井上城(いのうえじょう)

井上城の基本情報

通称・別名

井上氏城、小口山城

所在地

長野県須坂市井上御堀2474他

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

井上氏

築城年

室町時代

主な改修者

主な城主

井上氏

廃城年

遺構

曲輪、堀切、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(井上氏城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

長沼城(長野県長野市)[6.2km]
霞城(長野県長野市)[6.5km]
福島正則館(長野県上高井郡)[7.3km]
尼厳城(長野県長野市)[8.0km]
横山城(長野県長野市)[8.8km]
若槻山城(長野県長野市)[9.9km]
松代城(長野県長野市)[10.3km]
髻山城(長野県長野市)[10.8km]
旭山城(長野県長野市)[10.9km]
葛山城(長野県長野市)[11.3km]

井上城の解説文

井上城(いのうえじょう)は、長野県須坂市にある日本の城跡。

概要
井上城は、妙徳山の麓の館と、詰めの城として妙徳山に築かれた城である。 この地方の豪族井上氏の城である。 戦国時代、井上達満は上杉氏に味方し、武田氏に味方した同族の須田信頼らと争った。 武田氏によりこの地を追われたが、天正10年(1582年)に上杉景勝が川中島を領有したため、旧領に復帰した。慶長3年(1598年)上杉景勝が会津に移封されると、達満も会津に移住し、城は廃城となった。

井上城の口コミ情報

2020年05月29日 紀伊守かずりヾ(・ε・。)
井上氏墳墓[井上城  寺社・史跡]



井上城の清和源氏頼季流井上氏の一族等の墓塔を集めた場所です。開墾によって見つかったものを一纏めにしたものなので誰のものなのかは全く判らないそうです。

今まで山城ばかり口コミしてきましたが、突然お墓に興味を持った訳では決してありません。プライベートな話になりますが、実家にある家系図をつい最近まともに見る機会があったんす。自分家が江戸時代に半士半農(そんなもん江戸時代にあるの?と思われる方も多いと思いますが、同心の身分で俸禄が無いので農業してたというのが正解です。八王子市千人町近辺にお住まいの方なら解るかと…)の身分であったことは前から知ってはいました。小さい頃に実家に伝わる陣笠とか着けて写真を撮られたような記憶がありますしw…話は逸れましたが、それ以前の事には特に興味も無く大人になってしまった感じっす。でも歳を重ねると何となく知りたいじゃないですか〜「いったい何処から来て、何処へ行くのか。」そう、ブレードランナーです。レプリカントです。

さて、比較的近世の事なら信憑性もある家系図ですが、制作者は何を血迷ったのか、遡るとこの井上氏(綿内井上氏)にぶち当たるように作ってあるんですw全く信じてないけど、ひょっとしたら先祖が住んでいたかもしれないこの地を一度は拝んでおこうと思い立ちました。ただそれだけの口コミですw

※2回読まれる方はまずいないと思いますが追記です。1枚目の写真、背景の山は井上城の詰城とされる「竹の城」です。口コミしたいけど、プアーな写真しか撮れなかったので考え中〜

2012年01月25日 赤いRVR右京大夫@松本
井上城

須坂インター東に聳える山城。登城路は麓のお寺横からついていますが、結構急峻。大城と小城とに分かれ、さらに山塊の西端には砦もあります。城の北側には館跡、また井上集落の東には竹の城もあります。見どころ満載の井上地区です。後は行ってのお楽しみ!

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore