塩田城(しおだじょう)

塩田城の基本情報

通称・別名

古城

所在地

長野県上田市前山309他

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

北条義政

築城年

建治3年(1277)

主な改修者

主な城主

北条氏、福沢氏(村上氏家臣)、村上義清、飯富虎昌(武田氏家臣)、真田氏

廃城年

遺構

曲輪、石積、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

県史跡(塩田城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

岡城(長野県上田市)[5.7km]
上田城(長野県上田市)[8.9km]
長窪城(長野県小県郡)[9.7km]
戸石城(長野県上田市)[13.2km]
和田城(長野県小県郡)[14.5km]
真田氏館(長野県上田市)[15.3km]
葛尾城(長野県埴科郡)[15.7km]
横尾城(長野県上田市)[15.9km]
真田本城(長野県上田市)[16.5km]
望月城(長野県佐久市)[16.9km]

塩田城の解説文

塩田城(しおだじょう)は、信濃国小県郡(現在の長野県上田市前山)にあった城である。

概要
建治三年(1277年)に鎌倉幕府の要職である連署を務めた北条義政が信濃国塩田荘に館を構えたことに始まる。以後、北条国時、北条俊時と3代に渡って塩田北条氏の居城となる。元弘三年(1333年)に鎌倉が新田義貞を中心とする反幕府勢に攻められた際は、塩田北条氏も鎌倉に上り、幕府方として戦うが敗れ、一族とともに滅亡した。以後、南北朝、室町時代を通して村上氏の支配となる。戦国期になると武田信玄の侵攻により城は武田氏の手に落ちるが、上杉謙信の助力を得た村上義清がこれを奪還し居城とする。しかし、数ヵ月後には武田勢に包囲され落城。再び武田氏の勢力下となる。天文22年(1553年)に行われた第一次川中島の戦いの際には武田勢の本陣となった。武田家滅亡後、この地域は真田氏の支配となるが、上田城の完成により廃城となったと伝えられている。

構造
弘法山全体を砦とした山城であり、中世城郭としては長野県で最大級と言われている。鬼門方向には前山寺がある。

遺構
塩田城主要部への入り口に「塩田城跡」の石碑がある。土塁や石垣が若干残っているが、あまり整備されていない。昭和50年頃に発掘調査が行われ、発掘品は城跡近くの観光施設「塩田の館」に展示されている。ここには塩田城の復元想像図も展示されている。

塩田城の口コミ情報

2020年01月09日 近江守かすりヾ(・ε・。)
女神山城[塩田城  周辺城郭]



女神山城は塩田城の西約3kmの位置にあり、独立峰で標高927mの女神岳の山頂尾根に造られています。城主は斎藤源左衛門と伝わり、慶長5年(関ヶ原の戦いの年っすね。)に真田氏に叛いて立て篭もったようです。真田氏が深志(松本)の小笠原氏に対する備えとしたらしく、東山道を抑える重要な場所に立地しています。

今回お城へは諸事情で別所温泉駅から南へ徒歩で向かいました。県道177号を使い登城路まで距離にして約3kmといったところです。目標としては民族資料館を設定して下さい。この資料館、何も置いてないし、大体入れないじゃんといった感じですが、このアプリのマップにも表示されるので目印にはなります。この資料館の手前のT字路に「女神岳登山道まで800m」の緑の看板がありますので、これに従い、「女神岳登山道入口」の看板まで進んで下さい。独立峰なので途中にもそれらしい入口らしきものが数箇所ありますが、覗いた結果、全てフェイクなので体力を消耗する以外に得るものはありません。登山道入口の看板から少し歩くと神社の鳥居があり、道が付いてますのでこれを登っていきます。が!これ頂上にある祠への参拝道でもあるんですが、全く登山道になっておらず、平均約45度の斜面をほとんどただひたすら真っ直ぐに登らされる地獄のような道でして、全く女神っぽくありません。強いて言えば女◯様でしょか…自分つづら折りの道が好きじゃないですが、「少しは曲げようよ…」とか思わず呟きます。ほぼ直登に道が付いてる感じの、比高約200m、約20分の苦闘です。空が見えてくると祠へ通じる石段が現れますが、この石段も全くNO MERCYでして角度が60度位で逆に危ない!でも登り切れば尾根上に一気に出るので、潔い登城路と言えなくもないです。

お城はコンパクトですが流石は真田関連のお城です。四重堀切、竪堀、連続する三条の堀切、郭は大きく見て三つでしょうか、郭には石積みがデコレート、郭の一部には虎口のような石積みがありますが、本当にそうなのかはちょっと判らなかったです。

主郭から下界を見ると、この場所にお城を構えた理由がよく解ります。上田城も遠目に視認出来るし、狼煙揚げれば見えることでしょう。そして街道筋に睨みを利かせて、上田城の外周の守りも固めることが出来たでしょう。

帰りは想像してたけど、やっぱし膝をやられました。痛いです。

2019年12月25日 源摂津守@ポンコ2
塩田城



ナビを前山寺に設定して走り、寺に着いたらその先(西側)の龍光院方向に進むと、塩田城跡の石碑前に。
前山寺から先には「塩田城」を指す標識があるので、それに素直に従えばよいかと。
石碑前は車が停めれるスペースがありました。この道などは空堀跡とのことでした。

石碑から弘法山奥に進むと、東西の両側は尾根になっており、谷に築かれたのがわかりわかりました。
この東西の尾根には砦があったようですが、冬の早朝で曇天と薄暗かったので、今回はパスしてます。
また、前山寺側と塩田城との間に沢があり、前山寺南側(山側)の墓地に上がって沢を見てみましたが、ここからの侵入は厳しそうでした。
石碑から中腹の三島神社まではほぼ直線、三島神社から上に進むと、石塁がある虎口がフックしながらありました。
その先には高さ数㍍の切岸があり、この上が本郭です。
また登城道の両サイドは、斜面に沿って数段の郭になってるようでした。
鎌倉時代は信州の鎌倉と呼ばれるほど、学問など栄えてたとのことですが、前山寺など寺院から少し感じられた気がします。

一気に攻め上がれる構造は単純でしたが、長野県最大級の中世城郭でまとまった兵の駐屯地と思えば、そこそこ収容できる規模かと納得できました。
比高は300㍍あるものの、がっつりした食い違いや堀切織り交ぜの山城が好みだと、期待に添えないかもしれません。

また、12月に登城しましたが、道中に「松茸」の幟を複数確認しましたので、先人の方仰るように秋のシーズンはやめといたほうがよさそうでした。



2018年03月23日 安田越後守秀俊
塩田城

・墓所情報・
塩田城の主郭に塩田北条氏2代目 北条国時の墓。
近隣に塩田北条氏の菩提寺 龍光院→塩田北条氏初代 北条義政の墓、塩田北条氏追善供養塔。
塩田城に行く際は、塩田平を信州の鎌倉に発展させた塩田北条氏を訪ねてみるのはいかがでしょうか。

2015年05月10日 紀伊守きこりん
塩田城

城跡一帯は松茸山(留山)で、秋は要注意です。秋季立入り禁止を謳う張り紙とテープが歩道沿いにずっとあります。
罰金30万とか恐ろしげなことも書いてあります。歩道から外れなければいいんだと思いますが…
葛尾城も同様です。

2012年07月15日 北川幸人
塩田城

想定外でしたが、麓であじさい祭りが、行われていました、残念ながら満開とはいかなく五分咲でした。そっちの方にも興味のあるなら、うまく時期をあわせて訪れればいいでしょう。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore