虚空蔵山城(こくぞうさんじょう)

虚空蔵山城の基本情報

通称・別名

会田虚空蔵山城、会田城

所在地

長野県松本市中川

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

岩下(会田氏)?

築城年

不明

主な改修者

主な城主

岩下(会田氏)?

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切、竪堀

指定文化財

再建造物

周辺の城

稲倉城(長野県松本市)[7.7km]
青柳城(長野県東筑摩郡)[7.7km]
平瀬城(長野県松本市)[10.2km]
麻績城(長野県東筑摩郡)[12.0km]
桐原城(長野県松本市)[14.3km]
松本城(長野県松本市)[14.5km]
岡城(長野県上田市)[14.7km]
林城(長野県松本市)[15.6km]
小岩嶽城(長野県安曇野市)[16.1km]
山家城(長野県松本市)[16.3km]

虚空蔵山城の解説文

※この城郭は2020年4月6日に名称と位置が変更となりました。

虚空蔵山城(こくぞうさんじょう)は長野県松本市会田・中川にあった日本の城(山城)。

概要
虚空蔵山城は、会田盆地の北に聳え地域のシンボルともなっている独立峰虚空蔵山(標高1139m)にある山城である。山のほぼ全域南北800m、東西440mの範囲に複数の城が分布する城塞群と呼ぶべき壮大な構えで、比高は300mに達する。個々の城は山頂の峯ノ城、山腹の秋吉砦、中ノ陣城、南西尾根の砦、十二原沢上流の平場群などからなり、山麓の会田地区にあったと伝わる会田氏居館の詰城とされる。

虚空蔵山から西に続く尾根上にあるうつつ城や、花川原峠を挟んで北西に対峙する唐鳥屋城も広い意味では虚空蔵山城と一体的な関係にあった城とみることができる。

中ノ陣城は曲輪の周囲に鉢巻状に石垣を巡らせる。また、曲輪の背後に高土塁を築いて尾根後方からの攻撃に備えており、桐原城埴原城など松本周辺を中心とした旧小笠原氏領域の山城によく見られる構造をしている。 秋吉砦は小規模な曲輪ながら、前方に土塁や石塁を伴う3本の長大な竪堀を配している。

十二原沢上流の平場群は、中ノ陣城と秋吉砦に挟まれた標高920m前後の谷間には長さ40m~50m、幅10m前後の短冊形の平場が雛壇状に6段連なり、その東西を区切る土塁も含めて総石垣の構えとなる重厚な縄張である。平成24年~28年に3回の発掘調査が行われた結果、15世紀の寺院を前身として16世紀に城郭に整備されたことが判明しており、その規模や石垣のあり方からみて、虚空蔵山城の中心域は従来指摘されてきた中ノ陣城ではなく、この平場群である可能性が高まった。特に注目される石垣は、松本地域の山城に特有の平石積みの構造が見られるほか、群馬県の太田金山城に見られるアゴ止め石と同様な土台石や巨石の使用などの特徴がみられる。

歴史
会田氏は真田氏と同族で、東信濃の滋野氏を祖とする海野氏(岩下氏)がこの地に入ってきたもので、会田の領主であるとともに伊勢神宮内宮の会田御厨の地頭でもあった。戦国時代は府中小笠原氏の下で国衆として所領の経営にあたったが、天文19年の武田晴信(信玄)の松本平侵攻に続く天文22年の虚空蔵山城侵攻を契機に武田氏に降った。しかし、天正10年3月の武田氏滅亡と6月の本能寺の変による政情の混乱の中で上杉氏に与したため、7月に府中(松本)帰還を果たした小笠原貞慶によってその年11月に一期城において滅亡に追い込まれた。

虚空蔵山城は、戦国時代を通して会田盆地と筑北盆地の境目の城として政治的に重要な位置にあった。その一方で、虚空蔵山は古くからの信仰の山でもあり、現在も巨岩の洞窟に鎮座し虚空蔵菩薩を安置する岩屋神社がある。十二原沢上流の平場群も元々は山寺であり、戦国時代の不安定な情勢の中で聖地に築かれた城としても大変興味深い。

交通
松本市役所四賀支所から自家用車10分または徒歩1時間

情報提供:松本市教育委員会

虚空蔵山城の口コミ情報

2020年04月24日 内記かずりヾ(・ε・。)
中ノ陣城[虚空蔵山城  周辺城郭]



中ノ陣城は秋吉城から西方に、谷間の平場群の上を抜ける感じで5分位歩くと到着します。秋吉城と共に平場群を東西から囲むように存し、3つの城跡を1つとして考えるとよい感じかもしれません。

虚空蔵山城は武田方の安曇、筑摩両郡侵攻の際に、刈谷原城(文書には登場しますが、現在も発見されていません。そもそもそんな名前のお城が存在したのか、他のお城の別名なのか、色んなお城の総称なのかを含めて一切不明です。ちなみに刈谷原トンネルの上にあるお城は鷹巣根城と言います。)、塔ノ原城が落城した翌日、武田勢が山麓に放火したため、城主の岩下会田氏は武田氏に従うことになりました。以後、天正壬午の乱まで岩下会田氏はこの地に在地していましたが、乱の際にこの地域は小笠原氏vs上杉氏の最前線となり、小笠原貞慶に従ってはいたものの上杉氏への内通を疑われて松本城で謀殺されました。以後、貞慶の讃岐移封まで虚空蔵山城は小笠原氏の支配領域だったらしく、城砦群の一部はその際に改修を受けたと考えられているようです。

中ノ陣城は理屈じゃなく最も小笠原っぼい感じがするお城です。主郭山側の高土塁、主郭前面の切岸には石積み、崩落石も考えると主郭部は結構石積みだらけだったかもしれません。確証とか全くありませんが、小笠原氏の匂いを感じさせてくれるんです。又、主郭背後は往時は堀切だったようですが、今は土橋状の平場になっています。

虚空蔵山城の城砦群の中で見てて最も楽しいお城です。このお城の西側を下って行くと南西尾根ノ城もありますが、虚空蔵山城の口コミはとりまこれでおしまい。駄文ばかりでしたが、長い期間に渡りお付き合いの程大変ありがとうございました〜

2020年04月24日 内記かずりヾ(・ε・。)
秋吉城[虚空蔵山城  周辺城郭]



秋吉城は虚空蔵山の東西に連なる山頂尾根から、山塊の南中腹に延びる尾根上に造られたお城です。現地案内板にある縄張図を見ると、北側は山頂尾根に通じており南北に長いお城だったようですが、全てを見るのは難しいでしょう。このお城は付近、概ね西側に谷間の平場群、中ノ陣城、南西尾根ノ城の順に城砦が広がっており、虚空蔵山の城砦群の中心地の一部分を形成していたと考えられています。

お城への行き方は、虚空蔵山城の城砦群を効率良く廻るための行き方でもありますので、是非参考にして下さい。

とりま松本市のホームページにある「四賀支所から虚空蔵山頂までのコースガイド」を参考にしましょう…これが1番解りやすいですw気を取り直して説明するとw林道虚空蔵線を車でオゲ水まで進んで下さい!ここに車を停めます。林道は風越峠の道とは入口も違いますので注意です。四賀運動広場という場所に真新しい野球場がありますので目標になるかと…林道はここから北側に向けて延びています。オゲ水に着いたら林道を徒歩で進み、虚空蔵山城の口コミにある尾根筋に出る登山道を目指して下さい。オゲ水からは峯ノ城へ続く登山道が別に付いてますが、何故遠い方を選択するかというと、東西に長い山頂尾根に造られた峯ノ城を隈無く見るためです。そして峯ノ城を見学したら、主郭部西側の堀切に案内板が立っていますのでこれに従い下山、途中に岩屋社がありますのでこれも見ときましょう。この登山道を更に下って行くとオゲ水に戻ることが出来ます。オゲ水に戻ったら今度は林道を徒歩で下ります。5分強で「中ノ陣城跡・秋吉砦跡」の案内板の場所へ到着しますのでこれに従いましょう。登って1分強で最初の明確な遺構、秋吉城の竪堀にぶつかります。秋吉城から谷間の平場群、中ノ陣城、南西尾根ノ城は殆ど隣接して連なっているので、面倒がらずに是非頑張ってみて下さい。虚空蔵山城砦群には他に現城、唐鳥屋城がありますが、行ってないので知らんがな…唐鳥屋城は特に登城路自体が全く違うので改めて別な機会に訪ねてみようかと思います。

秋吉城は南北に小さな郭を多数連ねた砦規模のお城です。変わってるのは主郭部から三方向へ向けて竪堀(そのうちの1条は分岐して別の竪堀を形成する。)が延びており、1条はそのまま谷間の平場群の東側を区画しながら落ちていきます。

続きは中ノ陣城の口コミで…



2020年04月23日 内記かずりヾ(・ε・。)
虚空蔵山城



虚空蔵山城は基本的に虚空蔵山の山塊にある城砦群と考えてよいと思います。アプリの虚空蔵山城は山頂にある峯ノ城を指していると思いますが、他にも秋吉城、中ノ陣城、南西尾根ノ城、唐鳥屋城、現城といったお城があります。

築城者は会田氏で、同氏は滋野三家の一つ、海野氏の者が平将門征討の恩賞として筑摩群の一部を賜り、子孫がそれぞれの地で地頭職を経て在地、国人領主化、その地の地名を取って会田氏を名乗ったものです。ややこしいんですが会田氏は2系統あり、大塔合戦の前後辺りで同じ海野氏の一族、岩下氏が小県郡からこの地に入り会田氏を名乗りました。経緯とかは不明なんですが、戦国時代はこの岩下会田氏が城主ということになります。

今まで虚空蔵山の口コミを色々してきましたが、肝心の峯ノ城について口コミしてなかったです。峯ノ城は虚空蔵山の東西に延びた断崖の山頂細尾根に造られています。縄張的に出来ることは当然限られてますが、大体こんな所に誰も攻めてこないよという砦規模のお城です。詰城という見方も出来ますが、詰められる人数は極少数だし、下の城砦群を獲られた時点で詰みだと思うので、所詮物見砦というのが実情でしょう。かといって標高1139m比高480mで下界の様子が判るかというとこれも疑問でして、いずれにせよ御苦労様なお城であることは間違いないです。

お城への行き方ですが、幸いなことに現在は林道虚空蔵線と風越峠が虚空蔵山を通っていますので、徒歩で登る比高は200m無いです。自分は風越峠を車で進み、四賀有機センター(肥料工場だと思う。)まで行きました。そしてセンター裏手に林道が延びていますので徒歩でこれを進みます。途中石積みで区画された脇道がありますのでこれに入り、暫くすると林道から尾根筋に入る道が付いてますので、これに従えば山頂に行くことが出来ます。ここには案内板も立ってるんですが、残念ながら林道に対して正面を向いていないので見落とさないよう注意して下さい。ちなみに林道は林道虚空蔵線になりますので、そのままオゲ水まで進めばそこからお城へ行くこと(主郭部西側の堀切にぴったり着きます。)も可能ですが急坂となります。案内板からは0.8km、最初だけ頑張れば後は結構楽なので諦めないで下さい。

これは峯ノ城だけに行くための推奨コースです。もう一つの推奨ルートは別な口コミでしたいと思います。

2020年04月19日 内記かずりヾ(・ε・。)
谷間の平場群[虚空蔵山城  遺構・復元物]



谷間の平場群(案内板ママ)は虚空蔵山の南山腹、標高約920mに位置します。西にある中ノ陣城、東にある秋吉城にほぼ隣接し、これに平場群を合わせることで一つの城と考えることも出来ます。平場群は6段の平場が雛壇状に連なり石積みも確認出来ます。平場群の西側は石積みで区画され、東側には土塁を伴う秋吉城から延びる見事な竪堀で区画されています。出土品等から元は中世に建てられた寺院の跡地と考えられており、どうやらその後に時勢の流れにともない軍事要塞化されたものだと推定されています。

虚空蔵山周辺は最近発掘調査が終了し、その成果は「発掘が語る虚空蔵山麓の中世」にまとめられ、ネットでも閲覧出来るので興味のある方は是非そちらを…自分は漢字が多くて眠くなるのでパス。

【山城を安全に登城するために】

続きになりますが、熊編はこれでおしまい。

前述の熊の対処法は自分の経験です。相手があることなので一概には言えませんが、間違ってはいないと思います。色んな対処法はネットで探せば色々出て来ると思いますが、最新の情報を常に更新するのが望ましいです。

まず、死んだふりは完全な山伝説ですのでやめときましょう。死肉もがつがつ食べるので進んで餌になるようなものです。

背中を見せて逃げるのは禁忌!熊のスピードは時速50km以上っす。まず無理ぽ…熊は逃げるものを追い掛ける習性もあります。木登りも大得意っす。あと松明持って登山する方は今はいないと思いますが、火も恐がりません。

熊は学習能力が極めて高い動物っす。一度手に入れた物には執着したりするので、物を奪われたらそのままに。餌をあげたりして注意を引くのも禁忌!ずっと付き纏われるかもしれません。

マタギの方は睨み付けるのをよく推奨してますが、こちらも素人なのでやめときましょう。マタギの方のような迫力も経験もないので…賛否の別れるとこですが、睨み付ける事で敵と認識され、襲われることがあるそうです。出来れば平和に事を進めたいものですな。

じゃ、向かって来たら!は経験無いので知らんがな…でもトレッキングポール等で鼻先を突きまくる事は有効らしく撃退例もあります。去年自分は車にナタを積んでいましたが、重いので持って行った事はないです…

熊編はおしまい。



2020年04月18日 内記かずりヾ(・ε・。)
岩屋社[虚空蔵山城  寺社・史跡]



岩屋社は虚空蔵山の標高1057mに位置する岩屋に建てられた懸造りの社です。岩屋社についてネットで調べていたら、懸造りの神社専門のサイトがあってびっくりしました。そのサイトによるとどうやら懸造りの神社は真田氏が領した地域に多いそうです。多角的な視点は己の知識を飛躍的に高めてくれますね!

祭神は天乃御中主神という神様で、社なんで虚空蔵菩薩とは関係がありません。ついでにお城とも直接関係がありませんが、松本市のホームページ「四賀支所から虚空蔵山頂までのコースガイド」に記載されていることから、虚空蔵山城(峯ノ城)へ登城する際の目標の一つになりますので口コミさせて頂きました。

山城マニアにとっては門外になりますので普通にスルーするところですが、写真を見て頂ければ解るように観光名所として素晴らしいので是非訪れてみて下さい。登山道からも2分弱で到着しますので、無駄に時間を取るということにもなりません。社には土足厳禁、床板が抜けそうでちょっと怖いですが入る事が出来ます。岩屋には磨崖仏とかもあったりしてきっと神秘的な気持ちにもなったりすることが出来るでしょう。

【山城を安全に登城するために】

続きになります…

熊除け鈴を装備してても前述の理由から、遭遇してしまうことは当然あります。自分が虚空蔵山城の口コミでこんなことを書くのはそんな事があったからでした。山頂付近は熊も寄せ付けない峻険さで逆に安心してましたが、オゲ水から秋吉城へ向かう舗装された林道で道路脇の斜面の法面の上の方から熊の息づかいとばたばたする足音を聞きました。ちらっとだけ姿が見えましたが奴でしょう、丁度林道を横断するつもりだったようです。

人間が熊に気付くのは、自分の経験から距離にして約10m弱といったところです。目と鼻の先に突然現れるということはまず無いと思います。熊の臭覚は犬の21倍あるそうなので、奴の方が先に認識して何らかの動きを見せるという訳です。もし熊の存在を認識したらとにかくその場で立ち止まって下さい!反射神経的にも逃げ出したりすることは出来ないと思いますので、自然とそうなることでしょう。立ち止まったら虚空を見つめて装備している熊鈴をカラオケボックスでマラカスを振るより速く振り回して音を鳴らしまくって下さい!奴はきっと立ち去ることでしょう。

続く…

2020年04月18日 内記かずりヾ(・ε・。)
オゲ水[虚空蔵山城  その他]



オゲ水はただの湧水が流れ出てくる場所です。松本市のホームページにある「四賀支所から虚空蔵山頂までのコースガイド」に記載されてもいますので、虚空蔵山城(峯ノ城)へ登城する際の目標の一つとして口コミさせて頂きました。湧水マニアは是非訪れてみて下さい。

【山城を安全に登城するために】

それだけじゃアレなんで、暇だし老婆心ながら…

今冬はオフ会やイベを除くと信濃のお城しか行っていない自分ですが、実は昨年の5月に計画が始まりました。が!5月に計画は頓挫、理由は佐久にある内山城(未登録)から道も無いのに方角だけをたよりにして奥山を進み五本松城(未登録)を目指してたんですが、途中現在地不明の場所で熊の巣窟みたいな場所にぶつかり、姿は見えないけど(息づかいは聞こえる…)複数頭の奴にサラウンドされる事態になったからです。完全にトラウマになってしまい、夏から秋は絶対に行かねえ!と心に誓いました。それ以降、今日に至るまで合計7回(目視は4回)、奴に遭遇していまして、もはや自分にとって珍獣じゃ済まない存在になっています。色んな熊分布域図を見ると、出会わない山城の方が圧倒的に少ない訳だし、山城のある場所は熊にとっても生活しやすい環境なので備えは万全にしときましょう。

熊研究家に成長したかずり(知識は借り物っす。)ですが、熊鈴は必須です!自分は1人の時はサブ持ちで対処します。熊は自分が日本で最強の動物の一つであることを認知しておらず、基本的に物凄く臆病です。自らの存在を知らしめて奴を近づけないことが最善の対処法です。ただし熊は聴覚があまり発達していないらしく、沢や尾根筋等の風の強い場所では聴いてないことも多いらしいです。「聞いてないよ〜」です。自分は見通しの悪い山のピーク手前や木の根倒れ多数の場所では1人だろうが騒ぎまくります。「おりゃー!かかってこんかーい!」とか叫びながら進みます。他に誰か人がいたら通報されそうですが、会ったことは今まで無いので安心して下さい、履いてます。

さてさて、そろそろ字数が尽きるので続きは次回ということに…



2020年04月17日 内記かずりヾ(・ε・。)
水ノ手[虚空蔵山城  遺構・復元物]



虚空蔵山城の水ノ手(案内板ママ)です。

虚空蔵山城は虚空蔵山の山塊にある城砦群と言ってよいと思います。知られているものとしては、山頂にある峯ノ城、南側山腹支尾根に位置する中ノ陣城、秋吉城、身も蓋も無い名前の南西尾根ノ城、それから山塊西端に位置する現城(うつつじょう)、北方に位置する鳥の唐揚げしか思い浮かばない名前の唐鳥屋城等があります。

この水ノ手は秋吉城(紹介は後ほど。)と中ノ陣城(紹介は後ほど。)の中間点にあり、谷間の平場群(紹介は後ほど。)の丁度真上に位置します。虚空蔵山の山頂にある峯ノ城には虚空蔵山城の標柱が立っていますが、それじゃこの城砦群の中心部はどこにあったのかとなると峯ノ城では疑問を抱いてしまいます。城砦群は長い間に改修と拡張を続けたと思われ、時期的なものも考える必要がありますが、どうやらこの水ノ手周辺がそうだったと考えられているようです。

※リア攻めマップを作成していて気付きましたが、虚空蔵山城の位置が山頂(峯ノ城)にありませんでした。全くお城の無い場所にマークされてますので注意です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore