城主となった。
戦国時代の天文12年(1543年)、甲斐の武田晴信(信玄)の軍に攻められた。相木昌朝や芦田信守が内応したため、城主の大井貞隆は降伏した。

武田氏の支配となった長窪城は、武田氏が北信濃に進出するための重要な拠点となった。

信玄が長窪城に着陣し、東・北信濃を攻略したのは、天文17年(1548年)の上田原の戦い・天文19年(1550年)の砥石城戸石城)攻略・天文22年(1553年)和田城、高鳥屋城塩田城の攻略と3回あったようである。

天正10年(1582年)武田氏が滅亡すると、小県郡は真田昌幸の領地となり、天正11年(1583年)昌幸が上田城を築くと、長窪城は廃城となった。  

長窪城の口コミ情報

2021年01月24日 内記かずりヾ(・ε・。)
根羽城[長窪城  周辺城郭]



根羽城は長窪城の北西約4.9km、依田川と内村川に挟まれた北東へ長く延びる山塊尾根上、標高約695mのピークの一つに主郭が存します。東麓からの比高は135m位でしょか。

お城への行き方は長窪城のリア攻めマップにある鳥屋城を参考にして下さいまし。前回口コミした丸子城からも尾根続きで大した苦労も無く行けますが、現在このルートは通行止めとなっています。

お城のある山塊尾根には狭い範囲に3つのお城が存し、南方から鳥屋城、根羽城、丸子城の順にあります。縦走しても下手な事しなけりゃ半日あれば廻れますが、お城はどれも魅力的なので冬の時期ならやっぱ1日は掛かるかな。

築城年代、築城者は不明です。誰の持分だったかも不明ですが、戦国時代には上丸子、下丸子の地は武田氏によって依田氏に保証されています。小県郡史には鳥屋城の支砦だったとの記載がありますが、鳥屋城、丸子城のどちらにとっても搦手筋に位置しています。

お城はほぼ単郭ですが実に小気味良い魅力に溢れてます。主郭の北側には二重堀切、更に丸子城へ向かう東尾根には連続堀切があります。鳥屋城へ向かう南西尾根は段郭で守る感じ。鳥屋城との分岐に当たる尾根の切り通しまでには幾つかの小さな堀切も設定されてます。しかし何と言ってもこのお城を際立たせているのが主郭部周りの石積みです。この規模のお城としては結構な量でして、往時は相当派手目だったことでしょう。又、主郭部切岸から西尾根への落差も凄まじく、はっきり言って行けません。自然地形なんでしょうが少し加工されてる印象です。

自分は今回写真撮り直しに2回目の訪問となりましたが、前回は5月の暗い時間帯だったので多くの再発見がありました。山城にとって最良の季節は雪の無い冬の時期だと個人的に思っています。寒さに負けずこれからも張り切っていきたいものですね!

※丸子城から根羽城へ向かう途中に崩れた石垣のある平場があります。この石垣は裏込め石がちゃんとある近世の物で城域でもないので注意して下さい。たぶん廃神社でしょう。

2021年01月23日 内記かずりヾ(・ε・。)
丸子城[長窪城  周辺城郭]



丸子城は長窪城の北西約5.2km、依田川と内村川に挟まれた北東へ長く延びる山塊尾根上、標高684.6mのピークの一つに主郭が存します。北東麓からの比高は145m位でしょか。

丸子城と言えば駿河の素晴らしい丸子城が思い起こされますが、信濃の丸子城はちびまるこちゃんの「まるこじょう」と読みまして「まりこ嬢」にはなりません。もっともこの地域もその昔は「まりこ」と呼ばれていた時期があったようです。

築城年代は不明ですが、依田氏の庶流とされる丸子氏の持分でした。天正年間には丸子三左衛門なる方が城主で、天正壬午の乱の際に真田氏の説得により丸子氏はこれに従属したようです。

駿河の丸子城は目立った戦歴が無いようですが、こちらの丸子城は違います。第一次上田合戦(神川合戦)で徳川氏は上田城の攻略に失敗、手痛い損害を受けましたが、八重原まで軍勢を退かせると体勢を立て直して真田方の丸子城の攻略に向かいます(殆ど腹いせの感…)。諏訪頼忠、岡部長盛らが丸子城に攻め寄せますが、真田方の後詰の到着もあって20日あまりの対陣で攻略を断念、丸子三左衛門は小勢で城を堅守し徳川勢は撤退しました。徳川家康は負け戦のこの合戦に17通もの感状を出したようで家臣を慰めるのも大変だった事が偲ばれますね。トップの苦労でしょか。

お城は一部が公園として整備され、通称ニ郭には模擬櫓が建っています。お城全体は軽めのハイキングコースみたいなちゃんとした道があるので誰でも気軽に散策出来ます。熊さんは居ないのですが、尾根続きで南西にある根羽城に入ると保証は出来ません。ちなみに丸子城から根羽城へ行く道は崩落危険で通行止めなんですが、何処に崩落危険があるのか理解に苦しむところです。

城域南西端を過ぎても堀切が細かく設定されていたり謎地形があったりするので公園等と侮るなかれ…そして山城初心者には入門に最適なお城だったりもします。周辺諸城を見渡せるロケーションも素晴らしいので丸子に来る事がありましたら是非最初に訪ねてみて下さいまし。

2021年01月22日 内記かずりヾ(・ε・。)
小山城[長窪城  周辺城郭]



小山城は長窪城の北西約3.4km、標高676.5mの山間部の平野にぽつんとある完全独立丘陵の頂部に主郭が存します。東麓からの比高は75m位でしょか。

山塊尾根上を利用する山城が多い信濃では珍しい立地ですが、地図を見てみれば容易に理解出来るように、此処は諏訪郡と小県郡を結ぶ二つの峠道、大門街道と和田街道の丁度結節点でして、お城はこの二つの峠道を監視下に置いていたことでしょう。ちなみに武田晴信の信濃入りにはたぶん大門峠が一番よく使われてたんじゃないでしょか。

お城への行き方ですが、Googleマップに登録されてるのでダイレクト入力して下さい。近くに来れば「あそこでしょ〜」等と必ず呟きます。自分はお城の北東麓に路駐して適当に登りましたがちゃんとした道がありました。

登城路の途中には「東京スカイツリー同標高地点634m」の看板があって「へ〜そうなんだ〜」と感心してしまいましたが、よくよく考えてみたら標高634mの地点なんて全国何処でもあるので、思わず感心した自分が恥ずかしくなります。完全独立丘陵なので夏場でも獣は居ないでしょう。

お城は全然期待してませんでしたが意外にも楽しめました。自然と四方に敵を受ける地なので守る気ゼロなんかなと思ってましたが、主郭の東側には二段の腰郭が付いていて、上段の腰郭には武者隠し的な横堀があるような無いような…東麓から攻め上がる敵は下段の腰郭を北側へ巻く様にして通って主郭部に入る必要があるんですが、築城者はそんな意図を持って造ったんじゃないかな…たぶん…又、丘陵ぽい丸っこい縄張を想像してたんですが、意外にも南北に尾根ってまして主郭部の削平具合も良好でした(城域南端には神社が建ってたみたい。)。

築城年代、築城者は不明ですが、土豪が造った砦の規模です。古くから街道の要所筋に当たった武石、丸子の地はお城銀座とでも呼べそうな地域、適当なそれらしい山塊を指差せば大体山城ですw皆さんも是非訪ねてみて下さいまし。



2021年01月20日 内記かずりヾ(・ε・。)
鳥屋城(烏帽子城)[長窪城  周辺城郭]



鳥屋城は長窪城の北西約4.5km、依田川と内村川に挟まれた山塊尾根上、標高850.6mのピークの一つに主郭が存します。比高は250m位でしょか。築城年代、築城者は不明ですが、支城である鳥屋山砦が鳥屋甚八郎なる者によるものなんで、これが正しいとするなら鳥屋氏でいいんじゃねぇ…この鳥屋氏の出自となると話は別物ですが…

お城は岩村田大井氏の利用があったとされています。一時期大井氏は武田氏に従属してましたが、上田原の合戦で武田氏が村上氏に敗れるとこの地域で叛旗を翻します。その際に武田氏に徹底的に殲滅されたらしく、武田氏の業務日誌を基にしたらしい高白斎記には高鳥屋(鳥屋城か?)の籠城の衆を悉く討ち取った事の記載があります。前日には武田晴信が高鳥屋に登って見物した事の記載もあって話に合点がいかなくなりますが、武田晴信が登ったであろうお城の一つに比定されてます。

行き方は3つありますが、自分の下山ルートで使った登城路を紹介します。国道254号線を武石方面から北へ進むとお城のある山塊尾根を貫通する「小屋坂トンネル」にぶつかります。そしたらトンネルの入口右側に路側帯があるので駐車しましょう。この路側帯の奥に獣柵ゲートがありますので道なりに進んで下さい。その後コンクリート製の階段を登って行くと尾根の切り通しが現れますので、この切り通しを右に行くと根羽城を経て丸子城(どちらも紹介は後日…)、左に行くと鳥屋城に至ります。根古屋っぽい怪しい地形を通って高みを目指して登れば尾根筋に出ると思います。

お城は素晴らしいっす。特に堀切の美しいお城で主郭部北側には5条の堀切、正確に言うなら三重堀切+二連続堀切でしょか。堀切から派生する竪堀も集合したりしてて感動します。主郭部南側にも二重堀切、1条は圧巻の大堀切です。更に尾根を南に進むと実に細かく遺構が残っているんですが、説明すんのが面倒なので現地に赴いて下さいまし。大手筋は西側で段郭で守ってる感じ、隣りの山塊とは人一人が通れるぐらいの自然地形?の土橋で繋がってますが、土橋の真ん中に松の若木が数本成長中で通る時に腹立ちます。

お城は地元の保存会の方々によって定期的に整備されているようです。余計な物を足さない、必要な物を削らない。実に理想的な整備ですので、武田晴信の鳥屋城攻めの本拠となった長窪城に来ましたら是非訪ねてみて下さいまし。

2021年01月19日 内記かずりヾ(・ε・。)
鳥屋山砦[長窪城  周辺城郭]



鳥屋山砦は長窪城の北西4.2km、標高729mの山塊支尾根端部に主郭が存します。比高は丁度100m位でしょか。

行き方は西麓にある弥六寺を目標に設定して下さい。このお寺の墓地の西側に簡素な鳥居が立っていますのでこれが登城路入口となります。主郭には今も小社が建っており、鳥居はたぶんこの小社のものでしょう。が、自分がこれに気付いたのは今さっきでして、自分はお城の南麓から直登しました。たぶんどっちも似たようなもんでしょう。

砦は次に紹介予定の鳥屋城の支城で、鳥屋城の大手筋を西側からカバーし、砦北側山中にある鳥屋峠への侵入を阻止する目的もあったかもしれません。

築城年代は天文年間とされ、築城者は鳥屋甚八郎という方だそうです。この砦は戦歴があり、天文十一年十月に武田晴信に攻められ落城、晴信が信濃入りしてから12番目の落城だったと小県郡史は伝えています。

砦はほぼ単郭で主郭北側背後は三連続堀切で断ち切っていますが、最北の堀切は頑張れば何となくって感じ…主郭には巨石が多数見られ、現在は若干崩れてますが小社が建っています。特筆すべきはこの規模の砦としては石積みが結構残っていること。当然小社造営の際のものかと思いますが、周囲には崩落石が多数散見され、元々あった石積みに積み直しのものをプラスしたのが現況なんじゃないかなと勝手に想像してみました。

この砦の北側背後を進み、尾根稜線上に出て東に進路を変えると本城である鳥屋城の大手筋に山側から入ることが出来ます。ただ砦に着いて1ピーク、尾根稜線上に出て2ピーク、下った後に登って3ピーク目が鳥屋城ですので、後で車を取りに行かなくちゃならないし、ここは素直に砦から下山して別ルートから鳥屋城を訪ねるのが正解でしょう。鳥屋城は女房を質に入れてでも行くべき素晴らしいお城です。



2021年01月07日 内記かずりヾ(・ε・。)
鳥羽城[長窪城  周辺城郭]



さてさて一回で納めようと思ったけど、前回は登城の苦労を書いてたら字数があっという間に足りなくなってしまったのでその続きなり。

物凄く頑張って城域に入ったんですが、お城は長い年月を掛けて甘々になっていて、死ぬ程努力したのに「労を多とする。」とだけ上司に言われた時と同じ気持ちにさせてくれます。見所は堀切の1条と主郭部の段々ぐらいでしょか。ただ縄張図外に結構な竪堀が確認出来ます。面白いのはこんな山の中なのに小屋掛け出来そうなぐらいの広めの削平地があること(住みたくはない。)。そしてびっくりすることに城址碑があることです。しかもただの城址碑と違いまっせ〜宝暦四年(西暦1744年!)福島某によって建てられたもので「鳥羽氏先世塁址」と刻まれてます。

築城者は鳥羽氏と考えられ、築城年代は不明ですが、天文年間には福島肥後守という方が城主だったらしく、この方は天正壬午の乱の際に依田信蕃と供に岩尾城攻めで討死しているそうです。城址碑を建てたのは福島某なので、この福島姓は鳥羽氏に連なる者が改姓したと考えてよさそうです。じゃなきゃこんな山の中に墓石大の石を持ち込んで先祖が築城した城跡を明らかにするなんてことはやらないでしょう。

帰りは行きに辿った道?を戻りたくなくて別な南西にある尾根筋を直下山することを迷うことなく決断、登れば急坂でしょうが帰りは比較的すんなり麓まで下りてこれました。所用25分位(行きは2時間位)でしょか。ところが依田川の急流が行く手を阻み駐車場所に戻れない…結局橋を探すのに南下すること50分…河川敷を歩いたり、再び山に入ったりの繰り返しで疲れがピークに…最後までおいらを苦しめてくれました。登城中に見つけた祠に「こにちは〜」ぐらいの挨拶しかしなかったのが原因すかね…それでも山はおいらを無事に日常に帰してくれた!となると山にはやっぱり神様がいるのです。

※安全なルートを開拓しましたが、説明出来ないし、自分しか判らないと思うのでそれはパス…城友さんすまない。

2021年01月04日 内記かずりヾ(・ε・。)
鳥羽城[長窪城  周辺城郭]



鳥羽城は長窪城の北東3.4km、国土地理院の地図にも名前の記載がある標高843.8mの鳥羽山の山頂部に主郭が存し、比高は約290mあります。鳥羽山は登山道が無い上に西麓に急流の依田川が流れており、橋が極端に少なくアプローチに苦慮するお山です。

行き方は北方にある龍福寺を目標に設定して下さい。敷地内に「鳥羽稲荷大明神」というのがあるので、この背後から延びる尾根がスタートとなります。

今冬、自分の目標に掲げたのが信濃の難城を攻めるというものです。しかし年初から気持ちが折れまくりました。自分の今までのリア攻め史上最大の恐怖と苦労を味合わせてくれたのがこの鳥羽城です。低登山ではありますが、装備はある程度のクライミング出来る格好を…自己確保が取れる技術がある方は保険を掛けた方が確実でしょう、お城廻りで滑落したら洒落になりません。本当に山登りが嫌いだわ…

まず尾根筋を登って行きますが、最初の平場に出るまで松枯れで倒木が凄まじいです。傾斜はそんなに無いのですが無駄な体力を消耗します。道案内は鹿の足跡…城域まで連れてってくれますwそして平場に出ると最初の急崖に…幅はあるので左右に落ちる心配はないですが、ポイントを考えながら登らなければならず必要なのは体力と技術と精神力と想像力…

この急崖を登り切ると稜線上に到達、最初に城域に入ったと勘違いするポイントですがただの岩場です。更に細尾根を経て急崖に…泣きそうになります。この急崖を登り切ると祠がある削平地に到達、遂に城域に入ったと確信して城友さんにLINEしましたが「主郭には城址碑があるよ。」との無情の返事が…サポートTHANKS!此処じゃなかったぜ、気持ちを取り直して高みを目指して更に南進、今度は下るじゃねーかっ!

そして現れたのは最大の難所、人一人がやっと通れるぐらいの痩せ尾根が30mぐらい、途中には御丁寧にも岩場が付いちょる…右はほぼ垂直の断崖、左は急崖、落ちても即死にならないように左を意識して進みます。岩場では身体が恐怖で震えちゃって能力がちゃんと使い切れない…情けなくも岩場に抱き付くように乗り越えました。

この後に待ち構える急坂を登り切れば城域にやっと入ります。騙される擬似城域が二箇所…登城路を参考にさせて頂いた先人様も初アタックでは勘違いしたらしいっす。

お城の続きは次回に…

2019年05月19日 信州治部丞克幸
長窪城



大手口は全く人が訪れた様子がない。枯れた松の葉が足元を滑らせます。茸のシーズンは進入禁止だそうです。

2018年12月27日 アマビヱ左衛門佐紺絹地六連銭
長窪城

搦手側から上り、昌幸が作った連続竪堀と土塁の連続を楽しみながら主格を目指すと面白いですよ(^-^)
秋のキノコの時期は一部止め山になっていますが、それを除けば大手口まで往復出来ます!真田昌幸の山城を堪能して下さい\(^-^)/
駐車場は付近にありませんし車道も狭いため、長和町の道の駅(マルメロの里 温泉ありますよ)や神社の駐車場に止めることをお勧めします!

2015年09月27日 雅楽頭オヨ島
長窪城

城跡はとても眺望が良く、戦国武将の気持ちになりました。

2011年10月03日 赤いRVR甲斐守@松本
長窪城

現在、主郭までは行かれますが、南側の遺構群は、止め山のため入れません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore