麻績城(おみじょう)

麻績城の基本情報

通称・別名

所在地

長野県東筑摩郡麻績村麻次柳8009

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

服部氏

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

服部氏、青柳氏、(麻績氏)

廃城年

慶長元年(1596)

遺構

曲輪、帯曲輪、土塁、堀切、竪堀

指定文化財

県史跡(麻績城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

青柳城(長野県東筑摩郡)[4.3km]
松田家館(長野県千曲市)[7.6km]
荒砥城(長野県千曲市)[8.3km]
屋代城(長野県千曲市)[10.5km]
牧之島城(長野県長野市)[11.2km]
葛尾城(長野県埴科郡)[11.5km]
虚空蔵山城(長野県松本市)[12.0km]
岡城(長野県上田市)[14.9km]
横田城(長野県長野市)[14.9km]
松代城(長野県長野市)[17.4km]

麻績城の解説文

麻績城(おみじょう)は、長野県東筑摩郡麻績村にあった日本の城。

概要
戦国時代麻績の地を支配したのは服部清信であった。麻績城の南西の麻績古城(虚空蔵山城)に居を構えていたが、守りを強化するために麻績城を築いた。

しかし、天文22年(1553年)甲斐の武田晴信が筑摩郡に侵入し、青柳城の青柳清長を従えて服部氏を追い払い、青柳氏が麻績氏を名乗り、麻績城には青柳氏が移った。

そして武田氏の滅亡後、信濃国を手に入れた織田信長が本能寺の変で死去した天正10年(1582年)以後、この地は上杉景勝、小笠原貞慶の争奪の地となり、最終的には小笠原氏の支配地となった。

麻績城の口コミ情報

2020年03月01日 讃岐守姫若子ヾ(・ε・。)
麻績古城(虚空蔵山城)[麻績城  周辺城郭]



麻績古城(虚空蔵山城)は麻績城の南約0.5kmに位置し、麻績城の一段下のお城って感じです。麻績古城の築城者は服部氏と伝わりますが、武田氏の信濃侵攻により青柳氏が麻績姓を名乗り城主となったようです。麻績城はこの古城を強化する目的で造られたようですが、完成度、今に残る遺構は古城の方が遥かに上を行きます(麻績城も冬の時期は下界から堀切の切れ込みとか視認出来て期待させてくれますが、苦労する割に現地に行くと何とも…)。

行き方は信濃観月苑(駐車場あり。)を目標に設定して下さい。観月苑の脇に登城出来る道が付いてますので迷うことは無いでしょう。5分もすれば最初の明確な遺構、堀切にぶつかります。ただしこのお城は城域に入ってから苦労させてくれます。主郭部は露出した岩盤の上に造られており、到達するにはロープを伝って軽いロッククライミングをするはめになります。しかもロープの張り方があんまりでしてちょっとした勇気も必要です。

お城は素晴らしいです。主郭には石積みが散見され、崩落石も多数あることから、往時は派手目なお城だったかもしれません。主郭を中心に相当数の段郭が四方に降りており、その一部は岩盤を上手く利用して造られてたりして萌えます。何だか佐久の内山城を思い出しました。圧巻なのは主郭背後と3郭背後にある巨大堀切2条です。自然地形に手を加えたものなのか知らんけどデカ過ぎ!どちらも土塁で高さを稼いでいる上に竪堀付き。前者は竪堀脇に段郭を連ね、後者は堀切底部に土塁を設けて二重を演出しています。この二つの堀切は登り降りが今でも困難でして、苦労をここでも味あわせてくれます。

麻績城との連絡は今は道がありませんが、直登、直下山すれば可能です。麻績古城を先に行ってしまうとこれだけで満足してしまうので(麻績城は更に登るんで面倒になる。)麻績城をささっと済ませてこちらに来るのが正解でしょか。

少なくとも二度落城の憂き目にあった実戦経験豊富なお城でもあります。筑北を訪れることがありましたら是非立ち寄って下さいまし。

2020年02月29日 讃岐守姫若子ヾ(・ε・。)
麻績氏居館[麻績城  碑・説明板]



麻績氏は小笠原氏の庶流で、小笠原阿波守長房の四男、長親がこれを称したらしいです。これを正しいとするならば、阿波の三好氏や安宅氏とは同祖であり、戦国期は遠過ぎる親戚といったところでしょか。諏訪頼重の側室で、諏訪御料人の生母、武田勝頼の祖母、小見(麻績)氏はこの家の出とされています。

麻績氏は麻績古城(虚空蔵山城)、麻績城の麓にあるこの地に居館を構えていたそうですが、残念ながら遺構は何も残っておらず、民家の敷地内に標柱が立っているのみです。

麻績氏は戦国期、府中小笠原氏に従っていましたが、後に武田氏の信濃侵攻により一族の青柳氏が麻績氏を称してこれに従っています。信長が横死すると、筑北の地は旧領回復に執念を燃やす小笠原貞慶と上杉氏の争奪の場となり麻績氏は難しい去就を迫られますが、最後は浅間の赤沢氏と同様に貞慶の旧領回復に貢献したにも関わらず、上杉氏への内通を疑われ、松本城に呼び寄せられた後に当主は謀殺されています。貞慶は武田氏に与した者を許さず、おまけに猜疑心も強かったようで、血生臭い事を結構やっています。あまり人気の無い戦国武将で自分も好きじゃないですが、小笠原氏の手掛けたお城は大好きですw

2020年02月28日 讃岐守姫若子ヾ(・ε・。)
安坂城[麻績城  周辺城郭]



安坂城は麻績城の南東約3.0kmの位置にあります。築城者は麻績長親の次男、安坂次郎長国と伝わり、戦国期は武田氏に従った麻績氏の一族、青柳氏の持分だったようです。ちなみに青柳氏は宗家筋を継ぐ意思からか、後に麻績姓を名乗っています。

お城へ行くには安坂神社を目標に設定して下さい。この神社の敷地内に登城路入口があり、標柱も立っています。少し登ると獣柵ゲートがありますので、開けたらしっかり閉めましょう。ゲートのロックは数本の細紐で縛ることになるので、巻き結びを覚えておくと時間短縮に繋がります。登城路は急坂な所もありますが、比高はそんなに無いので頑張りましょう。道は不明瞭な部分もありますが、尾根筋を進むだけなので安心して下さい、履いてます。

お城は素晴らしいです。青柳城ファンなら1発でやられるでしょう。コンパクトな造りで奥も深くなく、基本行ったらそのまま帰ってくる感じです。

お城は古墳を利用したような箇所がいくつか確認出来ます。確かに主郭には石室の様な窪地、天井石と思われる巨石なんかがありますが、この近くにある安坂古墳群からは完全に無視されています。ただ小粒ながら見所の多いお城であることは間違いなく、主郭部の関門となる岩盤を切削した様な堀切、主郭背後の五連続堀切、そして何と言っても主郭部周囲の切岸に残る石積みは感動もの。主郭部東側には腰郭が付き、主郭背後の大堀切に並ぶ形で登り土塁(石塁?)みたいなのが確認出来たりして萌えたりもします。このお山、石を産出する山ではあるんですが、たぶん古墳をバラしたと思われる石量が凄く、崩落石から推察するに主郭部は全周が石積みだった(派手なのは東側ですが、西側にも確認出来ます。)様に感じます。又、主郭部には竪堀が1条、西尾根の段郭と並ぶ様に走ってますが、竪堀頂部が石積みで補強されてたりする芸の細かさも見せてくれます。

素直に感じたこと…自分古墳に関する知識はゼロ回答なんすけど、このお城の主郭部東側は微妙にセクシーなラインを持っておりまして、主郭部自体が古墳なんじゃないかなと感じましたw削平したから石室が露出したんじゃないかなとか…wまぁ、前方後円墳ありきの想像なんで絶対間違っているでしょうw

素晴らしい筑北の隠れた山城です。青柳城、麻績古城(虚空蔵山城)に行く事がありましたら(麻績城は行かなくてもよいです。)是非!

2019年10月29日 あと3城副将軍マイリバ
麻績城

令和元年台風19号で被災された方々が1日も早く元どおりの生活を送ることができるように祈念しております。
麻績城ですが、10月27日現在、台風19号による被害は遺構には影響ありません。
ナビコンで示される搦め手入口まで行く道は法善寺から少し入ったところで通行止めになってます。
搦め手入口から麻績城道標までの間の沢沿いの道で倒木が道まで及んでいる場所(すり抜けてとおれます)が1か所あるほか、今後崩落のある可能性がある場所が1か所ありますので、行かれる方は御用心を。

2018年12月30日 カーネル
麻績城

篠ノ井線聖高原駅を背に北上すると、T字の交差点になり、ここは麻績宿地域です。左折して100mほどの路地に麻績城への道標があるので、右折して細い路地を進みます

しばらくして「左虚空蔵山城、右麻績城」の看板がありますが、古城は行かないので右(というより道なり)に進むと砂防ダムのY字の交差点に「麻績城址道標」がありますが、そのまま直進して道が右に90度曲がる手前の道標から、山に入りました

靴が埋まるくらいの積雪で、道は分かりやすい。けど、北北西の按部を目指すも、傾斜がキツくなってきたところで、道をロスト。かつ雪の下の枯れ草ごと滑るのでかなり辛い

動物の足跡を辿ると、按部から南南東に下る別の道に合流し、これを辿り無事に按部に到着。お城の説明と縄張り図があります。左の本丸を目指すが、急坂の細い尾根に凍った雪が張り付き滑る。かなり怖いです。行くのはオススメできません

なんとか山頂に着き、2重堀を愛で帰りました。が、先程きづきましたが、本丸はまだ先だった模様・・・

来た道を戻り130分。いつか(夏に)リベンジを

2010年06月20日 赤いRVR右京大夫@松本
麻績城

麓の宿場裏手に麻績氏館跡あり。そこから少し行くと駐車場。そこから山道を登って鞍部に出る。左手が麻績城、右手がのろし山。なお麻績古城は、駐車場の手前左手に進めば登山口(こちらは未登城)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore