屋代城(やしろじょう)

屋代城の基本情報

通称・別名

一重山城

所在地

長野県千曲市大字屋代334-3他

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

屋代信光

築城年

永正・天文年間(1504〜1555)

主な改修者

主な城主

屋代氏

廃城年

永禄2年(1559)

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

市史跡

再建造物

説明板

周辺の城

松田家館(長野県千曲市)[3.0km]
横田城(長野県長野市)[4.8km]
荒砥城(長野県千曲市)[5.9km]
松代城(長野県長野市)[6.9km]
葛尾城(長野県埴科郡)[7.6km]
尼厳城(長野県長野市)[9.4km]
吉窪城(長野県長野市)[10.3km]
麻績城(長野県東筑摩郡)[10.5km]
霞城(長野県長野市)[10.7km]
牧之島城(長野県長野市)[12.2km]

屋代城の解説文

屋代城(やしろじょう)は、長野県千曲市屋代にあった日本の城。

概要
村上氏の一族(代官)であった屋代氏の居城であった。永正〜天文年間に築城されたといわれている。天文22年( 1553年)、屋代正国(政国)は近隣の塩崎氏や雨宮氏などと共に真田幸隆らの調略に応じて武田氏に臣従した。このため村上氏の葛尾城は自落し、5度12年に渡る川中島の戦いの引き金となった。その後、屋代氏は武田氏の命により永禄2年(1559)に荒砥城に領地替えとなって移る。これは弘治元年(1555)の第2次川中島の戦いの後、越後上杉氏との前線が村上氏の旧領埴科郡から川中島まで北上したことや、永禄3年(1560年)に海津城が築城されている事から、状況の変化によって屋代城の相対的な価値が下がり、この時期に廃城になったと思われる。しかし屋代氏が荒砥に移った後に一時は雨宮氏が拠城としたとも言われている。

地理・構造
現在のしなの鉄道屋代駅の東側にある、一重山に築かれた山城。一重山は南の有明山から細長く延びた尾根にあたり、東西は極めて狭い地形となっている。そのため屋代城は、一重山部分(南城)と更に北にある北城に別れ、総延長は1kmにも及ぶが横幅は最大で35mほどしか無い。一番標高が高い一重山(南城)が本城にあたり、狭い鞍部で仕切られた南城が支城に相当する。このような一つの城の内部に独立した別城郭を持つ構造を「一城別郭」と呼ぶ。

同じ有明山の隣の尾根には古墳時代の森将軍塚古墳があり、また狭い平地を挟んだ北東側の山地には、川中島の戦いで上杉軍が布陣したと伝えられる妻女山がある。

屋代城の口コミ情報

2019年12月30日 讃岐守姫若子ヾ(・ε・。)
鷲尾城[屋代城  周辺城郭]



鷲尾城は屋代城の東約2.7kmの位置にあります。鷲尾城の築城者とされる倉科氏は屋代氏と同じ村上氏庶流なので屋代城に無理矢理スポット作成しました。

登城前にこの付近一帯の標柱を作成している方に偶然お会いしまして色々なお話を聞けたのですが、倉科氏は武田氏の北信濃侵攻の際に安曇方面に脱出した一族があるそうです。その後この地に帰還を果たし、それを記念した善光寺住職書による生還碑がこの地にあるみたいでして、今でも倉科姓を名乗る家が三軒程あるんだとか。

お城への登城路は2ルートあるんですが、ひとつは縦走になるのでとりまパス。もうひとつは倉科簡易郵便局の北側辺りが登城路となっています。この辺りに真田信之次女泰子姫建立と伝わる大日堂があり、その裏側が登城路入口となっています。少しだけ登るとこれまた泰子姫開基の大善寺跡がありますが、遙か昔に土砂で流出、今は石積みが少しだけ残る二段程の削平地となっていますのでコアな六文銭ファンは是非。

お城へは急坂を一気に登る感じ。約15分で主郭部に到達します。主郭部は通称武者返しと呼ばれる石積みにまず圧倒されます!たぶん主郭全周と腰曲輪の一部に施されていたと思われ、その量たるや相当なものです。主郭には他にも虎口と内側も石積みで補強された土塁が確認出来ます。主郭の山側はそのまま大堀切となっていますが、堀切底部に土塁を残し二重の堀切を形成しています。更に奥に進むと三重堀切が…尾根を切りまくりです。そしてその先には…このお城最大の名物が現れます!お城は郭の全てが倉科将軍塚古墳という罰当たりな部分があるんですが、古墳と言っても石室があるとかそういうレベルじゃなくて、あの前方後円墳があるんです!全長100m強の古墳はエッジを失くしているとはいえ、皆が想像するあの前方後円?みたいな感じが今も残っています!更に前方?の部分で大堀切の切岸を形成していてダイナミック!ダイクマですわ、こんなん他では見れません。近くには綺麗に復元された森将軍塚古墳があり有名ですが、倉科の方は県内最高位にある古墳みたいですので、古墳ファンも虜に出来るでしょう。

川中島周辺のお城としては、住宅地の裏山的な感じで気軽に行ける→見所が沢山ある→行きたくなるみたいな感じですので、屋代城、荒砥城に行く際には是非訪ねてみて下さいまし。

2019年11月11日 上田原合戦無名戦死左衛門尉
屋代城



本郭の堀切を探索していたらカモシカの親子に遭遇。市街地にかなり近い山城なのにビックリ!!
写真、見にくくてすいません(笑)

2019年05月08日 くらやみ右京大夫☘️
屋代城



主郭西側の石積み。山頂部の急斜面なので、土留めの役割が大きいと思われる。

2012年03月03日 赤いRVR右京大夫@松本
屋代城

屋代駅横の山が城跡。冬場なら電車の窓から堀切が見える。駐車場はほとんどないので、県立歴史館に止めて、そこと森将軍塚古墳、記念館と全部見たらどうでしょうか。登城口は長野電鉄踏切脇から、コンクリ道を歩けば、それほど高い山ではないので、数分で主郭です。その先は、過去の土取りで失われています。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore