塩田城(しおだじょう)

塩田城の基本情報

通称・別名

古城

所在地

長野県上田市前山309他

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

北条義政

築城年

建治3年(1277)

主な改修者

主な城主

北条氏、福沢氏(村上氏家臣)、村上義清、飯富虎昌(武田氏家臣)、真田氏

廃城年

遺構

曲輪、石塁、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

県史跡(塩田城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

岡城(長野県上田市)[5.7km]
上田城(長野県上田市)[8.9km]
長窪城(長野県小県郡)[9.7km]
戸石城(長野県上田市)[13.2km]
和田城(長野県小県郡)[14.5km]

塩田城の解説文

塩田城(しおだじょう)は、信濃国小県郡(現在の長野県上田市前山)にあった城である。

概要
建治三年(1277年)に鎌倉幕府の要職である連署を務めた北条義政が信濃国塩田荘に館を構えたことに始まる。以後、北条国時、北条俊時と3代に渡って塩田北条氏の居城となる。元弘三年(1333年)に鎌倉が新田義貞を中心とする反幕府勢に攻められた際は、塩田北条氏も鎌倉に上り、幕府方として戦うが敗れ、一族とともに滅亡した。以後、南北朝、室町時代を通して村上氏の支配となる。戦国期になると武田信玄の侵攻により城は武田氏の手に落ちるが、上杉謙信の助力を得た村上義清がこれを奪還し居城とする。しかし、数ヵ月後には武田勢に包囲され落城。再び武田氏の勢力下となる。天文22年(1553年)に行われた第一次川中島の戦いの際には武田勢の本陣となった。武田家滅亡後、この地域は真田氏の支配となるが、上田城の完成により廃城となったと伝えられている。

構造
弘法山全体を砦とした山城であり、中世城郭としては長野県で最大級と言われている。鬼門方向には前山寺がある。

遺構
塩田城主要部への入り口に「塩田城跡」の石碑がある。土塁や石垣が若干残っているが、あまり整備されていない。昭和50年頃に発掘調査が行われ、発掘品は城跡近くの観光施設「塩田の館」に展示されている。ここには塩田城の復元想像図も展示されている。

塩田城の口コミ情報

磐城守きこりん様[2015年05月10日]
城跡一帯は松茸山(留山)で、秋は要注意です。秋季立入り禁止を謳う張り紙とテープが歩道沿いにずっとあります。
罰金30万とか恐ろしげなことも書いてあります。歩道から外れなければいいんだと思いますが…
葛尾城も同様です。

北川幸人様[2012年07月15日]
想定外でしたが、麓であじさい祭りが、行われていました、残念ながら満開とはいかなく五分咲でした。そっちの方にも興味のあるなら、うまく時期をあわせて訪れればいいでしょう。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore