平瀬城(ひらせじょう)

平瀬城の基本情報

通称・別名

平瀬城[本城・北支城・南支城]

所在地

長野県松本市島内下平瀬

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

平瀬氏

築城年

戦国時代

主な改修者

武田信玄

主な城主

平瀬氏、原虎胤(武田氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、石積、土塁、堀切

指定文化財

市特別史跡(平瀬城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

稲倉城(長野県松本市)[4.9km]
松本城(長野県松本市)[5.7km]
井川城(長野県松本市)[7.3km]
林城(長野県松本市)[8.9km]
桐原城(長野県松本市)[9.0km]
虚空蔵山城(長野県松本市)[10.2km]
山家城(長野県松本市)[11.9km]
埴原城(長野県松本市)[12.5km]
中塔城(長野県松本市)[12.9km]
小岩嶽城(長野県安曇野市)[13.2km]

平瀬城の解説文

平瀬城(ひらせじょう)は、長野県松本市にあった日本の城。

概要
平瀬城は小笠原氏の家臣平瀬氏の城であった。小笠原長時は天文19年(1550年)、武田晴信に攻められて本城である林城を捨ててこの平瀬城に撤退し、その後、村上義清を頼り葛尾城に落ちていった。砥石崩れにより武田氏は村上方に敗れたが、その機会に再び小笠原長時は村上義清の援助を得て平瀬城を奪還した。天文20年(1552年)平瀬城は武田晴信により落城し、城主の平瀬義兼は自刃した。晴信は平瀬城を改修し原虎胤に守らせた。天文22年(1553年)、筑摩郡は武田氏がほぼ平定したため、平瀬城は廃城となった。

平瀬城の口コミ情報

2020年02月04日 紀伊守かずりヾ(・ε・。)
平瀬城



平瀬城には本城と北支城、南支城があります。本城から帰る時に登城口付近を自転車でうろうろしてるお爺ちゃんに話を聞いたのですが、北支城は道が無く、お城も崩れまくっているので行ってもしょうがない。南支城は堀が凄いけど、やっぱり道が無いとのことでした。地元有志で南支城への登城路を造る予定があったそうですが、今は頓挫した模様です。南支城へは本城の登城路に分岐があって案内板も立っているんですが、指し示す方向は山から流れてくる沢でして、思わず誰でも「これを行けと!?」とか呟くと思います。沢に沿って60°位の斜面を斜めに登って行きますが、枯木しか無い上に斜面が崩れまくり、生えてる枯草を束ねて手で掴んで支点を取ったりする有様で、いい大人が登城3分位で泥だらけになったりします。しかもその3分で登れるのは5mにも満たないという…気持ちが折れまくりますが、進むと後戻り出来ないので覚悟を決めて下さい!沢に降りればとか思ったりしますが、砂防堤が所々あって行手を阻むのでやめときましょう。沢の平場に出るまで我慢です!距離的には本当に大したことないけど30分位掛かりました。平場に出ると竪堀末端が見えるので、自分はこの竪堀を使って攻め込みました。ただこの竪堀、獣も利用してるらしくこの時期でも十分不安な気持ちになります。

さて…冒頭のお爺ちゃんとの話にも戻るんですが、南支城に行くには平瀬城登城路入口の南側に位置する住宅の裏山(ちなみにこの裏山、城域外ですが、竪堀が数条付いていて住宅地から確認出来ます。)を直登して尾根に出るのが1番よいらしいです…先に会っときゃよかったのに…もしくは分岐の案内板の背後の斜面を直登した方がなんぼかましです。

…自分城域内に入ったのは間違いなかったのですが、縄張図とコンパスを読み違えて訳解らなくなってお目当ての遺構に出会えずじまい、直感でどことなく意味の無い不安も感じてしまい撤退、不完全燃焼に終わりました。現在、南支城に一緒に行ってくれる方を募集中ですw完全に攻略しましたら南支城のスポット作成したいと思いますw

2019年04月23日 沼田上野介
平瀬城登城口の説明板[平瀬城  碑・説明板]



登城口には平瀬城の歴史、構造の概略が書かれた説明板があります。
掲示板右側が主郭へ向かう遊歩道です。
ここには貸出用の杖やパンフレットも置いてあります。

2019年04月23日 沼田上野介
平瀬城跡駐車場[平瀬城  駐車場]



平瀬城跡へ登城する方用の駐車場
登城口は駐車場から北へ約50mです。

2019年04月07日 沼田上野介
平瀬城

主郭までの登山道では連続した曲輪が見られます。
主郭より東の登山道では主郭と二の郭を隔てる連続した堀切、二の郭の東側の大きな堀切とそこから続く竪堀、さらに登山道を登っていくと堀底状通路跡がはっきりと観察できます。

2019年04月07日 沼田上野介
平瀬城

登城口の南に3台分ほどの駐車場有り。
登城口から主郭までの登山道は地元の方により整備されておりますが、傾斜があり、乾燥していると滑りやすい土ですので注意が必要です。
登山口にある杖を借りるかストックを持って行った方が良いでしょう。
また、主郭の東側から連続堀切の土橋、二の郭を通り東側の稜線を登ってゆき、上にある市道まで続く、北支城への道跡の登山道も整備されています。北支城までは続いていませんのでそちらへ向かうにはこの市道付近から北支城への稜線を歩く必要があります。
南支城へは主郭への登山道の途中に分岐の看板はありますがそちらへの道は整備されていないため山をよじ登る準備が必要です。

2019年04月07日 ⛫武蔵の越中守の謙
平瀬城

国道19号線に案内板有ります。JR篠ノ井線をくぐると道は狭いですが、専用駐車場にたどり着きます。トイレなし。登山口付近に案内板、ポストの中には縄張り図や資料が入っています。登山用の杖も備えてあります。登城路も整備されていて20~30分で平瀬本城主郭部にたどり着きます。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore