荒砥城(あらとじょう)

荒砥城の基本情報

通称・別名

新砥城、山田城

所在地

長野県千曲市上山田3509-1

旧国名

信濃国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

山田二郎?

築城年

室町時代

主な改修者

山田氏

主な城主

山田氏、屋代氏

廃城年

天正11年(1583)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(荒砥城跡群)

再建造物

館、見張り台、兵舎、門、柵、石碑

周辺の城

葛尾城(長野県埴科郡)[3.4km]
松田家館(長野県千曲市)[5.3km]
屋代城(長野県千曲市)[5.9km]
麻績城(長野県東筑摩郡)[8.3km]
横田城(長野県長野市)[10.6km]

荒砥城の解説文

荒砥城(あらとじょう)は、信濃国更級郡(長野県千曲市)にあった城。山城。別名、新砥城。

概要
この地の豪族で村上氏の一族の山田氏の居城であった。村上氏の本城、葛尾城の支城としての役割を果たしていた。

天文22年(1553年)には武田信玄により葛尾城が落城すると、武田氏に従った屋代政国の替え地として、荒砥城を与えられ屋代城から移った。

天正10年(1582年)、武田氏が滅亡した後は、屋代秀正は上杉氏に従った。しかし信頼されず上杉景勝は稲荷山城を築いて監視していた。案の定翌年の天正11年(1583年)、秀正は徳川氏に通じたため上杉景勝に攻められ、荒砥城に火を放ち、徳川の下へ出奔して旗本となる。荒砥城は以降、廃城となった。しかし屋代氏出奔後の領地の一部は景勝の人質となっていた真田信繁(幸村)の領地として与えられたとされている。

現在は千曲市城山史跡公園として整備されている。館や兵舎、櫓など中世の山城の雰囲気を再現しており、平成19年(2007年)の大河ドラマ「風林火山」(ドラマでは海ノ口城として使用。)平成23年の大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜(小谷城として使用)のロケ地として使用されている。

エピソード
戦国時代の武将、、村上義清の配下として名を馳せた山田国政の居城。その山田国政は天文20年(1551年)4月、真田幸隆の策略によって、城代を務めていた砥石城において討死。

文献
廃城をゆく2 イカロス出版社

荒砥城の口コミ情報

不発の核弾頭様[2017年09月16日]
荒砥城は平成2年から5年の歳月をかけて復元されました
かつて荒砥城のある場所は遊園地などがあり、その遺構は破壊されていました

そこで史料を集め愛知県豊田市足助城に視察に赴き、工法や材料にこだわって作られました
同じ地域の更埴地方(更級郡と埴科郡)の山城の要素も取り込んでいます

なので荒砥城がこういう姿だったというより、戦国時代の山城のスタンダードな姿を再現したものです

だからこそ戦国の息吹が感じられます
荒砥城は千曲市上山田の第一級の史跡と言えます

まるき〜淡路守様[2016年11月26日]
現在の荒砥城の石垣が変わった形をしていたので料金所のおじさんに聞いてみたら、ふるさと創生一億円事業によりこの城が再現されたとの事、
長野県 佐久市 望月辺りでよく採れる鉄平石が使われているのでこのような石垣になったらしいです。
なので雰囲気は出てる?なんの…?知らない人が初めて来たら誤解を招くような造りとなっていました。


いや、こんな事せずに土のまんまの方が良いのにね…


大河ドラマの撮影地でもあるようでパネルなんかも展示されています。
風林火山、お江〜姫たちの戦国〜等
駐車場無料、入城に300円
駐車場から歩いて5〜10分で右は上田、左は白馬まで見渡せる眺望の良い所まで行けます。

tossy様[2016年04月30日]
復元井楼の上から、山麓の居館跡や千曲川対岸の葛尾城などが一望できました。
十数台ほどの駐車場とトイレ完備です。

SSRB主税頭様[2015年07月11日]
俺も行きました。山本勘助の大河のロケ地です。中々の急勾配の上ですが、成る程、村上義清の息吹も感じながらの上田平を遠くに望み…お勧めですよ^ ^

摩虎羅**様[2015年07月10日]
物見櫓は現在工事中
頑張って登っても少々ガッカリしますので
心して下さい。
工期期間は9月1日までとなっています。
しかし受付のお姉さんは
お盆前には終了する予定と言っていました。

入園料300円

石畳治部少輔三成様[2014年11月16日]
現在、修復中のため櫓には登れません。
また、映像を見る装置も調子が悪く、映像が流れませんでした。

琉千秋様[2011年06月05日]
かなりの勾配&入口に段差があるのであまりの車高短車はキツいかも

傾奇揚げ仙兵衛様[2010年06月08日]
NHKの大河ドラマのロケ地

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore