林城(はやしじょう)

林城の基本情報

通称・別名

林大城、金華山城、小笠原氏城

所在地

長野県松本市松本市里山辺、入山辺

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

小笠原氏

築城年

長禄3年(1459)

主な改修者

主な城主

小笠原氏

廃城年

天文19年(1550)

遺構

曲輪、土塁、石垣

指定文化財

県史跡(小笠原氏城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

林小城(長野県松本市)[0.8km]
桐原城(長野県松本市)[2.0km]
山家城(長野県松本市)[4.0km]
松本城(長野県松本市)[4.0km]
埴原城(長野県松本市)[4.0km]

林城の解説文

林城(はやしじょう)は、長野県松本市にあった信濃国守護の館(山城)。長野県史跡指定。

歴史
信濃国守護であった小笠原氏は当初は井川館を拠点にしていたが、小笠原長棟が、松尾小笠原氏を屈服させた後にこの林城に拠点を移した。

天文19年(1550年)に長棟の子小笠原長時が武田信玄に攻められ一夜のうちに落城した。

構造・遺構
林大城(金華山城)と林小城福山城)からなる。

麓の大嵩崎集落には館町が形成されていた。

林大城
現在は曲輪、土塁、石垣などの遺構が残っている。林大城の周囲には東城山遊歩道が整備されている。

林城の口コミ情報

赤いRVR弾正大弼@松本様[2017年02月18日]
今月史跡指定されました。

近江守Silvine様[2016年12月18日]
車で主郭近くまで上がれますが、未舗装の細い道で、雨、雪の日は上がらないほうが良いと思います。
郭内に東屋があったりと一部公園化されてはいますが、土塁や石組などは充分見る事ができます。

メロディママ様[2015年08月08日]
《アルピコ交通》
松本BT 10:35発→美ヶ原高原美術館 12:13着
美ヶ原高原美術館 14:15発→松本BT 15:55着
【運行期間】2015年8月1日(土)~8月16日(日)までの1日1本のみ。
松本←→美ヶ原高原美術館 往復2800円。
ただし、松本→ホテル翔峰前下車《大和合》バス停まで徒歩という方法もあり。

安房守ネギ坊主様[2014年11月08日]
金華橋側からの入り口から登ると、早めに歩いて、本丸跡まで20分ぐらいかかります。けっこうな山道です。

Dr.K佐渡守様[2014年05月09日]
カーナビ設定した通りだと本丸間際まで車で行けましたが、かなりの隘路でした。
脱輪には気をつけて!

赤いRVR弾正大弼@松本様[2010年06月20日]
大城は入山辺橋倉から車でも登城可だが、金華橋からの遊歩道の方が良い。小城は里山辺林の廣澤寺の北に登山口がある。大城と小城の間にある大嵩崎(おおつき)谷からは、どちらにも登城口がある。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore