塩田城(しおだじょう)

塩田城の基本情報

通称・別名

古城

所在地

長野県上田市前山309他

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

北条義政

築城年

建治3年(1277)

主な改修者

主な城主

北条氏、福沢氏(村上氏家臣)、村上義清、飯富虎昌(武田氏家臣)、真田氏

廃城年

遺構

曲輪、石積、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

県史跡(塩田城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

岡城(長野県上田市)[5.7km]
上田城(長野県上田市)[8.9km]
長窪城(長野県小県郡)[9.7km]
戸石城(長野県上田市)[13.2km]
和田城(長野県小県郡)[14.5km]
真田氏館(長野県上田市)[15.3km]
葛尾城(長野県埴科郡)[15.7km]
横尾城(長野県上田市)[15.9km]
真田本城(長野県上田市)[16.5km]
望月城(長野県佐久市)[16.9km]

塩田城の解説文

塩田城(しおだじょう)は、信濃国小県郡(現在の長野県上田市前山)にあった城である。

概要
建治三年(1277年)に鎌倉幕府の要職である連署を務めた北条義政が信濃国塩田荘に館を構えたことに始まる。以後、北条国時、北条俊時と3代に渡って塩田北条氏の居城となる。元弘三年(1333年)に鎌倉が新田義貞を中心とする反幕府勢に攻められた際は、塩田北条氏も鎌倉に上り、幕府方として戦うが敗れ、一族とともに滅亡した。以後、南北朝、室町時代を通して村上氏の支配となる。戦国期になると武田信玄の侵攻により城は武田氏の手に落ちるが、上杉謙信の助力を得た村上義清がこれを奪還し居城とする。しかし、数ヵ月後には武田勢に包囲され落城。再び武田氏の勢力下となる。天文22年(1553年)に行われた第一次川中島の戦いの際には武田勢の本陣となった。武田家滅亡後、この地域は真田氏の支配となるが、上田城の完成により廃城となったと伝えられている。

構造
弘法山全体を砦とした山城であり、中世城郭としては長野県で最大級と言われている。鬼門方向には前山寺がある。

遺構
塩田城主要部への入り口に「塩田城跡」の石碑がある。土塁や石垣が若干残っているが、あまり整備されていない。昭和50年頃に発掘調査が行われ、発掘品は城跡近くの観光施設「塩田の館」に展示されている。ここには塩田城の復元想像図も展示されている。

塩田城の口コミ情報

2021年02月17日 内記かずりヾ(・ε・。)
龍光院[塩田城  寺社・史跡]



龍光院は塩田城の城域内西側に位置する曹洞宗の寺院です。お寺さんの歴史については写真を参照して下さいまし。

上田市といえば市内に六文銭が溢れかえる真田の街ですが、この寺院にはひっそりと三つ鱗が掲げられていて塩田北条氏一族の菩提寺であることを示しています。

塩田平は信州の鎌倉として古来栄えた土地でした。古くは弘法大師空海の時代から始まり、それに伴う史跡も多く(伝説も多く含む、謂わゆる日本全国各地に残る山師としての弘法大師伝説だ。)、塩田城背後の独鈷山周辺は砂鉄を産出する場所でもありました。この辺りの寺社の多くはその製鉄所の跡地に建てられたものと推測されており、ひょっとしたら塩田城もその跡地に造られたのかなとか想像すると別な見方も出来ますね。

塩田平は塩田三万石と呼ばれた豊穣の地でもありました。真田信繁は父とは別に豊臣秀吉から所領を受けており、石高にすると1万9千石程あったそうです。秀吉馬廻としては決して安くは無い数字だと思います。信繁が所領としていた塩田前山の地は正にこの塩田城周辺で、幸村推しで宣伝すればもっと人が来るのになぁ…等と思わず考えてしまいます。大坂に出仕していた信繁の在地はどうやらなかったようですが、上田城築城に伴う塩田城の廃城もひょっとしたらなかったかもしれませんね。

そういえば独鈷山(峯小屋城)に登った時に初めて知ったのですが、独鈷山山頂を西方から辿る沢山ルートの途中に「塩田殿閉居所跡(北条氏沢山古城)」というのがあるらしいです。鎌倉北条氏滅亡後に残された塩田北条氏一族の誰かが押し込められた場所だと思うんですが、まぁ生活に不便だったことでしょう。自分なら発狂しますわ…これを城友さんに伝えたら、ただの削平地に一票…との冷たい返事が…でも行ったら行ったでおいらももう一票加えると思うので行きませんでした。

塩田城の鬼門に建つ前山寺を紹介せずにあえてこの龍光院を口コミする…それは前山寺の写真を間違えて全部削除してしまったからw前山寺には国指定の重要文化財である三重塔(お寺に興味が無くても素晴らしいことは十分理解出来る。)があってこちらは必見です。塩田城を訪ねる際には是非セットで見学して下さいまし。

2021年02月16日 内記かずりヾ(・ε・。)
峯小屋城[塩田城  周辺城郭]



峯小屋城は塩田城の南西約1.7kmに位置する標高1266.4mの独鈷山山頂に主郭が存します。北麓からの比高は650m位でしょか。

行き方は独鈷山で検索して下さい。腐るほど情報が溢れています。というのも独鈷山は全国100低山にも選ばれている有名なお山、通年で多くの登山者が訪れていて、自分が登った際にも2名の登山者とすれ違いました。

登城の際の注意点はお城廻り気分で行かない事です。独鈷山系の山塊はまんが日本昔話で描かれる様な山容で、岩盤層がメインの高低差を伴う登山道は危険がいっぱい。自分が登りに使ったルートは最も安全と思われる西前山ルートですが、それでも怖いと感じる場所が幾つかありました。ちなみにこのルートは鉄城山ルートというのに分岐しますが、間違っても変な気を起こしてこっちに進まないで下さい。垂直の岩盤と岩盤の痩せ尾根が露出する上級者ルートです。低山とはいえ滑落死亡事故も起きる山だという事を忘れないように。

今回自分の大失敗はスノースパイクを忘れた事です。情報では必要無いと聞いていたからですが、たしかに雪は少ない反面、溶けた雪が凍結していて逆に危ない。結局ルートを外れて凍結していない雪の斜面を直登する事が多くなり無駄な体力を消耗しました。余計なお世話かもしれませんが、積雪斜面の直登は最初から四足歩行の動物の様に登った方が早いと思います。

帰りは穴場の狼煙台山城を目指して平井寺ルートを選択、ところが分岐となる尾根を見付けられずにそのまま下山しました。このルートは独鈷山へ登る最短ルートなんですが、最短だけあって最初から厳しい登山道でして下山に使うと大変危ない。一箇所絶壁の上をカーブする凍結した登山道を歩かされる場所があったんですが、虎ロープが谷側に緩く低い位置に張ってあるだけで支点は疎か掴む気にもなれない。身を委ねるものが何もないので、結局は道を外れて尾根筋に登りそこからこの難所をやり過ごしました。登山道が安全だとは限らない、自分の力量と装備を考えて判断するのも必要だなと思い知らされました。又、落葉の堆積が酷いこともあり、季節を問わず厳しいルートだと思います。

お城は…展望が素晴らしいです。一段西側に下がった所に小屋掛け出来そうな平場(峰に小屋があったから峯小屋城…?)がありますが…まぁ何ていうか山の頂上です。お城的にはマニア向け。

2021年02月15日 内記かずりヾ(・ε・。)
生島足島神社[塩田城  寺社・史跡]



生島足島神社は塩田城の北東約3.1kmに位置する池心の宮形式の神社です。

自分神社は全くの門外漢で「赤い、歴史が古い。」以外に引き出せるものが無いのですが、なんでこの神社を紹介するのかと言うと、信濃の歴史を調べる上で必ずぶち当たる国指定の重要文化財「生島足島神社文書」94通が収蔵されているからなんです。有名な人物の物としては武田信玄安堵状・願文、真田昌幸朱印状、真田信幸朱印状・寄進状等がありますが、何と言っても94通の内の83通を占める起請文にかずりは大興奮!

この起請文は永禄九年(西暦1566年)から永禄十年(西暦1567年)の間に出されたもので、内容は武田氏への忠節を誓わされ破ると大変な神罰を受けるよみたいな感じです。武田氏家臣団、及び被官化した国人領主とその家臣団の一部が対象で総数237名の者が名を連ねています。提出は連名の物もありますが概ね個別で行われ、この時期の武田氏の家臣団、被官を知る上でこれ以上の物は無いて感じの文書です。マイナーで聞いたことも無い者ばかりですが、幸いな事にお城目線から地方史を学ぶかずりは「あぁ、○○城の○○さんね!」等と勝手に盛り上がれますw

起請文がこの時期に集中して出された理由は、武田義信事件の前後に当たる事からその動揺の引き締めを図ったものとの見方が有力です。阿保なりに私的に考えてみましたが、それにプラスして何となく駿河侵攻の意図を決心した信玄が自らの後方域(対上杉、北条ということになる。)を固める為に、被官化した国人領主をメインにその引き締めを図ったものなんじゃないかなとも推測しました。駿河攻めが行われたのは永禄十一年(西暦1568年)、起請文が出された翌年になります。

お城好きにとってそのお城の歴史や背景、人物を知る事は何よりの喜びです。ただの土の城もそれを知ることによって何倍にも魅力的なものに跳ね上がります。そして多くのお城を実際に訪ねる事によって通説や確定事実に対して多くの疑問を持ったりもします。そう!城廻りとは歴史のフィールドワークなのだ!新たな視点を求めて行こうぜ〜

※全文書はネットで簡単に閲覧出来ます。何状かには訳文もあるので興味を持ちましたら是非〜

※写真は1枚のみ…だって夜だったからw

2021年02月15日 内記かずりヾ(・ε・。)
駒形城[塩田城  周辺城郭]



駒形城は塩田城の東南約2.2km、富士嶽山から北西に延びる標高約751mの支尾根のピークの一つに主郭が存します。比高は160m位でしょか。お城の西麓には南北に尾根川が流れ、それに並走する形で平井寺峠道が走っています。

築城年代、築城者は不明ですが、位置関係から塩田城の支城の役割を果たしていたと考えられ、当然、平井寺峠道の監視の役も担っていたことでしょう。

このお城は情報が極端に少なく、ネットでの紹介例は一つのみ…自分はこれに登城後に気付きました。それによればお城の北側を通る林道の途中から尾根に取り付けばよいらしいのですが、行ってないので知らんがな…自分は思い付きで訪ねたこともあり、お城の西麓から斜面を直登しました。実は右手に見える尾根に取り付きたかったのですが、尾根は崩れまくっている上に倒木でワイルドな感じだったのでこれを諦めちゃいました。ただの斜面を直登するのは実に単調で辛いことですね。ちなみに道は一切ありません。

獣柵ゲートを開けてお城の西麓から直登すると土橋状の地形にぶつかります。これを過ぎると山の斜面に入り、竪堀様地形に接続しています。竪堀様地形の頂部には崩れてますが平段が付き、何となく大手筋の予感…後世の改変かもしれませんが、このお山付近一帯はお城を造る以外に何の利用価値もないので謎のままにしときましょう。

Googleマップの口コミ情報(写真も情報からもとても行く気になれない。)しか知らなかったのでお城に何の期待もしてませんでしたが、行ってみてびっくり!細尾根に4つぐらいの小郭がある砦規模なんですが、浅くなっているとはいえ今でも二重堀切+3条の堀切が確認出来ます。何だか洗濯したら洗濯機のドラムの中から100円玉が出て来た時と同じ様な気持ちになりますね。又、主郭には削れてますがL字形の土塁が付いていたようです。

情報て重要ですよね、生かすも殺すも発信者次第…ましてやレア情報なら尚更です。自分が城めぐの口コミで発信する情報はややお城に対してプラス気味なんですが、果たして正確(二次資料はなるべく避けている。小説や伝記の類いも…)なのか、役に立ったり魅力を伝えたりするのに有用なのか…常に悩みながら口コミしています。読んで下さる皆様は厳しい目で情報に接する必要があるかもしれませんね。

※駒形城は長野県だけでも3城ある。

2021年01月18日 内記かずりヾ(・ε・。)
水の手城[塩田城  周辺城郭]



水の手城の続きなり。

お城は4つの区画の内、難関のA地区からB地区へのトラバースをやり抜けばC、D地区を廻ることにさして苦労はありません。あるとすればC地区(主郭部)前面の急坂ぐらいでしょか。

B地区には堡塁が2つあり竪堀なんかもあるようですが確認出来ませんでした。B地区とC地区の間には谷筋を埋めるように削平された段々地形が見られ、この一部にお城の名前の由来でもある水の手があるらしいのですが、雪が綺麗に残ってて探索は断念しました。C地区は主郭部で結構広い削平地なのでびっくりします。主郭前面の斜面には石積みなんかも確認出来ますね。D地区は郭に土壇があるだけの簡素な造りで防御的な意図は薄い感じです。

お城の見所は主郭背後の岩盤切削の二重堀切でしょうか、こんな山の中でひたすら岩を削らされる当人を思うと涙が溢れます。このお山は基本的に岩盤層がメインで表土はたぶん堆積土でしょう。

さてもう帰ろうよ…今度は行きに味わった苦労が逆向きになって襲って来ます。自分は4回尻餅を付いて滑り落ち、2回は木に衝突し肩と前腕を強打したりしました。

誰も行かない(城友さんの彼は行くだろう。)とは思いますが、帰る時にお城のあるお山を振り返って全景写真を一枚記念に撮って下さい。そこに山城が無ければ絶対に立ち入らない場所に自分がさっきまで居た事に驚愕するでしょう(あの絶壁の上で遊んでたのだ…)。特に冬の時期は山肌が露わになって自分の辿った軌跡がよく判ります。ちなみに自分は撮り忘れました。

将来的に行けなくなるお城に今のうちに行っておこうというのが今冬の目標の核心です。誰にとっても二度目は無いお城でしょう。心残りがあるかと問われればありますが、それでも自分が今後行く事は決して無いでしょう。



2021年01月17日 内記かずりヾ(・ε・。)
水の手城[塩田城  周辺城郭]



水の手城は塩田城の南東約3.5km、標高1034mの富士嶽山から東方に延びる山塊尾根上、標高約900mのピークの一つに主郭が存します。東麓からの比高は330m位でしょか。

このお城、ネットで検索しても実に紹介例の少ないお城です。理由は登城が困難な事が周知?されている事とこのお城に苦労を重ねてまで訪ねるという山城好きの目標にもならないことでしょか。

今冬の個人的目標、「信濃の難城をリア攻めする。」に忠実に従い迷いも無く登り始めましたが、登城路が無いことはやっぱり大きな負担になります。道案内は雪に残された鹿の足跡…確実に主郭まで連れてってくれますが、鹿じゃないと行けない場所もありますので怒らないであげて下さいまし。ちなみに何で雪の降るこの時期に行くのかというと、自分にとっては熊さんの方が遥かに恐ろしい代物だからです。大体相手があることでどうなるか想像も付かないしね。

お城の簡単な説明を…築城者、築城年代は不明ですwお城の名前は後付けなんでしょか、城域内に結構な水の手を内包していたのがその理由らしいですが、雪で埋もれて探してもないので知らんがな…信濃のお城の神はこの水の手城をA〜D地区の4つのパートに分けて解説してます。お城は東西に奥が深く不安な気持ちにも十分させてくれることでしょう。

お城への行き方はセブンイレブン丸子和子店を目標に設定して下さい。此処から北へ延びる道を350m位進むと水道施設にぶつかります。この水道施設の左手に獣柵ゲートがありますので、後は倒木、枯れ藪の尾根筋をひたすら比高約210m分を直登すればA地区の段郭にぶつかります。が、平均斜度45°の急坂で早速人間である事を忘れて手を使い始めることでしょう。

登城最大の問題点はA地区からB地区への移動です。尾根は断崖の岩場となり自然地形とされる堀切様地形を経て絶壁となり、この絶壁の上にB地区があるからです。はっきり言って誰も尾根筋を進めないので、尾根北側の急斜面を長くトラバースし更にB地区東側の急崖をトラバースする必要があります。急崖では崩落石が多く、これが全く信用出来ないのできっと神経を磨り減らすことになるでしょう。

続く…

※写真はB地区までのものです。断崖の岩場の堀切様地形は自然地形とされています。ただあくまで主観ですが、どことなく加工感が感じられました。

2020年01月09日 内記かずりヾ(・ε・。)
女神山城[塩田城  周辺城郭]



女神山城は塩田城の西方約3km、独立峰で標高927mの女神岳の山頂部に主郭が存します。城主は斎藤源左衛門と伝わり、慶長5年(関ヶ原の戦いの年っすね。)に真田氏に叛いて立て篭もったようです。真田氏が深志(松本)の小笠原氏に対する備えとしたらしく、東山道を抑える重要な場所に立地しています。

今回お城へは諸事情で別所温泉駅から徒歩で向かいました。県道177号線を使い登城路入口まで距離にして約3kmといったところです。目標としては民族資料館を設定して下さい。この資料館、何も置いてないし、大体入れないじゃんといった感じですが、このアプリのマップにも表示されるので目印にはなります。この資料館の手前のT字路に「女神岳登山道まで800m」の緑の看板がありますので、これに従い「女神岳登山道入口」の看板まで進んで下さい。独立峰なので途中にもそれらしい入口らしきものが数箇所ありますが、覗いた結果、全てフェイクなので体力を消耗する以外に得るものはありません。登山道入口の看板から少し歩くと鳥居があり、そこから道が付いてますのでこれを登っていきます。が!これ頂上にある祠への参拝道でもあるんですが、全く登山道になっておらず、平均斜度約45°の斜面をほとんどただひたすら真っ直ぐに登らされる地獄のような道でして全く女神っぽくありません。強いて言えば女◯様でしょか…自分つづら折りの道が好きじゃないですが、「少しは曲げようよ…」とか思わず呟きます。ほぼ直登に道が付いてる感じの、比高約200m、約20分の苦闘です。空が見えてくると祠へ通じる石段が現れますが、この石段も全くNO MERCYでして角度が60°位で逆に危ない!でも登り切れば尾根上に一気に出るので、潔い登城路と言えなくもないです。

お城はコンパクトですが流石は真田関連のお城です。四重堀切、三連続堀切、竪堀、郭は大きく見て三つでしょか、郭には石積みが所々にデコレート、郭の一部には虎口の様な石積みもありますが、本当にそうだったのかはちょっと判らなかったです。

主郭から下界を見ると、この場所にお城を構えた理由がよく解ります。上田城も遠目に視認出来るし、狼煙を揚げれば見えることでしょう。そして街道筋に睨みを利かせて、上田城の外周の守りも固めることが出来たでしょう。

帰りは想像してたけど、やっぱし膝をやられました。痛いです。

2019年12月25日 源摂津守@ポンコ2①〜
塩田城



ナビを前山寺に設定して走り、寺に着いたらその先(西側)の龍光院方向に進むと、塩田城跡の石碑前に。
前山寺から先には「塩田城」を指す標識があるので、それに素直に従えばよいかと。
石碑前は車が停めれるスペースがありました。この道などは空堀跡とのことでした。

石碑から弘法山奥に進むと、東西の両側は尾根になっており、谷に築かれたのがわかりわかりました。
この東西の尾根には砦があったようですが、冬の早朝で曇天と薄暗かったので、今回はパスしてます。
また、前山寺側と塩田城との間に沢があり、前山寺南側(山側)の墓地に上がって沢を見てみましたが、ここからの侵入は厳しそうでした。
石碑から中腹の三島神社まではほぼ直線、三島神社から上に進むと、石塁がある虎口がフックしながらありました。
その先には高さ数㍍の切岸があり、この上が本郭です。
また登城道の両サイドは、斜面に沿って数段の郭になってるようでした。
鎌倉時代は信州の鎌倉と呼ばれるほど、学問など栄えてたとのことですが、前山寺など寺院から少し感じられた気がします。

一気に攻め上がれる構造は単純でしたが、長野県最大級の中世城郭でまとまった兵の駐屯地と思えば、そこそこ収容できる規模かと納得できました。
比高は300㍍あるものの、がっつりした食い違いや堀切織り交ぜの山城が好みだと、期待に添えないかもしれません。

また、12月に登城しましたが、道中に「松茸」の幟を複数確認しましたので、先人の方仰るように秋のシーズンはやめといたほうがよさそうでした。



2018年03月23日 安田越後守秀俊
塩田城

・墓所情報・
塩田城の主郭に塩田北条氏2代目 北条国時の墓。
近隣に塩田北条氏の菩提寺 龍光院→塩田北条氏初代 北条義政の墓、塩田北条氏追善供養塔。
塩田城に行く際は、塩田平を信州の鎌倉に発展させた塩田北条氏を訪ねてみるのはいかがでしょうか。

2015年05月10日 釧路守きこりん
塩田城

城跡一帯は松茸山(留山)で、秋は要注意です。秋季立入り禁止を謳う張り紙とテープが歩道沿いにずっとあります。
罰金30万とか恐ろしげなことも書いてあります。歩道から外れなければいいんだと思いますが…
葛尾城も同様です。

2012年07月15日 北川幸人
塩田城

想定外でしたが、麓であじさい祭りが、行われていました、残念ながら満開とはいかなく五分咲でした。そっちの方にも興味のあるなら、うまく時期をあわせて訪れればいいでしょう。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore