麻績城(おみじょう)

麻績城の基本情報

通称・別名

所在地

長野県東筑摩郡麻績村麻次柳8009

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

服部氏

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

服部氏、青柳氏、(麻績氏)

廃城年

慶長元年(1596)

遺構

曲輪、帯曲輪、土塁、堀切、竪堀

指定文化財

県史跡(麻績城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

青柳城(長野県東筑摩郡)[4.3km]
松田家館(長野県千曲市)[7.6km]
荒砥城(長野県千曲市)[8.3km]
屋代城(長野県千曲市)[10.5km]
牧之島城(長野県長野市)[11.2km]

麻績城の解説文

麻績城(おみじょう)は、長野県東筑摩郡麻績村にあった日本の城。

概要
戦国時代麻績の地を支配したのは服部清信であった。麻績城の南西の麻績古城(虚空蔵山城)に居を構えていたが、守りを強化するために麻績城を築いた。

しかし、天文22年(1553年)甲斐の武田晴信が筑摩郡に侵入し、青柳城の青柳清長を従えて服部氏を追い払い、青柳氏が麻績氏を名乗り、麻績城には青柳氏が移った。

そして武田氏の滅亡後、信濃国を手に入れた織田信長が本能寺の変で死去した天正10年(1582年)以後、この地は上杉景勝、小笠原貞慶の争奪の地となり、最終的には小笠原氏の支配地となった。

麻績城の口コミ情報

カーネルさん[2018年12月30日]
篠ノ井線聖高原駅を背に北上すると、T字の交差点になり、ここは麻績宿地域です。左折して100mほどの路地に麻績城への道標があるので、右折して細い路地を進みます

しばらくして「左虚空蔵山城、右麻績城」の看板がありますが、古城は行かないので右(というより道なり)に進むと砂防ダムのY字の交差点に「麻績城址道標」がありますが、そのまま直進して道が右に90度曲がる手前の道標から、山に入りました

靴が埋まるくらいの積雪で、道は分かりやすい。けど、北北西の按部を目指すも、傾斜がキツくなってきたところで、道をロスト。かつ雪の下の枯れ草ごと滑るのでかなり辛い

動物の足跡を辿ると、按部から南南東に下る別の道に合流し、これを辿り無事に按部に到着。お城の説明と縄張り図があります。左の本丸を目指すが、急坂の細い尾根に凍った雪が張り付き滑る。かなり怖いです。行くのはオススメできません

なんとか山頂に着き、2重堀を愛で帰りました。が、先程きづきましたが、本丸はまだ先だった模様・・・

来た道を戻り130分。いつか(夏に)リベンジを

赤いRVR右京大夫@松本さん[2010年06月20日]
麓の宿場裏手に麻績氏館跡あり。そこから少し行くと駐車場。そこから山道を登って鞍部に出る。左手が麻績城、右手がのろし山。なお麻績古城は、駐車場の手前左手に進めば登山口(こちらは未登城)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。