尼厳城(あまかざりじょう)

尼厳城の基本情報

通称・別名

東条(ひがしじょう)城、尼飾城、雨飾城

所在地

長野県長野市松代町東条

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

東条氏

築城年

不明

主な改修者

武田信玄

主な城主

東条氏、春日虎綱(武田氏家臣)

廃城年

慶長3年(1598)

遺構

曲輪、腰曲輪、石積、横堀(空堀)、堀切、竪堀

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

霞城(長野県長野市)[2.5km]
松代城(長野県長野市)[2.6km]
横田城(長野県長野市)[6.8km]
井上城(長野県須坂市)[8.0km]
屋代城(長野県千曲市)[9.4km]

尼厳城の解説文

尼厳城(あまかざりじょう)は、長野県長野市松代町東条にあった日本の城。尼飾城、雨飾城とも表記される。別名、東条城(ひがしじょうじょう)。

概要
標高780mの尼巌山に築かれた、松代周辺の土豪である東条氏の居城である。

弘治2年(1556年)武田信玄は真田幸隆に書状を送り、尼巌城を早く攻め落とすよう督励した。その後幸隆により東条氏は敗れて越後に逃亡した。

天正10年(1582年)上杉景勝が川中島地方の領主となると、東条信広が城主に復帰した。しかし、慶長3年(1598年)、東条氏は景勝の会津移封に同道し、尼巌城は廃城となった。

尼厳城の口コミ情報

出羽守きこりん様[2015年12月06日]
麓にある玉依比売命神社から登城しました。
山頂までハイキングコースになっており、おおむね道は明瞭。岩場の分かりにくいところは岩に吹かれた白いスプレーの指示に従えば迷いません。
途中の分かれ道は、どちらでも行けますが、南尾根コースで登り北尾根コースを下るのが楽だと思います。
かなりハードな部類の山城ですが、健脚者なら40〜50分で山頂主郭に到着できます。
尾根をいくつかの堀切で区切っただけのシンプルかつ小規模な城なので、じっくり見ても意外と時間はかかりません。
主郭と、その手前の岩場からの眺めがよく、近隣の鞍骨城(石積みが大変素晴らしい)などと一緒にめぐれば、川中島周辺の地理を体感できます。
なお、落ち葉の積もっている時期は滑りやすく危険なので、それなりのしっかりした靴を履いていくことをお薦めします。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore